ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

bitFlyer(ビットフライヤー)の複数口座(複数アカウント)を分かりやすく解説

f:id:zero_requiem21:20200804151754j:plain

日本国内の大手仮想通貨(暗号資産)取引所であるbitFlyer(ビットフライヤー)にこれから登録したいという人もいるでしょう。

中でも、自分の保有している仮想通貨(暗号資産)を複数口座(複数アカウント)に分けて管理していきたいという人もいますよね。

海外の仮想通貨(暗号資産)取引所などでは、複数口座(複数アカウント)が作れるところも多いのですがbitFlyer(ビットフライヤー)では複数口座(複数アカウント)を作ることができるのでしょうか。

ここでは、bitFlyer(ビットフライヤー)の複数口座(複数アカウント)は作れるのかや具体的な作り方について詳しく解説していきます。

bitFlyer(ビットフライヤー)の複数口座(複数アカウント)を分かりやすく解説

bitFlyer(ビットフライヤー)では複数口座(複数アカウント)が作れない

まず最初にbitFlyer(ビットフライヤー)で複数口座(複数アカウント)が作れるのかについてですが、原則bitFlyer(ビットフライヤー)では複数口座(複数アカウント)が作れないようになっています。

bitFlyer(ビットフライヤー)の公式サイトを確認してみましたが、以下のような記載を見つけることができました。

Q:ひとりで複数のアカウントを作成できますか

A:お客様ひとりにつきアカウント作成は一つまでとさせていただいております。

よってbitFlyer(ビットフライヤー)は複数口座(複数アカウント)を作って資金を管理したい人や、裁量トレードと自動売買を分けたい人などには不向きの取引所だといえるでしょう。

中には偽名などを利用して複数口座(複数アカウント)を作ろうとする人もいますが、bitFlyer(ビットフライヤー)へのアカウント登録には必ず本人確認や住所の確認が必要になります。

そのため偽名などを利用して複数口座(複数アカウント)を作ることも不可能です。

bitFlyer(ビットフライヤー)は複数口座(複数アカウント)が作れないが個人口座と法人口座を1つずつ開設することはできる

bitFlyer(ビットフライヤー)では、複数口座(複数アカウント)を作ることはできませんが、法人口座と個人口座を1つずつ口座開設することはできます。

よって法人格を持っている人であれば、個人口座を開設した後に法人口座を開設することによって、bitFlyer(ビットフライヤー)に複数口座(複数アカウント)を持つことが可能です。

またbitFlyer(ビットフライヤー)では、個人口座と法人口座を1つずつ保有して、複数口座(複数アカウント)を持つことは公式にて認められています。

bitFlyer(ビットフライヤー)で個人口座と法人口座を1つずつ開設する方法は以下の通りです。

まずは個人口座を開設していきましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)の公式サイト右上にある「無料アカウント作成」をクリックします。

メールアドレスの登録画面が表示されるので、「個人のお客様」のタブを選んで、登録する個人用のメールアドレスを入力し「無料で登録」のボタンをクリックしていきましょう。

登録した個人メールアドレスにメールが届きます。

届いたメールの案内にしたがって、bitFlyer(ビットフライヤー)への個人口座の登録手続きを行なっていきましょう。

メールのリンク先をクリックし、認証画面にてキーワードを入力します。

メール認証が完了するとパスワード設定が求められるので、好きなパスワードを入力し再度同じパスワードを「パスワード確認」に入力していきましょう。

同意事項が表示されるので全ての内容をよく読み、同意したものにチェックボタンを入れていきます。

全ての内容に同意できない場合には、bitFlyer(ビットフライヤー)への登録はできません。

チェックボタンを入れたら「同意する」をクリックしていきましょう。

二段階認証の設定画面が表示されるので、必要に応じて二段階認証を設定してください。

本人確認と金融機関口座の登録が完了すれば、bitFlyer(ビットフライヤー)から数日後にレターが届き登録完了となります。

同じ要領でbitFlyer(ビットフライヤー)の法人口座を作成していきましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)の公式サイト右上にある「無料アカウント作成」をクリックします。

メールアドレスの登録画面が表示されるので、「法人のお客様」のタブを選んで、登録する法人用のメールアドレスを入力し「無料で登録」のボタンをクリックしていきましょう。

登録した法人メールアドレスにメールが届きます。

法人用のメールアドレスに、個人口座と同じようにbitFlyer(ビットフライヤー)から登録のためのメールが届きます。

リンクをクリックして認証コードを入力すれば、登録手続きに入るでしょう。

また法人口座では個人口座とは提出する必要書類が異なりますので、事前にどのような書類が必要になるのかを確認しておくのがおすすめです。

bitFlyer(ビットフライヤー)は複数口座(複数アカウント)が作れないが口座を作り直すことはできる

bitFlyer(ビットフライヤー)の複数口座(複数アカウント)を作りたいという人の中には、一度bitFlyer(ビットフライヤー)で口座を作ったが、そのまま放置してログインIDやパスワードを忘れてしまったため口座を作り直したいという人もいるでしょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)では既存の口座がある状態で、もう1つ口座を作る複数口座(複数アカウント)には対応していません。

しかし最初に作った口座の解約手続きを行なった上で、同じユーザー情報にて新たに口座を作り直すことは可能です。

bitFlyer(ビットフライヤー)にて口座を作り直したいという場合には、bitFlyer(ビットフライヤー)の問い合わせ窓口から、口座の解約手続きを行なっていきましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)の口座解約手続きでは、bitFlyer(ビットフライヤー)側から電話での問い合わせがある場合もあります。

既存の口座が完全に削除されれば、新たに口座を作り直すことが可能です。

bitFlyer(ビットフライヤー)の複数口座(複数アカウント)を分かりやすく解説まとめ

今回は、bitFlyer(ビットフライヤー)の複数口座(複数アカウント)は作れるのかや具体的な作り方について詳しく解説してきました。

bitFlyer(ビットフライヤー)では、原則として複数口座(複数アカウント)は作れなくなっており、1人1口座(アカウント)までに制限されています。

ただし法人口座と個人口座を別々に作ることはできますので、法人口座と個人口座を利用して2つの口座を作ることはできるでしょう。