ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

bitFlyer(ビットフライヤー)の出金方法・出金手数料・反映時間を分かりやすく解説

f:id:zero_requiem21:20200804151754j:plain

日本国内の仮想通貨取引所の中でも人気のあるbitFlyer(ビットフライヤー)にこれから登録してみたいという人もいるでしょう。

しかしこれまで他の取引所を使っていた人や、初めて仮想通貨(暗号資産)取引をする人であれば、出金の具体的なやり方や手数料・出金完了までの反映時間などが気になるところですよね。

ここでは、bitFlyer(ビットフライヤー)の出金方法・出金手数料・反映時間について詳しく調べてみました。

bitFlyer(ビットフライヤー)の出金方法・出金手数料・反映時間を分かりやすく解説

bitFlyer(ビットフライヤー)の出金方法には、どの通貨を出金するのかによっても処理の仕方が異なります。

基本的には、以下のどちらの通貨を出金するのかで出金方法が変わるので、まずはどちらを出金するのかを確認してください。

  • bitFlyer(ビットフライヤー)から日本円を出金する
  • bitFlyer(ビットフライヤー)から仮想通貨を出金する

bitFlyer(ビットフライヤー)の出金方法 日本円を出金する場合

まずはbitFlyer(ビットフライヤー)から日本円を出金する方法についてです。

bitFlyer(ビットフライヤー)から日本円を出金する方法は銀行などの金融機関送金のみとなっています。

クレジットカードやbitwalletなどの出金方法は利用できないので、事前にbitFlyer(ビットフライヤー)の出金手続きで利用する金融機関口座を用意しておきましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)から日本円を出金するのであれば、bitFlyer(ビットフライヤー)に口座を登録していく必要があります。

まずはbitFlyer(ビットフライヤー)にログインし、メイン画面左下にある「入出金」のボタンをクリックしていきましょう。

入出金画面が表示されたら一番上の出金する通貨を選ぶタブで「日本円」を選択します。

次に「入金」「出金」のタブがあるので「出金」を選択していきましょう。 下部の青いボタンの「銀行口座を登録する」をクリックします。

口座情報の登録画面が表示されるので、自分の金融機関の口座情報を登録してください。

口座情報の登録が完了したら再び入出金の画面に戻ります。

先ほどの入出金画面に戻り、通貨を「日本円」にし「出金」を選択すると先ほど登録した口座情報が表示されますので、出金したい口座をクリックしてください。

出金する口座を指定したら出金手続き画面が表示されますので、手数料などを確認して問題なければ出金金額を入力して出金ボタンをクリックし、完了です。

bitFlyer(ビットフライヤー)の出金方法 仮想通貨を出金する場合

次にビットコインなどの仮想通貨をbitFlyer(ビットフライヤー)から他の仮想通貨取引所や専用ウォレットなどに出金する方法です。

bitFlyer(ビットフライヤー)から出金できる仮想通貨は、以下のものになっています。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ベーシックアテンショントークン
  • イーサクラシック
  • リップル
  • ライトコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • モナコイン
  • リスク

基本的にはどのコインも送金方法は同じになっていますが、リップルなど特定のコードの入力が必要になるコインもありますので、事前にコインごとの出金方法の注意点を確認しておきましょう。

まずはbitFlyer(ビットフライヤー)にログインし、メイン画面左下にある「入出金」のボタンをクリックしていきましょう。

入出金画面が表示されたら一番上の出金する通貨を選ぶタブで送金したいコイン名を選択します。

次に「預入」「送付」のタブがあるので「送付」を選択していきましょう。

出金先の仮想通貨のアドレスが登録されていない場合には「アドレスを登録する」をクリックします。

bitFlyer(ビットフライヤー)に登録しているメールアドレス宛に、送付先外部アドレスの登録手続きリンクが送られます。

届いたメールの指示にしたがって、送付先の仮想通貨アドレスを入力しましょう。

送付先のアドレス登録が完了したら、出金する登録アドレスをクリックしていきましょう。

アドレスを確認し、送付数量を入力後に優先度で任意の数量を入力してください。

入力内容に問題がなければ「送付」をクリックすると、出金手続きが完了となります。

bitFlyer(ビットフライヤー)の出金手数料

bitFlyer(ビットフライヤー)の出金手数料についてですが、出金する通貨や出金するタイミング、利用する金融機関などによっても手数料が異なります。

例えば日本円の出金手数料の場合、出金する金融機関によっても手数料が異なるのです。

出金金額によっても手数料は変わりますが、500円から800円程度の手数料が発生することが多くなっています。

また仮想通貨(暗号資産)の出金手数料は、コイン銘柄によっても以下のように異なるようです。

  • ビットコイン...0.0004BTC
  • イーサリアム...0.005ETH
  • イーサリアムクラシック...0.005ETC
  • ライトコイン...0.001LTC
  • ビットコインキャッシュ...0.0002BCH
  • モナコイン...無料
  • リスク...0.1LSK
  • リップル...無料
  • ベーシックアテンショントークン...5BAT

その他にも出金の優先度を高めたい時などには、任意の手数料が発生することもあります。

bitFlyer(ビットフライヤー)の出金反映時間

bitFlyer(ビットフライヤー)の出金の反映時間ですが、日本円と仮想通貨のどちらの出金かによっても反映時間が異なります。

まず日本円の出金についてですが、以下のような反映時間の条件のもとで出金手続きが行われるようです。

  • 平日午前11:30までに出金処理した場合...当日(金融機関の営業日のみ)
  • 平日午後11:30以降に出金処理した場合...金融機関の翌営業日

またビットコインなどの仮想通貨(暗号資産)の送金は、金融機関の営業日を問いません。

そのため特に混雑などがなければ、出金処理から数分〜数時間ほどで出金が反映されることが一般的です。

しかし急な値動きがあったなど取引する人の数が多くなり、入出金が混雑する場合には数日ほどかかることもあります。

数日待っても出金が反映されないという場合には、何かしら送金手続きに不備があった可能性もあるので、bitFlyer(ビットフライヤー)に問い合わせをしてみるのも良いでしょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)の出金方法・出金手数料・反映時間を分かりやすく解説まとめ

今回は、bitFlyer(ビットフライヤー)の出金方法・出金手数料・反映時間について詳しく調べてみました。

bitFlyer(ビットフライヤー)では、日本円と仮想通貨(暗号資産)の出金ができるようになっており出金方法がそれぞれ異なります。

また出金手数料に関しても、利用する金融機関や送金するコインの種類などによってかかってくる費用が異なるようです。

出金の反映時間に関しては数分から数日ほどの広い幅がありますので、数日待っても出金が完了しない場合には、bitFlyer(ビットフライヤー)のサポートセンターに相談してみましょう。