ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

bitFlyer(ビットフライヤー)の両建てを分かりやすく解説

f:id:zero_requiem21:20200804151754j:plain

国内の仮想通貨(暗号資産)取引所の中でも大手と言われているbitFlyer(ビットフライヤー)。

そんなbitFlyer(ビットフライヤー)で両建てトレードをやってみたいという人もいるでしょう。

しかし仮想通貨(暗号資産)取引所の中には、両建てトレード自体を禁止しているところもありますよね。

bitFlyer(ビットフライヤー)では、両建てトレードを行うことができるのでしょうか。

ここではbitFlyer(ビットフライヤー)の両建てトレードについて、詳しく調べてみました。

bitFlyer(ビットフライヤー)の両建てを分かりやすく解説

bitFlyer(ビットフライヤー)は両建てトレードができない

ビットコインなど仮想通貨(暗号資産)のトレードでも、為替FXのような両建てトレードの手法を用いたいという人はいるでしょう。

そもそも両建てトレードとは、同じ通貨ペアを同じタイミングで売りと買いの両ポジションを保有するというトレード方法です。

レートが上にいくか下にいくかわからない状態で、両ポジションを同じタイミングで保有すれば、必ず1ポジションは含み益がでて、反対のポジションは含み損が発生しますよね。

レートが動き出した状況で含み損が発生している方のポジションを損切りし、含み益の出ているポジションを伸ばしていくというのが両建てトレードの基本的な戦略です。

しかしbitFlyer(ビットフライヤー)のレバレッジ取引を行うbitFlyer(ビットフライヤー)Lightningでは、両建てトレードは禁止されているようです。

実際にbitFlyer(ビットフライヤー)の公式サイトには、両建てトレードに関して以下のような記載があります。

Q:bitFlyer(ビットフライヤー)Lightning BTC-FX では両建てはできますか。

A:現在、両建てはできません。

つまり、bitFlyer(ビットフライヤー)では公式に両建てトレードができないという明記があるのです。

bitFlyer(ビットフライヤー)は両建てトレードができない!bitFlyer(ビットフライヤー)を使って両建てする方法はあるのか

bitFlyer(ビットフライヤー)では公式に両建てトレードができないという明記のある仮想通貨(暗号資産)取引所になっています。

しかし公式で両建てトレードができないと言われている場合でも、両建てトレードを行う手段はないのでしょうか。

bitFlyer(ビットフライヤー)で両建てトレードする方法 法人口座と個人口座での両建てトレード

bitFlyer(ビットフライヤー)では両建てトレードができなくなっており、また1つのアカウントに対して1つの口座しか開設ができなくなっています。

またbitFlyer(ビットフライヤー)では、原則として1人が開設できるアカウントは1つまでとなっており、利用には本人確認書類の提出も必要になるので、実質複数アカウントは作成できないといえるでしょう。

そのため他の仮想通貨(暗号資産)取引所のようにアカウントを複数作って、bitFlyer(ビットフライヤー)の口座をまたいで両建てトレードすることもできません。

しかしbitFlyer(ビットフライヤー)では法人格を保有している人であれば、個人アカウントと法人アカウントで2つのアカウントをbitFlyer(ビットフライヤー)に保有することが可能です。

よって法人口座と個人口座を利用してbitFlyer(ビットフライヤー)で両建てトレードを行うことは実質可能だといえるでしょう。

ただし個人口座と法人口座間での両建てトレードは、法人格を保有しているということが条件になるので利用できる人が限られた両建てトレードの方法です。

bitFlyer(ビットフライヤー)で両建てトレードする方法 仮想通貨(暗号資産)取引所をまたいでトレードする

bitFlyer(ビットフライヤー)で両建てトレードする方法の1つとして、個人口座と法人口座での両建てトレードをする方法がありますが、一部の限られた人しかできません。

そしてbitFlyer(ビットフライヤー)で両建てトレードする方法で、個人アカウントしかなくても利用できるのが、業者をまたいでの両建てトレードです。

例えばbitFlyer(ビットフライヤー)で1BTCの買い注文を行なったら、同じタイミングで別の仮想通貨(暗号資産)取引所で1BTC売り注文を行うという形での両建てトレードになります。

しかし、仮想通貨(暗号資産)取引所はその取引所によってもスワップ・スプレッドや手数料などの条件が異なってきます。

特にbitFlyer(ビットフライヤー)にはSFDという現物取引とbitFlyer(ビットフライヤー)Lightningの間で価格が乖離した時に発生する独特の手数料などがあるのです。

そのため業者をまたいでの両建てトレードを行う場合には、事前にスプレッドやスワップ、その他の手数料などを考慮した上でbitFlyer(ビットフライヤー)との両建てトレードが有効なのかを考えていく必要があるでしょう。

また仮想通貨(暗号資産)取引所によっては、業者をまたいでの両建てトレード自体を禁止としているところもあります。

bitFlyer(ビットフライヤー)側では業者をまたいでの両建てトレードを禁止するような記載はありませんが、両建てトレードで利用する仮想通貨(暗号資産)取引所側では両建てトレードが禁止されていないかどうかをしっかり確認してから行いましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)の両建てを分かりやすく解説まとめ

今回は、bitFlyer(ビットフライヤー)の両建てトレードについて詳しく調べてみました。

bitFlyer(ビットフライヤー)Lightningでは、両建てトレードができなくなっています。

そのためbitFlyer(ビットフライヤー)を使って両建てしたいのであれば、個人口座と法人口座を使い分けたり、業者をまたいで両建てトレードしていく必要があるでしょう。