ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

bitFlyer(ビットフライヤー)のスキャルピングを分かりやすく解説

f:id:zero_requiem21:20200804151754j:plain

これからbitFlyer(ビットフライヤー)を使ってスキャルピングトレードをしてみたいという人もいるでしょう。

ビットコインなどの仮想通貨(暗号資産)も、取引所によって為替のようにFXトレードを行うことができます。

しかし一部の仮想通貨(暗号資産)取引所では、仮想通貨(暗号資産)自体のFX取引ができなくなっていたり、スキャルピングを禁止しているところもあるようです。

そこで今回は、bitFlyer(ビットフライヤー)はスキャルピングができる取引所なのかやスキャルピング向きの取引所なのかを詳しく調べてみました。

bitFlyer(ビットフライヤー)のスキャルピングを分かりやすく解説

bitFlyer(ビットフライヤー)は日本国内で人気のある仮想通貨取(暗号資産)取引所です。

ビットコインやアルトコインの現物取引の他に、レバレッジをかけたビットコインのFXトレードもできるようになっています。

bitFlyer(ビットフライヤー)でビットコインのレバレッジ取引を行うためには、専用のサービスであるbitFlyer(ビットフライヤー)Lightningを利用していくことになるでしょう。

そしてbitFlyer(ビットフライヤー)Lightningではスキャルピングが禁止されていないので、bitFlyer(ビットフライヤー)は自由にスキャルピングを行うことができます。

また口コミなどをみていると、実際にbitFlyer(ビットフライヤー)Lightningのスキャルピングトレードで利益をあげている人も見つけることができました。

bitFlyer(ビットフライヤー)のスキャルピングの手数料について

bitFlyer(ビットフライヤー)ではスキャルピングトレードが認められていますので、自由にスキャルピングを行うことができます。

しかしスキャルピングを認めている取引所でも、実際には手数料などのコストが予想以上にかかり、スキャルピングが認められていてもスキャルピングで利益を取りにくい取引所もあるのです。

しかしbitFlyer(ビットフライヤー)Lightningは、基本的に取引手数料が無料でトレードできるようになっているので、取引にかかってくる手数料が低いというメリットがあります。

また一定の時間を超えてポジションを保有することで発生するスワップも、それほど気になるという声は見当たりませんでした。

スワップの場合には一定の時間帯にポジションを保有していなければかかるものではないので、ある程度は回避できる手数料であるというのも大きな理由だと言えます。

bitFlyer(ビットフライヤー)Lightningは、bitFlyer(ビットフライヤー)を仲介してユーザー同士がトレードを行うので、売値と買値の差額となるスプレッドも取引するタイミングによって変わる変動型です。

bitFlyer(ビットフライヤー)Lightningの現在のオーダーブックの注文からスプレッドを確認してみると、一番近いところで338円ほどとなっています。

ビットコインの現物取引となるbitFlyer(ビットフライヤー)の販売所では、数万円のスプレッドがあることも少なくないので、bitFlyer(ビットフライヤー)Lightningのスプレッドは現物取引に比べても狭い傾向があるようです。

ここまでbitFlyer(ビットフライヤー)Lightningの手数料をみていると、かなりスキャルピング向きの手数料ルールとなっています。

しかしbitFlyer(ビットフライヤー)Lightningでスキャルピングトレードをするのであれば、注意しなければならない手数料がSFDです。

SFDとは、bitFlyer(ビットフライヤー)の現物取引とFX取引の価格乖離を防ぐ目的で導入された手数料であり、乖離を拡大させるような注文に対しては別途手数料が発生し、価格乖離を縮小させるような注文に対しては手数料がもらえるというルールです。

そのため、bitFlyer(ビットフライヤー)の現物の値動きにも注意していないと、思いがけない手数料を取られる可能性があるでしょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)のスキャルピング 約定率に関して

スキャルピングトレードで重要になるのは、コスト面意外に注文スピードもあります。

約定率が低く中々注文が通らないのであれば、数分間を勝負するスキャルピングトレーダーにとっては致命的な欠点だといえるでしょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)の約定に関する口コミをみていると、bitFlyer(ビットフライヤー)はたびたび遅延が起きるという評判がみられます。

ただし実際にbitFlyer(ビットフライヤー)でスキャルピングトレードをして利益を出している人もいますので、タイミングによってもスムーズに約定する場合としない場合があるようです。

bitFlyer(ビットフライヤー)のスキャルピングを分かりやすく解説まとめ

今回は、bitFlyer(ビットフライヤー)はスキャルピングができる取引所なのかやスキャルピング向きの取引所なのかを詳しく調べてみました。

bitFlyer(ビットフライヤー)ではbitFlyer(ビットフライヤー)Lightningを使ってスキャルピングトレードができるようになっています。

メリットは、取引手数料が無料であり板も安定した厚みがあるという部分で、デメリットはSFDや動作の遅延などが挙げられるでしょう。

メリット・デメリットをそれぞれしっかり確認し、bitFlyer(ビットフライヤー)でのスキャルピングトレードを検討してみてくださいね。