ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

Bitbank(ビットバンク)の注文方法(取引方法)を分かりやすく解説

【ビットコインの価格をすぐ確認出来る-おすすめの仮想通貨取引所】

>>コインチェックの詳細ページはこちらから

>>Bitbankの詳細ページはこちらから

【ビットコインの価格をすぐ確認出来る-おすすめの仮想通貨取引所】

>>コインチェックの詳細ページはこちらから

>>Bitbankの詳細ページはこちらから

【ビットコインの価格をすぐ確認出来る-おすすめの仮想通貨取引所】

>>コインチェックの詳細ページはこちらから

>>Bitbankの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200918155310j:plain

Bitbank(ビットバンク)ではどのような注文方法(取引方法)があるのかな?

条件付き注文はできる?

販売所と取引所ではだせる注文方法(取引方法)は違うの?

そんな疑問をお持ちでしょうか。

Bitbank(ビットバンク)はリップルの取扱量が世界一ですので、口座を開設するか検討されている人がいるかもしれませんね。

この記事では、Bitbank(ビットバンク)でだせる注文方法(取引方法)を具体的に解説していきます。

Bitbank(ビットバンク)の注文方法(取引方法)を分かりやすく解説

Bitbank(ビットバンク)は現物取引に特化した仮想通貨(暗号資産)取引所です。

販売所と取引所がありますので、それぞれの注文方法(取引方法)を説明していきましょう。

Bitbank(ビットバンク)の販売所での注文方法(取引方法)

まず、Bitbank(ビットバンク)の販売所での注文方法(取引方法)を説明します。

Bitbank(ビットバンク)の「販売所」を押すと、ビットコインの「チャート」と「買い価格」と「売り価格」が表示されます。

ビットコインを購入したいのであれば「買う」を押しましょう。

すると「購入可能金額」「現在のビットコイン価格」「購入金額・1000円・5000円・1万円・5万円」が表示されますので、希望する購入金額を入力して「買う」を押してください。

内容を確認して問題がなければ「タップで購入」を押し、次の画面で「SUCCESS!」と表示されれば、購入完了です。

Bitbank(ビットバンク)の販売所での注文方法(取引方法)は1種類しかなく金額の確認しかありませんので、とても分かりやすいものです。

もし、購入可能金額が不足している場合には「日本円残高が不足しています」と表示されます。

その場合には、注文方法(取引方法)の途中ですが「メニュー」「入金」タブへと移って、日本円振込用口座へ入金してください。

そのあとは指示にしたがって数タップするだけでビットコインを購入できます。

Bitbank(ビットバンク)の取引所での注文方法(取引方法):成行注文

Bitbank(ビットバンク)取引所での注文方法(取引方法)「成行注文」を説明しましょう。

まず「取引所」をタップし、ビットコインを表示させます。

「注文一覧」で「成行」を押して「買い」または「売り」を選びましょう。

Bitbank(ビットバンク)取引所で成行の注文方法(取引方法)では、購入したい数量を入力するだけです。

数量を入力すると「日本円での予想金額」が表示されますので、問題なければ「注文」をタップしましょう。

Bitbank(ビットバンク)取引所での成行の注文方法(取引方法)は以上です。

Bitbank(ビットバンク)の取引所での注文方法(取引方法):指値注文

では次に、Bitbank(ビットバンク)取引所で「指値注文」する場合の注文方法(取引方法)を説明しましょう。

指値した価格より有利な価格になれば注文が約定する注文方法(取引方法)です。

指値価格によっては注文が成立しない場合がありますが、成行注文のように思いがけない価格で約定することはありません。

まず「取引所」をタップし、ビットコインを表示させると「指値注文」ができる状態になっています。

Bitbank(ビットバンク)の指値での注文方法(取引方法)では「購入したい価格・数量」を入力欄しかありません。

入力すると「日本円での予想金額」が表示されますので、問題なければ「注文」をタップしてください。

Bitbank(ビットバンク)の指値の注文方法(取引方法)はこれだけです。

他の仮想通貨(暗号資産)取引所では、現物取引であっても「逆指値注文・OCO」などの注文方法(取引方法)が用意されています。

さらに、レバレッジ取引であれば「逆指値・OCO、IFD、IFO、IFDOCO、ストップ注文、ストップリミット注文」などの注文方法(取引方法)があります。

トレードに慣れてきた中上級者にとってはBitbank(ビットバンク)の注文方法(取引方法)は物足りないかもしれません。

逆にいうと、Bitbank(ビットバンク)の取引所での注文方法(取引方法)はシンプルなので、分かりやすいともいえます。

Bitbank(ビットバンク)の注文方法(取引方法):注文数量

Bitbank(ビットバンク)の注文方法(取引方法)で必要な「最小注文数量」は、販売所と取引所では異なりますのでご紹介しましょう。

・ビットコイン(BTC):販売所「0.00000001 BTC」、取引所「0.0001 BTC」

1BTC200万円と仮定すると、販売所では0.2円単位、取引所では2000円単位でビットコインを購入できます。

・リップル(XRP):販売所「0.000001 XRP」、取引所「0.0001XRP」

・ライトコイン(LTC):販売所「0.00000001 LTC」、取引所「0.0001 LTC」

・イーサリアム(ETH):販売所「0.00000001 ETH」、取引所「0.0001 ETH」

・モナコイン(MONA):販売所「0.00000001 MONA」、取引所「0.0001 MONA」

・ビットコインキャッシュ(BCC):販売所「0.00000001 BCC」、取引所「0.0001 BCC」

Bitbank(ビットバンク)ではどの銘柄も販売所の方が最小注文数量が少ないのが特徴です。

まずは少額から始めたいのであれば、販売所で仮想通貨(暗号資産)を購入する注文方法(取引方法)をとりましょう。

Bitbank(ビットバンク)の注文方法(取引方法):注文のキャンセル

Bitbank(ビットバンク)で注文を出した後に、キャンセルしたくなった時の注文方法(取引方法)を説明しましょう。

注文のキャンセルを出せるのは未約定の場合のみですので、取引所での注文方法(取引方法)に限られます。

Bitbank(ビットバンク)の販売所では成行注文のみですぐに約定してしまうからです。

まず、スマホアプリだと、Bitbank(ビットバンク)の取引所で未約定の注文は「注文一覧」の「ステータス」で確認できます。

注文した「通貨・数量・価格・注文日時」で間違いがなければ、ページ下部にある「CANSEL]をタップしてください。

PC版だとトレード画面の下部に「注文一覧」が表示されているはずです。

右端に「キャンセル」ボタンがありますので、クリックして注文のキャンセルを行ってください。

残念ながら、スマホアプリ、PC版ともに約定済みの注文は取り消せません。

Bitbank(ビットバンク)の注文方法(取引方法)を分かりやすく解説まとめ

Bitbank(ビットバンク)の注文方法(取引方法)を詳しく説明しました。

Bitbank(ビットバンク)は他の仮想通貨(暗号資産)取引所と比べてると、成行注文と指値注文しかありませんので注文方法(取引方法)は少ないといえます。

その分、価格と数量を確認すればすぐに購入できるので分かりやすく、初心者にとってはトレードしやすい仮想通貨(暗号資産)取引所でしょう。