ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

bitFlyer(ビットフライヤー)の信用取引を分かりやすく解説

【おすすめのビットコインFX取引所-CRYPTO GT】

CryptoGTはレバレッジ最大500倍・追証なしのゼロカットを採用しているビットコインFX専門の取引所です

BTCFXではショート(空売り)を使う事でビットコインの上げ相場だけでなく下げ相場でも同様に利益を上げる事が可能です

>>CRYPTO GTの詳細ページはこちらから(定期的なボーナスもありおすすめです)

【おすすめのビットコインFX取引所-CRYPTO GT】

CryptoGTはレバレッジ最大500倍・追証なしのゼロカットを採用しているビットコインFX専門の取引所です

BTCFXではショート(空売り)を使う事でビットコインの上げ相場だけでなく下げ相場でも同様に利益を上げる事が可能です

>>CRYPTO GTの詳細ページはこちらから(定期的なボーナスもありおすすめです)

【おすすめのビットコインFX取引所-CRYPTO GT】

CryptoGTはレバレッジ最大500倍・追証なしのゼロカットを採用しているビットコインFX専門の取引所です

BTCFXではショート(空売り)を使う事でビットコインの上げ相場だけでなく下げ相場でも同様に利益を上げる事が可能です

>>CRYPTO GTの詳細ページはこちらから(定期的なボーナスもありおすすめです)

f:id:zero_requiem21:20200804151754j:plain

日本国内の仮想通貨(暗号資産)取引所の中でも人気のあるbitFlyer(ビットフライヤー)。

そんなbitFlyer(ビットフライヤー)に登録して、これから仮想通貨の信用取引にチャレンジしてみたいという人もいるでしょう。

レバレッジをかけて手持ちの資金以上の取引ができる信用取引は、現物取引よりも大きな利益を得られる可能性があります。

そこで今回は、bitFlyer(ビットフライヤー)の信用取引を分かりやすく解説していきます。

bitFlyer(ビットフライヤー)の信用取引を分かりやすく解説

bitFlyer(ビットフライヤー)は信用取引にあたるレバレッジ取引が可能

数年前まで仮想通貨(暗号資産)の取引といえば現物取引が主流でしたが、現在bitFlyer(ビットフライヤー)では信用取引にあたるレバレッジ取引ができるようになっています。

bitFlyer(ビットフライヤー)の信用取引として利用できるのは、bitFlyer(ビットフライヤー)の証拠金取引となる「Lightning FX」と先物取引となる「Lightning Futures」です。

どちらも最大4倍のレバレッジをかけた信用取引が行えるようになっています。

またbitFlyer(ビットフライヤー)の信用取引にあたるレバレッジ取引ができる通貨ペアは「BTC/JPY」のみです。

ビットコイン以外のマイナー通貨に関してはレバレッジ取引ができませんので、あるとコインでのレバレッジ取引がしたい場合には、他の仮想通貨(暗号資産)取引所を利用していきましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)の信用取引画面表示のさせ方

bitFlyer(ビットフライヤー)で信用取引を行うためには、bitFlyer(ビットフライヤー)Lightningにアクセスする必要があります。

いつも利用している現物取引の画面とは異なりますので注意してください。

bitFlyer(ビットフライヤー)の信用取引が行えるbitFlyer(ビットフライヤー)Lightningは、bitFlyer(ビットフライヤー)のメニュー画面より表示させます。

まずは通常のbitFlyer(ビットフライヤー)にログインし、左側のメニュー一覧の中から「bitFlyerLightning」のボタンをクリックしていきましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)Lightningのメイン画面が表示されますので確認してください。

bitFlyer(ビットフライヤー)の信用取引でレバレッジを設定する方法

bitFlyer(ビットフライヤー)の信用取引では、レバレッジを注文ごとに調整することも可能です。

bitFlyer(ビットフライヤー)では最大4倍のレバレッジ取引が可能ですが、レバレッジ1倍〜4倍の好きな倍数を設定することができます。

まずはbitFlyer(ビットフライヤー)の信用取引を行うためにbitFlyer(ビットフライヤー)Lightningの画面にアクセスしてください。

画面左上にある三本線のアイコンをクリックしていきましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)の信用取引のメニュー一覧が表示されるので、その中から「設定」をクリックしていきます。

設定メニューが表示されるので、画面を下にスクロールしていきましょう。

画面上に「レバレッジ設定」の画面が表示されますので、「1倍」「2倍」「3倍」「4倍」の中から好きなレバレッジを選択してください。

ただし3倍以上のレバレッジを選択する場合には、bitFlyer(ビットフライヤー)に銀行口座情報の確認が完了していることが条件となります。

銀行口座情報をbitFlyer(ビットフライヤー)に登録していないという人で3倍以上のレバレッジをかけた取引がしたい人は、まずはbitFlyer(ビットフライヤー)への銀行口座情報の登録を行なってください。

bitFlyer(ビットフライヤー)の信用取引の具体的な注文方法

bitFlyer(ビットフライヤー)の信用取引のレバレッジ設定が完了したら、実際にbitFlyer(ビットフライヤー)で信用取引を行う手順をみていきましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)の信用取引となるレバレッジ取引には、bitFlyer(ビットフライヤー)FXとbitFlyer(ビットフライヤー)Lightning Futuresという2種類があります。

bitFlyer(ビットフライヤー)Lightningの画面上では、bitFlyer(ビットフライヤー)FXとbitFlyer(ビットフライヤー)Lightning Futuresの他に現物取引の取扱もありますので、まずは画面をレバレッジ取引のできる画面にしていきましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)Lightningの画面上部に表示されている「BTC-FX/JPY(bitFlyer(ビットフライヤー)FX)」または「BTC/JPY-日付(bitFlyer(ビットフライヤー)Lightning Futures)」のいずれかを選択してください。

bitFlyer(ビットフライヤー)Lightning Futuresは期限付きのレバレッジ取引です。

bitFlyer(ビットフライヤー)の信用取引の注文画面はオーダーブックの左側に表示されます。

bitFlyer(ビットフライヤー)の信用取引で利用できる注文方法には、以下のようなものがあります。

  • 指値注文
  • 成行注文
  • STOP注文
  • STOP-LIMIT注文
  • TRALING注文

ここでは、取引上利用されることの多い指値注文と成行注文の方法をみていきましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)信用取引の成行注文の方法

まずは成行注文を行う方法をみていきましょう。

注文画面上部のタブを「成行」に合わせると、成行注文の画面が表示されます。

注文数量を入力し、約定価格と手数料を確認して問題なければ「売り」または「買い」ボタンをクリックして完了です。

bitFlyer(ビットフライヤー)信用取引の指値注文の方法

次に指値注文のやり方をみていきましょう。 注文画面上部のタブを「指値」に合わせると、指値注文の画面が表示されます。

注文数量を入力し、希望の指値価格を入力していきましょう。

予想価格と手数料を確認して問題なければ「売り」または「買い」ボタンをクリックして完了です。

bitFlyer(ビットフライヤー)の信用取引を分かりやすく解説まとめ

今回は、bitFlyer(ビットフライヤー)の信用取引を分かりやすく解説してきました。

bitFlyer(ビットフライヤー)の信用取引は、bitFlyer(ビットフライヤー)Lightningの中のbitFlyer(ビットフライヤー)FXまたはbitFlyer(ビットフライヤー)Futuresを利用して取引を行うことが可能です。

最大4倍のレバレッジ取引もできるようになっていますが、3倍以上のレバレッジ取引には銀行口座情報の登録が必要になるので事前に準備しておきましょう。