ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

bitFlyer(ビットフライヤー)の注文方法(取引方法)を分かりやすく解説

【ビットコインの価格をすぐ確認出来る-おすすめの仮想通貨取引所】

>>コインチェックの詳細ページはこちらから

>>Bitbankの詳細ページはこちらから

【ビットコインの価格をすぐ確認出来る-おすすめの仮想通貨取引所】

>>コインチェックの詳細ページはこちらから

>>Bitbankの詳細ページはこちらから

【ビットコインの価格をすぐ確認出来る-おすすめの仮想通貨取引所】

>>コインチェックの詳細ページはこちらから

>>Bitbankの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200804151754j:plain

日本国内の仮想通貨(暗号資産)取引所の中でも利用者数の多いbitFlyer(ビットフライヤー)。

そんなbitFlyer(ビットフライヤー)を使ってこれから仮想通貨(暗号資産)取引を始めてみたいという人もいるでしょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)で仮想通貨(暗号資産)取引を行う場合、大きく分けて3つの取引方法が用意されており、それぞれに注文方法が異なります。

そこで今回は、bitFlyer(ビットフライヤー)の注文方法(取引方法)を分かりやすく解説していきます。

bitFlyer(ビットフライヤー)の注文方法(取引方法)を分かりやすく解説

仮想通貨(暗号資産)取引のできるbitFlyer(ビットフライヤー)ですが、現在大きくわけて以下3つの方法で仮想通貨(暗号資産)の取引が可能です。

  • bitFlyer(ビットフライヤー)販売所での取引
  • bitFlyer(ビットフライヤー)取引所での取引
  • bitFlyer(ビットフライヤー)Lightningでの取引

同じbitFlyer(ビットフライヤー)内であっても、どの取引方法を選択するのかによって注文方法(取引方法)がそれぞれ異なってきます。

それでは次項より、bitFlyer(ビットフライヤー)のそれぞれの取引方法ごとの具体的な注文方法(取引方法)について詳しくみていきましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)の注文方法(取引方法) 販売所の場合

bitFlyer(ビットフライヤー)の注文方法(取引方法)の中でも、仮想通貨(暗号資産)取引をこれまでしたことがない取引初心者がまず利用することが多いのがbitFlyer(ビットフライヤー)の販売所です。

bitFlyer(ビットフライヤー)の販売所では、bitFlyer(ビットフライヤー)を相手に仮想通貨(暗号資産)を売ったり買ったりすることができるようになっています。

bitFlyer(ビットフライヤー)販売所の注文方法(取引方法)は、取引所やbitFlyer(ビットフライヤー)Lightningなどに比べてかなりシンプルになっていますので、まずは販売所での注文方法(取引方法)をマスターしていきましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)販売所の注文方法(取引方法)

まずはbitFlyer(ビットフライヤー)にログインし、左側の縦メニュー一覧から「販売所」をクリックします。

bitFlyer(ビットフライヤー)販売所の取引画面が表示されるので、まずは画面上部にある仮想通貨(暗号資産)銘柄一覧から注文(取引)を行う銘柄をクリックして選択してください。

現在bitFlyer(ビットフライヤー)販売所で取引可能な仮想通貨(暗号資産)銘柄は以下の通りです。

  • ビットコイン(BTC/JPY)
  • リップル(XRP/JPY)
  • イーサリアム(ETH/JPY)
  • テゾス(XTZ/JPY)
  • ステラルーメン(XEM/JPY)
  • ネム(XEM/JPY)
  • バット(BAT/JPY)
  • イーサクラシック(ETC/JPY)
  • ライトコイン(LTC/JPY)
  • ビットコインキャッシュ(BHC/JPY)
  • モナコイン(MONA/JPY)
  • リスク(LSK/JPY)

取引する仮想通貨(暗号資産)を選ぶと、画面が選んだ通貨銘柄の取引画面に切り替わりますので、チャートの左側にある注文項目で注文を行っていきましょう。

まず仮想通貨(暗号資産)を買いたい場合には「買う」、売りたい場合には「売る」をクリックします。

それぞれの注文画面が表示されるので、購入する(または売却する)分の数量を入力して「買い注文にすすむ」または「売り注文にすすむ」をクリックすれば注文完了です。

bitFlyer(ビットフライヤー)の注文方法(取引方法) 取引所の場合

次にbitFlyer(ビットフライヤー)取引所を利用した注文方法をみていきましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)取引所では現物取引が可能であり、bitFlyer(ビットフライヤー)を介してbitFlyer(ビットフライヤー)のユーザー同士が仮想通貨(暗号資産)の売買を行います。

ユーザー同士での取引になりますので指値注文が可能であり、販売所よりも安めの手数料で取引が可能です。 取扱通貨はビットコイン(BTC/JPY)のみとなっています。

bitFlyer(ビットフライヤー)の取引所での注文方法(取引方法)は、まずはbitFlyer(ビットフライヤー)にログイン後のメイン画面左側メニュー一覧から「取引所」をクリックしてください。

bitFlyer(ビットフライヤー)取引所の画面が表示されるので、画面を下にスクロールしていくと注文項目が表示されます。

取引したい数量を入力し、購入(または売却)希望価格も入力したら、「コインを売る」または「コインを買う」をクリックすれば注文完了です。

bitFlyer(ビットフライヤー)の注文方法(取引方法) bitFlyer(ビットフライヤー)Lightningの場合

最後に紹介するのがbitFlyer(ビットフライヤー)Lightningでの注文方法(取引方法)です。

bitFlyer(ビットフライヤー)Lightningは、仮想通貨(暗号資産)の最大2倍のレバレッジ取引が可能で、指値・成行など複数の注文方法(取引方法)が選べます。

bitFlyer(ビットフライヤー)Lightningで取り扱われている銘柄は以下の通りです。

  • BTC/JPY・ETH/JPYの現物取引
  • BTC/JPYのFX取引
  • BTC/JPYの先物取引
  • ETH/BTC・NCH/BTCの現物取引

それでは具体的なbitFlyer(ビットフライヤー)Lightningでの注文方法(取引方法)をみていきましょう。

まずはbitFlyer(ビットフライヤー)にログインし、左側の縦メニュー一覧から「bitFlyer Lightning」をクリックします。

bitFlyer(ビットフライヤー)Lightningの取引画面が開いたら、画面丈夫から取引銘柄を選択してください。

注文方法(取引方法)はオーダーブック横の注文項目にて行っていきます。

指値注文を行う場合には、注文項目の上部タブにて「指値」を選択し、数量と希望指値価格を入力します。

入力内容に問題がなければ「売り」または「買い」をクリックしてください。

次に成行注文の方法をみていきましょう。

注文項目の上部タブにて「指値」を選択し、数量を入力します。 入力内容に問題がなければ「売り」または「買い」をクリックしてください。

bitFlyer(ビットフライヤー)の注文方法(取引方法)を分かりやすく解説まとめ

今回は、bitFlyer(ビットフライヤー)の注文方法(取引方法)を分かりやすく解説してきました。

bitFlyer(ビットフライヤー)には仮想通貨(暗号資産)の取引方法が複数用意されており、取引方法によっても利用できる注文方法が変わってきます。

まずは販売所での注文になれて、徐々に難易度の高い注文方法(取引方法)にもなれていきましょう。