ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

Bitbank(ビットバンク)の出金方法・出金手数料・反映時間を分かりやすく解説

【おすすめのビットコインFX取引所-CRYPTO GT】

CryptoGTはレバレッジ最大500倍・追証なしのゼロカットを採用しているビットコインFX専門の取引所です

BTCFXではショート(空売り)を使う事でビットコインの上げ相場だけでなく下げ相場でも同様に利益を上げる事が可能です

>>CRYPTO GTの詳細ページはこちらから(定期的なボーナスもありおすすめです)

【おすすめのビットコインFX取引所-CRYPTO GT】

CryptoGTはレバレッジ最大500倍・追証なしのゼロカットを採用しているビットコインFX専門の取引所です

BTCFXではショート(空売り)を使う事でビットコインの上げ相場だけでなく下げ相場でも同様に利益を上げる事が可能です

>>CRYPTO GTの詳細ページはこちらから(定期的なボーナスもありおすすめです)

【おすすめのビットコインFX取引所-CRYPTO GT】

CryptoGTはレバレッジ最大500倍・追証なしのゼロカットを採用しているビットコインFX専門の取引所です

BTCFXではショート(空売り)を使う事でビットコインの上げ相場だけでなく下げ相場でも同様に利益を上げる事が可能です

>>CRYPTO GTの詳細ページはこちらから(定期的なボーナスもありおすすめです)

f:id:zero_requiem21:20200918155310j:plain

Bitbank(ビットバンク)から出金したいけれど、どのような出金方法があるのかな?

出金手数料ってかかる?

手続きをしてからどれくらいで銀行口座へ出金できるのかな?

こんなお悩みをお持ちでしょうか?

Bitbank(ビットバンク)の出金方法はメール認証の手順を忘れると、いつまでも出金されない仕組みです。

また、出金反映時間にもルールがありますので、思いのほか時間がかかることもあります。

この記事では、Bitbank(ビットバンク)の出金方法・出金手数料・反映時間について、分かりやすく解説します。

Bitbank(ビットバンク)の出金方法・出金手数料・反映時間を分かりやすく解説

Bitbank(ビットバンク)の出金方法の流れ

Bitbank(ビットバンク)の出金方法の流れは、「日本円」「仮想通貨(暗号資産)」で違いますので、それぞれの流れを説明します。

まず、 Bitbank(ビットバンク)から日本円への出金方法と流れは次のとおりです。

1.「メニュー」「出金」をクリックし、日本円の欄の右側にある「出金」ボタンをクリックする。

2.出金先の銀行口座を選びます。このとき未登録であれば、銀行名・支店名・口座番号などを登録します。

なお、出金先口座の名義人は必ずBitbank(ビットバンク)の口座の名義人と一致していなければいけませんので、ご注意ください。

3.「出金内容を確認」をクリックすると、登録したメールアドレス宛に出金申請確認メールが届きます。

メール内のリンクをクリックしないと振込処理が開始されませんので、忘れずにクリックしてください。

Bitbank(ビットバンク)の出金手数料

Bitbank(ビットバンク)の出金手数料は、日本円であれば金額、仮想通貨(暗号資産)であれば種類によって変わります。

まず、日本円での出金金額が3万円未満の場合は、Bitbank(ビットバンク)からの出金手数料は「550円」です。

出金金額が3万円以上の場合の出金手数料は、「770円」です。

次に、仮想通貨(暗号資産)別のBitbank(ビットバンク)の出金手数料とおおよその日本円価格を説明します。

・ビットコイン(BTC): 0.001 BTC (相場価格が120万円ならば⇒出金手数料1200円)

・リップル(XRP):0.15 XRP (30円⇒4.5円)

・ライトコイン(LTC):0.001 LTC (5000円⇒5円)

・イーサリアム(ETH):0.005 ETH (4万円⇒200円)

・モナーコイン/モナコイン(MONA):0.001 MONA (130円⇒0.1円)

・ビットコインキャッシュ(BCC):0.001 BCC (25000円⇒25円)

・ステラルーメン(XLM):0.01 XLM (8円⇒0.08円)

Bitbank(ビットバンク)の出金手数料は、他の仮想通貨(暗号資産)取引所と比べると多少高めのようです。

相場価格にもよりますが、とくにビットコインの出金手数料が1000円を超えてきますので、高いといえるでしょう。

最新の情報をチェックしてから出金してください。

Bitbank(ビットバンク)の出金までの反映時間

Bitbank(ビットバンク)の日本円の場合の出金方法と反映時間は、銀行の営業時間に影響されます。

平日月曜日から金曜日の15時までの出金処理であれば、翌営業日が出金の反映時間です。

平日15時以降と土日祝の出金処理であれば、翌営業日に手続きをして翌々営業日に出金されるタイムスケジュールです。

ただし、出金希望が集中した場合、最大で5営業日かかる可能性があるとBitbank(ビットバンク)の公式サイトに明記されています。

ですので、出金が反映される時間は長めに見積もっておくほうが無難でしょう。

一方、Bitbank(ビットバンク)の仮想通貨(暗号資産)への出金方法では、24時間いつでも可能です。

ただし、出金が反映される時間は最大1〜2営業日かかる可能性があるとのことです。

Bitbank(ビットバンク)の出金方法別の最低出金額と出金限度額/日

Bitbank(ビットバンク)では、出金方法別で最低出金金額と1日あたりの出金限度額が定められています。

・日本円

最低出金額:1000円、出金限度額/日:1億円

・ビットコイン(BTC):0.0001、1000 BTC

・リップル(XRP):20、700万 XRP

・ライトコイン(LTC): 0.001、1万 LTC

・イーサリアム(ETH): 0.001、3000 ETH

・モナーコイン/モナコイン(MONA): 0.01、30万 MONA

・ビットコインキャッシュ(BCC): 0.0001、3000BCC

・ステラルーメン(XLM): 1、50万XLM

Bitbank(ビットバンク)では、仮想通貨(暗号資産)の種類など出金方法別で出金金額が定められていますので、ご注意下さい。

Bitbank(ビットバンク)の出金で反映時間がかかりすぎている?

Bitbank(ビットバンク)での出金方法の手順にしたがって処理したのに、反映時間がかかりすぎている?

そんな時の原因と対処方法を説明しましょう。

まず、出金方法の最後の手順、「出金のために必要な認証メールのリンクをクリックし忘れている」のが原因の場合です。

Bitbank(ビットバンク)はセキュリティを高めていますので、出金ボタンを押しただけでは出金できません。

ビットバンクで出金反映までの時間がかかりすぎているときは、認証メールが届いているか、リンクを確実にクリックしたかを再度チェックしましょう。

また、日本円への出金の場合、金曜日の16時に出金手続きをしたとすると、手続きは翌営業日で出金反映時間は翌々営業日です。

もし月曜日が祝日なら、出金が反映されるのは早くて水曜日となります。

Bitbank(ビットバンク)の出金方法・出金手数料・反映時間を分かりやすく解説まとめ

Bitbank(ビットバンク)の出金方法は、手順通りにすれば簡単にできますが、メール認証が必須であるなど独自ルールがあります。

Bitbank(ビットバンク)の出金までの反映時間は日本円でも仮想通貨(暗号資産)でも2営業日ほどは見ておいたほうがいいかもしれません。

もし、出金反映時間がそれ以上かかる場合は、メール認証し忘れの可能性が高いので、確認しましょう。