ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

bitFlyer(ビットフライヤー)の入金方法・入金手数料・反映時間を分かりやすく解説

f:id:zero_requiem21:20200804151754j:plain

これからbitFlyer(ビットフライヤー)での取引を始めたいと考えている人の中には、具体的な入金方法を知りたいという人もいますよね。

日本国内でも登録者数の多い仮想通貨(暗号資産)取引所であるbitFlyer(ビットフライヤー)では、日本円と仮想通貨(暗号資産)の両方で入金手続きを行うことができるようになっています。

ここでは、bitFlyer(ビットフライヤー)の入金方法・入金手数料・反映時間について初心者にも分かりやすく解説していきます。

bitFlyer(ビットフライヤー)の入金方法・入金手数料・反映時間を分かりやすく解説

bitFlyer(ビットフライヤー)に入金を行う場合には、日本円または仮想通貨(暗号資産)での入金手続きを行なっていくことになり、米ドルなどでの入金はできません。

また日本円で入金を行うのか、仮想通貨(暗号資産)で入金を行うのかによっても入金方法の手順が異なってきます。

bitFlyer(ビットフライヤー)の入金方法 日本円の入金を行う場合

まずはbitFlyer(ビットフライヤー)から日本円で入金する方法です。

初めて仮想通貨(暗号資産)を購入する人であれば、日本円でbitFlyer(ビットフライヤー)に入金する必要があります。

また日本円の入金には以下のような入金方法が選択可能です。

  • 銀行振込
  • 住信SBIネット銀行
  • イオン銀行
  • ペイジー経由での銀行送金
  • コンビニ払い

住信SBIネット銀行とイオン銀行も銀行振込に入りますが、住信SBIネット銀行とイオン銀行はbitFlyer(ビットフライヤー)上で口座の登録ができるため簡単に入金処理を行うことができます。

ここでは住信SBIネット銀行とイオン銀行以外の金融機関を利用しての入金方法をみていきましょう。

まずはbitFlyer(ビットフライヤー)の公式サイトにログインし、マイページを表示させたら左側のメニュー一覧に表示される「入出金」をクリックしていきます。

入金手続き画面が表示されますので、入金するコインに「日本円」を選択し、「入金」「出金」のタブを「入金」をクリックしてください。

入金方法の一覧が表示されるので、「銀行振込」を選択していきましょう。

振込先の情報が表示されるので、指示の通りに振込を行なってください。

bitFlyer(ビットフライヤー)の振込指示は、送金者名まで指定がありますのでしっかり確認してから振込処理を行うようにしましょう。

またペイジー経由で銀行への入金を行う場合には、同じように入出金手続き画面にて「日本円」と「入金」を選択し、「その他の銀行(ペイジー経由で入金)」をクリックします。

ペイジーでの入金手続き画面が表示されるので、入金する金額を入力し「入金する」をクリックしていきましょう。

ペイジーの入金処理画面が表示されるので、画面の案内にしたがって入金処理を行なってください。

銀行口座を利用せずに入金処理を行いたいという場合には、コンビニ払いにてbitFlyer(ビットフライヤー)への入金を行う方法もあります。

入出金画面から「日本円」と「入金」を選択し「一部のコンビニエンスストア」をクリックします。

入金金額を入力し「入金する」をクリックしていきましょう。

入金内容が表示されるので、内容を確認し問題なければ入金を行うコンビニを選択肢ます。

選択したコンビニでの入金方法の手順が表示されるので、指示にしたがって入金を行なっていきましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)の入金方法 仮想通貨(暗号資産)で入金を行う場合

bitFlyer(ビットフライヤー)では日本円での入金方法の他に、仮想通貨(暗号資産)にて他の取引所やウォレットから入金を行うことも可能です。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ベーシックアテンショントークン
  • イーサクラシック
  • リップル
  • ライトコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • モナコイン
  • リスク

仮想通貨(暗号資産)での具体的な入金方法もみていきましょう。

まずはbitFlyer(ビットフライヤー)の公式サイトにログインし、マイページを表示させたら左側のメニュー一覧に表示される「入出金」をクリックしていきます。

入金手続き画面が表示されますので、入金するコイン銘柄(ここではビットコイン)を選択し、「預入」「送付」のタブを「預入」をクリックしてください。

選択した仮想通貨(暗号資産)のbitFlyer(ビットフライヤー)の入金アドレスとQRコードが表示されますので、コピーして送付元のウォレットまたは取引所にてアドレスを貼り付けて利用します。

リップルの入金には入金アドレスの下に表示されている宛先タグの入力も必要になりますので、コピペして使うようにしてください。

bitFlyer(ビットフライヤー)の入金手数料

bitFlyer(ビットフライヤー)の入金手数料についてですが、入金する通貨や入金方法によっても手数料の金額が異なります。

bitFlyer(ビットフライヤー)へ日本円を入金する場合には、およその目安として以下のような入金手数料がかかるでしょう。

  • 銀行振込...利用する金融機関によって異なるが数百円程度
  • ペイジー...330円
  • コンビニ払い...330円

また仮想通貨(暗号資産)の入金には手数料は発生しません。

ただしbitFlyer(ビットフライヤー)への入金元となる、ウォレットや取引所で出金手数料が発生する可能性がありますので事前に調べておくと良いでしょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)の入金反映時間

bitFlyer(ビットフライヤー)への入金の反映時間についてですが、やはり入金した通貨と入金方法によっても反映時間が異なります。

基本的にbitFlyer(ビットフライヤー)へ日本円での入金を行なった場合には、翌営業日には遅くとも反映されるようです。

ただし金融機関の営業日によっても処理にかかる時間が異なるので、年末年始やゴールデンウィーク、土日祝日などの場合には数日程度は入金反映に時間がかかることもあります。

仮想通貨(暗号資産)の入金の場合には、速ければ数分〜数時間程度で入金が反映するようです。

ただし価格の高騰や急落などにより取引が盛んになり、仮想通貨(暗号資産)の送金量が増えると入金反映までに数日ほど時間がかかることもあります。

数日待っても入金が反映されないという場合には、bitFlyer(ビットフライヤー)や送金元のウォレットに問い合わせをしてみるのも良いでしょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)の入金方法・入金手数料・反映時間を分かりやすく解説まとめ

今回は、bitFlyer(ビットフライヤー)の入金方法・入金手数料・反映時間について初心者にも分かりやすく解説してきました。

bitFlyer(ビットフライヤー)では、日本円と仮想通貨(暗号資産)にて入金手続きを行うことができるようになっています。

入金方法によって手数料や反映時間も異なってきますので、より自分にあった入金方法を選んで利用していきましょう。