ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

bitFlyer(ビットフライヤー)のアプリの使い方を分かりやすく解説

f:id:zero_requiem21:20200804151754j:plain

日本国内の仮想通貨(暗号資産)取引所の中でも、有名なbitFlyer(ビットフライヤー)をこれから利用してみたいという人もいるでしょう。

また仮想通貨(暗号資産)取引所選びに悩んでいる人の中には、スマホアプリで便利に取引できるところを探しているという人もいるのではないでしょうか。

bitFlyer(ビットフライヤー)では専用のスマホアプリが利用できるようになっており、スマホから手軽に取引可能です。

ここでは、bitFlyer(ビットフライヤー)のアプリの使い方を分かりやすく解説していきます。

bitFlyer(ビットフライヤー)のアプリの使い方を分かりやすく解説

bitFlyer(ビットフライヤー)は専用のスマホアプリが登場していますので、アカウントの登録・入出金・仮想通貨(暗号資産)の売買が全てスマホアプリで行えるようになっています。

bitFlyer(ビットフライヤー)のアプリの使い方 インストールしてアカウント登録を行う

bitFlyer(ビットフライヤー)のアプリをインストールして、アカウント登録を行う方法をみていきましょう。

まずはbitFlyer(ビットフライヤー)アプリのインストール方法です。

iPhoneであればAppStore、AndroidであればGooglePlayを利用してbitFlyer(ビットフライヤー)のアプリを検索していきます。

bitFlyer(ビットフライヤー)アプリを見つけたら「入手」をクリックしてアプリをインストールしていきましょう。

アプリをインストールしたら、スマホ画面にアプリのアイコンが表示されるのでタップしてbitFlyer(ビットフライヤー)のアプリを立ち上げていきます。

bitFlyer(ビットフライヤー)のアプリを立ち上げると、下部に「アカウント作成」ボタンが表示されるので、タップしてください。

アカウント作成画面が表示されるので登録するメールアドレスを入力し、右上に表示される「アカウント作成」をクリックしていきましょう。

登録したメールアドレスに、口座開設のためのメールが届きますので、メールの指示にしたがって口座開設手続きを進めてください。

本人確認書類の提出までが完了すると、数日後にbitFlyer(ビットフライヤー)から郵送物が届きますので、届いた郵送物の内容にしたがって登録手続きを完了させましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)のアプリの使い方 日本円での入出金を行う

bitFlyer(ビットフライヤー)のアプリでのアカウント登録が完了したら、次に行うのはbitFlyer(ビットフライヤー)のアプリへの日本円での入金です。

bitFlyer(ビットフライヤー)のアプリでは、日本円での入出金が行えるようになっています。

bitFlyer(ビットフライヤー)のアプリを立ち上げて、下部のメニュー一覧に表示されている「入出金」をクリックしていきましょう。

入出金画面が表示されたら「入出金」の文字の下にある「日本円」をタップしてください。

bitFlyer(ビットフライヤー)のアプリでの入金方法には、銀行振込・ネットバンキング・コンビニ入金などが選べるようになっています。

銀行振込を選択する場合には、「銀行口座から振込入金」に表示されている口座へ入金手続きを行なっていきましょう。

この時、bitFlyer(ビットフライヤー)側で振込名義人の記載名まで指示がありますので、指示通りの名義で振込手続きを行なってください。

またネットバンキングを利用して入金を行う場合には、「インターネットからご入金」の中から「住信SBIネット銀行」または「その他の銀行」をタップしていきましょう。

またコンビニから入金手続きを行う場合には、「コンビニからご入金」をタップしていきます。

アプリ画面に表示される内容にしたがって、入金手続きを行なってください。

出金の場合には「ご出金」項目の中にある「銀行口座へご出金」の中の「銀行口座へご出金」をタップすると、登録している口座への出金手続きが行えるようになっています。

bitFlyer(ビットフライヤー)のアプリの使い方 仮想通貨(暗号資産)での送金を行う

bitFlyer(ビットフライヤー)アプリへの入出金は、日本円だけではなく仮想通貨(暗号資産)を使っても行えるようになっています。

bitFlyer(ビットフライヤー)アプリへの入出金が行える仮想通貨(暗号資産)は以下の通りです。

  • ビットコイン(BTC)
  • リップル(XRP)
  • イーサリアム(ETH)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ネム(ゼム)(XEM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • イーサクラシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • リスク(LSK)

bitFlyer(ビットフライヤー)のアプリを立ち上げて、下部のメニュー一覧に表示されている「入出金」をクリックしていきましょう。

入出金画面が表示されたら「入出金」の文字の下にある「仮想通貨」をタップしてください。

入出金を行いたいコイン銘柄を選択してタップすると「入金」「出金」が表示されるので、それぞれの指示にしたがって入出金を行なっていきましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)のアプリの使い方 仮想通貨(暗号資産)取引を行う

bitFlyer(ビットフライヤー)のアプリを使って、資金の入金が完了すれば実際に仮想通貨(暗号資産)の売買取引を始めることができます。

bitFlyer(ビットフライヤー)のアプリでの取引は、アプリを立ち上げてすぐのホーム画面にて行いましょう。

まずは「販売所」「取引所」「Lightning」の3つの取引タイプの中から、好きな取引方法のタブをタップし、取引したい通貨名をタップしていきます。

チャートの下に「売る」「買う」が表示されるので、どちらのポジションを保有するのかを選択肢ます。

取引量の入力画面が表示されるので、取引量を入力し「売り注文(または買い注文)にすすむ」をクリックしましょう。

画面の案内にしたがって手続きを完了させれば、仮想通貨(暗号資産)の取引完了です。

「Lightning」を選択した場合には、指値注文や成行注文など注文方法の選択もできるようになっています。

それぞれの取引タイプによって注文方法も若干異なりますが、基本的には同じような操作で注文を行うことができるでしょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)のアプリの使い方を分かりやすく解説まとめ

今回は、bitFlyer(ビットフライヤー)のアプリの使い方を分かりやすく解説してきました。

bitFlyer(ビットフライヤー)には専用のアプリがあり、アカウント開設から入出金手続き、仮想通貨(暗号資産)での送金や売買取引ができるようになっています。

bitFlyer(ビットフライヤー)のアプリを1つ持っていれば、取引の全てが完了できますので、スマホで仮想通貨(暗号資産)取引をしたい人は是非試してみてくださいね。