ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

bitFlyer(ビットフライヤー)のレバレッジ取引(FX)を分かりやすく解説

f:id:zero_requiem21:20200804151754j:plain

これから仮想通貨(暗号資産)のレバレッジ取引(FX)をやってみたいという人の中には、bitFlyer(ビットフライヤー)を使ってみたいと考えている人もいるでしょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)には、レバレッジをかけて手持ちの資金以上の資金量で取引ができるbitFlyer(ビットフライヤー)Lightning(FX)というサービスがあります。

bitFlyer(ビットフライヤー)では手軽にレバレッジ取引が始められますが、これまで仮想通貨(暗号資産)でレバレッジ取引をしたことがないという人は、事前に基本的なルールや使い方を確認しておくのがおすすめです。

ここでは、bitFlyer(ビットフライヤー)のレバレッジ取引(FX)を分かりやすく解説していきます。

bitFlyer(ビットフライヤー)のレバレッジ取引(FX)を分かりやすく解説

bitFlyer(ビットフライヤー)では、単純に日本円や仮想通貨(暗号資産)同士を交換する現物取引の他に、bitFlyer(ビットフライヤー)Lightning(FX)というサービスで、仮想通貨(暗号資産)のレバレッジ取引(FX)を行うことが可能です。

bitFlyer(ビットフライヤー)のレバレッジ取引(FX)はbitFlyer(ビットフライヤー)Lightning(FX)でできる

bitFlyer(ビットフライヤー)でレバレッジ取引(FX)を行うのであれば、bitFlyer(ビットフライヤー)Lightning(FX)というサービスを利用していくことになりますが、bitFlyer(ビットフライヤー)への登録があれば、誰でも気軽にトレードを始めることができます。

まずはbitFlyer(ビットフライヤー)の公式サイトにアクセスし、メイン画面の左側の一覧メニューの中から「bitFlyer Lightning」をクリックしていきましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)のレバレッジ取引(FX)画面であるbitFlyer(ビットフライヤー)Lightning(FX)のトレード画面が表示されます。

画面はbitFlyer(ビットフライヤー)の現物取引の画面とは異なっていますので、基本的な画面の見方は以下を参照してください。

①現在のチャート

②現在入っている約定前の指値注文一覧(売り板/買い板・オーダーブック)

③注文画面

④確定した注文一覧

⑤現在の保有ポジション一覧

⑥取引履歴

bitFlyer(ビットフライヤー)のレバレッジ取引(FX)の基本的なルールについて

bitFlyer(ビットフライヤー)のレバレッジ取引(FX)の画面をみたところで、実際の取引の基本ルールについてもチェックしていきましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)のレバレッジ取引(FX)では最大4倍のレバレッジトレードができる

bitFlyer(ビットフライヤー)のレバレッジ取引(FX)でのレバレッジ最大値は4倍となっています。

日本国内のレバレッジ取引(FX)ができる仮想通貨(暗号資産)取引所であれば、ほとんどのところがレバレッジの最大値は4倍です。

これは日本の金融庁の規制強化によるもので、現在はどの国内取引所でもレバレッジがかなり低く設定されています。

日本の金融庁の規制の影響を受けない海外の仮想通貨(暗号資産)取引所の場合、最大100倍以上のレバレッジ取引(FX)ができるところもあるようです。

しかし為替に比べて値動きの激しい仮想通貨(暗号資産)では、レバレッジの最大値が4倍程度の方がリスクを軽減しながらレバレッジ取引(FX)ができるともいえるでしょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)のレバレッジ取引(FX)では、レバレッジを1倍〜4倍の間で自由に設定することが可能です。

レバレッジの設定方法は、メイン画面左側にある三本線のアイコンをクリックします。

メニュー一覧が表示されたら「設定」をクリックしていきましょう。

レバレッジの設定項目があるので、そこで好きなレバレッジの倍数を選択しましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)のレバレッジ取引(FX)の追証・ロスカット について

bitFlyer(ビットフライヤー)では、bitFlyer(ビットフライヤー)側が定めた一定の証拠金維持率を下回ることによって、追証・ロスカットが執行されます。

追証とは追加で支払う証拠金の略語であり、保有しているポジションの証拠金維持率が80%を下回ったタイミングで求められるようです。

証拠金維持率が100%を下回っても、追証を支払うことによりロスカットが執行されず引き続きポジションを保有することができるようになっています。

またbitFlyer(ビットフライヤー)のレバレッジ取引(FX)で追証を支払わなければ、ロスカットが執行され強制的に保有しているポジションが決済されるのです。

bitFlyer(ビットフライヤー)のロスカットが執行されるのは、証拠金維持率が80%を下回った場合となっています。

bitFlyer(ビットフライヤー)のレバレッジ取引(FX)の手数料について

bitFlyer(ビットフライヤー)のレバレッジ取引(FX)では、現物取引とは異なる手数料のルールが発生します。

bitFlyer(ビットフライヤー)のレバレッジ取引(FX)の取引手数料・レバレッジ

bitFlyer(ビットフライヤー)のレバレッジ取引(FX)の取引手数料は、基本的に無料です。

ただし取引手数料を一律で徴収していない代わりに売値と買値の差額となるスプレッドが発生します。

スプレッドは取引量やタイミングに応じても幅が広がったり狭くなったりと変化しますので、エントリー前にしっかり確認してスプレッドが広がっている時には取引を控えるのが良いでしょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)のレバレッジ取引(FX)のSFD

他の取引所ではあまり見られないbitFlyer(ビットフライヤー)のレバレッジ取引(FX)の独自のルールです。

bitFlyer(ビットフライヤー)Lightning(FX)とbitFlyer(ビットフライヤー)の現物取引との間で取引価格が5%以上乖離すると発生する手数料になっています。

bitFlyer(ビットフライヤー)のレバレッジ取引(FX)のスワップポイント

bitFlyer(ビットフライヤー)のレバレッジ取引(FX)であるLightning(FX)にて、ポジションを保有したまま日付をまたぐと発生する手数料です。

bitFlyer(ビットフライヤー)のレバレッジ取引(FX)を分かりやすく解説まとめ

今回は、bitFlyer(ビットフライヤー)のレバレッジ取引(FX)を分かりやすく解説してきました。

bitFlyer(ビットフライヤー)のレバレッジ取引(FX)は、最大4倍のレバレッジをかけて取引を行うことができます。

bitFlyer(ビットフライヤー)のレバレッジ取引(FX)独自のルールや手数料などもありますので、事前にしっかり確認した上で取引を始めていきましょう。