ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

bitFlyer(ビットフライヤー)の使い方を分かりやすく解説

【ビットコインの価格をすぐ確認出来る-おすすめの仮想通貨取引所】

>>コインチェックの詳細ページはこちらから

>>Bitbankの詳細ページはこちらから

【ビットコインの価格をすぐ確認出来る-おすすめの仮想通貨取引所】

>>コインチェックの詳細ページはこちらから

>>Bitbankの詳細ページはこちらから

【ビットコインの価格をすぐ確認出来る-おすすめの仮想通貨取引所】

>>コインチェックの詳細ページはこちらから

>>Bitbankの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200804151754j:plain

国内の人気仮想通貨(暗号資産)取引所の1つであるbitFlyer(ビットフライヤー)。

そんなbitFlyer(ビットフライヤー)に登録する前に、具体的な使い方が知りたいという人もいるでしょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)では、アカウント登録・入金処理を行うことでさまざまな取引方法を選んでの仮想通貨(暗号資産)取引が可能です。

そこで今回は、これからbitFlyer(ビットフライヤー)を使ってみたいという人のために、bitFlyer(ビットフライヤー)の使い方を分かりやすく解説していきます。

bitFlyer(ビットフライヤー)の使い方を分かりやすく解説

bitFlyer(ビットフライヤー)の使い方 登録方法

bitFlyer(ビットフライヤー)の使い方として、一番初めに行うことになるのがアカウントの開設です。

bitFlyer(ビットフライヤー)では郵送での認証手続きが必要になるので、アカウント登録手続きを始めてから完了するまでに数日ほどかかります。

またbitFlyer(ビットフライヤー)の登録手続きには本人確認書類や現住所確認書類、銀行口座情報のわかる通帳やキャッシュカードが必要です。

できるだけ早くアカウント開設を行たい人は、時間に余裕を持って書類の準備や手続きを行っていきましょう。

  1. まずはbitFlyer(ビットフライヤー)の公式サイトにアクセスし、公式サイトにある登録項目より「個人口座」「法人口座」を選んでメールアドレスを登録する
  2. 登録したメールアドレスにbitFlyer(ビットフライヤー)からメールが届くので、画面の指示に従いパスワードの入力・同意事項の確認などを行う
  3. 二段階認証・本人情報の登録を行い、本人確認書類を郵送またはオンラインで提出し銀行口座情報を入力しbitFlyer(ビットフライヤー)側に提出する
  4. 情報入力が完了して数日が経過するとbitFlyer(ビットフライヤー)から郵送物が届き現住所の確認がとれれば、アカウント登録が完了

bitFlyer(ビットフライヤー)の使い方 入金方法

bitFlyer(ビットフライヤー)の使い方としてアカウント登録の次に行っていくのが、入金です。

bitFlyer(ビットフライヤー)では、日本円または仮想通貨(暗号資産)12種類を利用しての入金処理が行えるようになっています。

まず日本円を利用した入金方法をみていきましょう。

まずはbitFlyer(ビットフライヤー)ログイン画面のメニュー一覧の中から「入出金」をクリックします。

「日本円」を選択した上で「入金」タブをクリックしましょう。

「入金」タブの下に日本円での入金方法の一覧が表示されます。

好きな入金方法を選択すると、銀行振り込みの場合には指定の振り込み口座情報が表示されます。

コンビニ払いを指定すると、支払うコンビニの選択画面が表示されるでしょう。

それぞれの指示に従って入金処理を行えば、bitFlyer(ビットフライヤー)に入金金額が反映されます。

また仮想通貨(暗号資産)での入金を行たい場合には、以下の手順にて行っていきましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)ログイン画面のメニュー一覧の中から「入出金」をクリックします

入出金画面が表示されるのでコイン銘柄に仮想通貨(暗号資産)(ここではビットコイン)を選択し「預入」タブをクリックしましょう。

預入の下に指定したコイン銘柄の入金アドレスが表示されるので、送金元の出金画面にある「出金先アドレス」に貼り付けて出金手続きを行っていきます。

リップルなど特定のコイン銘柄に関しては、入金時に特定のタグが必要になるものもありますので、それぞれのコインの送金方法は事前にチェックしておきましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)の使い方 取引方法

bitFlyer(ビットフライヤー)の使い方として入金が完了したら、いよいよ取引を始めることができます。

bitFlyer(ビットフライヤー)では、以下のような仮想通貨(暗号資産)の取引を行うことが可能です。

  • 販売所での現物売買取引
  • 取引所での現物売買取引
  • bitflyer LightningでのFX取引・先物取引

ここでは、bitFlyer(ビットフライヤー)の販売所と取引所を利用して取引する方法をみていきましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)のメイン画面メニュー一覧から「販売所」をクリックしてください。

販売所の画面が表示され、上部に販売所で売買できるコイン銘柄の一覧が表示されるので、売買するコインを選択していきます。

指定したコイン銘柄の取引画面が表示されたら「売る」または「買う」をクリックすると、売買する数量の入力画面が表示されるでしょう。

価格と数量を確認し、問題なければ「売り注文/買い注文に進む」をクリックして注文を完了させます。

次に取引所での売買方法をみていきましょう。

仮想通貨(暗号資産)取引所の画面が表示され、注文画面は気配値一覧の下に表示されます。

(取引所で取り扱いがあるのはBTCJPYのみです。)

取引数量と希望価格を入力し、「コインを売る」または「コインを買う」を入力していきましょう。  

bitFlyer(ビットフライヤー)の使い方 出金方法

最後にbitFlyer(ビットフライヤー)の使い方として、出金方法を紹介していきます。

bitFlyer(ビットフライヤー)の出金方法は、入金方法同様に日本円と仮想通貨(暗号資産)にて行うことが可能です。

まずは日本円での出金方法をみていきましょう。 bitFlyer(ビットフライヤー)にログインし、メニュー一覧の「入出金」をクリックします。

コイン銘柄にて「日本円」を選択し、「出金」タブをクリックしていきましょう。

銀行口座名を登録していない場合には「銀行口座を登録する」をクリックして登録手続きを行ます。

すでに銀行口座が登録済みの場合には、口座を選択し出金額などの必要事項を入力していきましょう。

仮想通貨(暗号資産)での出金の場合には、コイン銘柄にて出金したい仮想通貨(暗号資産)名を選択し、さらに「送付」をクリックしていきます。

出金先のアドレス一覧が表示されるので、出金先を選択し出金手続きを行っていきましょう。

未登録のアドレスへの送金の場合には「アドレスを登録する」を選択して、送付先のアドレス登録後に出金手続きを行っていきます。

bitFlyer(ビットフライヤー)の使い方を分かりやすく解説まとめ

今回は、これからbitFlyer(ビットフライヤー)を使ってみたいという人のために、bitFlyer(ビットフライヤー)の使い方を分かりやすく解説してきました。

bitFlyer(ビットフライヤー)では、登録手続きに数日ほどの時間がかかってしまうものの、入出金や取引自体は気軽に行うことができるようになっています。

まずはbitFlyer(ビットフライヤー)へのアカウント登録を行い、簡単な取引方法から仮想通貨(暗号資産)取引を始めてみると良いでしょう。