ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

Bitbank(ビットバンク)の登録方法と手順を分かりやすく解説

【下げ相場でも利益を出せる-おすすめのビットコインFX取引所】

【1位】FTXの詳細ページはこちらから

【2位】CRYPTO GTの詳細ページ

【3位】BYBITの詳細ページはこちらから

【下げ相場でも利益を出せる-おすすめのビットコインFX取引所】

【1位】FTXの詳細ページはこちらから

【2位】CRYPTO GTの詳細ページ

【3位】BYBITの詳細ページはこちらから

【下げ相場でも利益を出せる-おすすめのビットコインFX取引所】

【1位】FTXの詳細ページはこちらから

【2位】CRYPTO GTの詳細ページ

【3位】BYBITの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200918155310j:plain

Bitbank(ビットバンク)の登録方法の手順を知りたいとお考えですよね。

Bitbank(ビットバンク)は国内の仮想通貨(暗号資産)現物取引量がトップクラスの会社で、常に高い人気を誇る会社です。

もしかしたら、初めて仮想通貨(暗号資産)取引所に登録する人が多いかもしれませんね。

この記事では、Bitbank(ビットバンク)の登録方法の手順を分かりやすく解説します。

Bitbank(ビットバンク)の登録方法と手順を分かりやすく解説

Bitbank(ビットバンク)登録方法の手順は、大きく分けると下記のステップに分けられます。

・メールアドレスを登録する

・認証用URLからパスワードを設定し、規約に同意する

・ログインして個人情報を登録する

・本人確認をする

・審査完了を待つ

では、Bitbank(ビットバンク)の登録方法を手順にそって詳しく説明していきましょう。

Bitbank(ビットバンク)登録方法の手順①登録

まずはBitbank(ビットバンク)の公式ページへアクセスし、「口座開設」欄にメールアドレスを入力しましょう。

するとすぐにメールが送信されますので、認証用URLから本登録へ進みます。

まず、パスワードを決めて入力し、利用規約に同意したうえで「登録」を押しましょう。

これでBitbank(ビットバンク)にログインしてチャート画面が表示されるようになります。

続いて「メニュー」「登録情報」から個人情報登録へと進みます。

PCの場合は、右上の人型アイコンをクリックするとでてきます。

・氏名、生年月日、住所、出金用口座の登録

・取引の目的、職業 これで基本的な情報を登録できました。

Bitbank(ビットバンク)登録方法の手順②本人確認

続いて「本人確認書類のアップロードに進む」を押して、Bitbank(ビットバンク)へ下記のいずれかの本人確認書類を提出します。

・運転免許証

・パスポート

・住民基本台帳カード

・在留カード

例えば運転免許証であれば、表面と裏面を撮影し手順に従って「アップロード」しましょう。

次に指示に従って、運転免許証と顔が1枚の写真に収まるように撮影をします。

登録が終われば、あとは審査結果がくるのを待つだけです。

最短1営業日で本人確認の審査が完了しますので、確認書類が送られてくれば、Bitbank(ビットバンク)への登録手順は完了です。

Bitbank(ビットバンク)の入金・出金口座の登録方法と手順

Bitbank(ビットバンク)では、入金・出金口座の登録はすぐにしなくてもかまいません。 入金と出金に分けて、登録方法と手順を説明します。

まず、Bitbank(ビットバンク)への入金は指定された住信SBIネット銀行口座へ振り込むだけの手順です。

「メニュー」「入金する」を選び、日本円の横の「入金」をクリックすれば、住信SBIネット銀行の支店名・口座番号・口座名義などが表示されます。

振込依頼人名義の行だけ赤字で注意を促していますが、必ず記載されている通りに「アルファベットと自分の名前」で振り込むようにしてください。

あとはお好きな銀行から振り込めばOKです。

Bitbank(ビットバンク)への入金に関しては、振込手数料は一切かかりません。

では次に、出金先口座の登録方法の手順をご紹介します。

「メニュー」「出金」をクリックすると、「出金先銀行口座の登録」がでてきます。

そこで「新規登録」を押して出金先銀行口座を登録するだけの手順です。

なお、Bitbank(ビットバンク)から出金する際は、振込手数料が550円かかります。

Bitbank(ビットバンク)の二段階認証・SMS認証の登録方法と手順

Bitbank(ビットバンク)に限らず、仮想通貨(暗号資産)取引するのであれば、必ず二段階認証またはSMS認証を登録しておきましょう。

不正ログイン、不正出金は仮想通貨(暗号資産)業界ではしばしば起きていますので、セキュリティ対策は万全にしてください。

まず、Bitbank(ビットバンク)での二段階認証の登録方法と手順は次のとおりです。

・二段階認証アプリ(Google Authenticator、IIJ SmartKeyなど)をインストールする

・2段階認証アプリとBitbank(ビットバンク)を紐付ける

Bitbank(ビットバンク)では、Google Authenticatorを推奨していますが、すでにお使いに二段階認証アプリを登録しても問題ありません。

Bitbank(ビットバンク)の「メニュー」「セキュリティ」から「認証アプリを起動する」をクリックし、二段階認証アプリに表示されている「6桁の数字」をクリックしてコピー状態にします。

次に、Bitbank(ビットバンク)の「認証コード」欄を選び、貼り付けましょう。

最後に「設定する」を押せば、Bitbank(ビットバンク)の二段階認証が登録できました。

このほか、二段階認証アプリを使うのは面倒だけれど、Bitbank(ビットバンク)のセキュリティを高めたいのであれば、「SMS認証」をしましょう。

登録方法と手順は次のとおりです。

Bitbank(ビットバンク)の「メニュー」「セキュリティ」を開き、「SMS認証」の設定をクリックします。

携帯電話番号をハイフン無しで入力し、SMSで送られてきた6桁の認証用コードを入力するだけです。

Bitbank(ビットバンク)のセキュリティを高めるために必要な「2段階認証」と「SMS認証」の登録方法と手順は簡単ですので、必ず取引を開始する前に設定しておきましょう。

Bitbank(ビットバンク)の登録方法の手順で失敗した時の対処法

まず、Bitbank(ビットバンク)の本人確認の写真撮影で失敗を何度も繰り返してしまう場合は、本人確認書類を郵送する登録方法に切り替えましょう。

登録してから取引できるまでに数日余計にかかりますが、これで問題ありません。

それから、Bitbank(ビットバンク)の登録で失敗しがちなのが、入金する際の入力ミスです。

他の仮想通貨(暗号資産)や証券会社とはちがい、振込人名義の前に指定された「文字列」を入力しないと入金確認がとれません。

この場合は、Bitbank(ビットバンク)公式サイトの「お問い合わせ」フォームから連絡してください。

またBitbank(ビットバンク)とは違う名義人の口座から入金した場合は、Bitbank(ビットバンク)側では手続きできません。

この場合は、利用した銀行へ連絡して「組戻手続き」を行ってください。

Bitbank(ビットバンク)の登録方法と手順を分かりやすく解説まとめ

Bitbank(ビットバンク)の登録方法の手順を説明しました。

メールアドレスを登録してから本人確認までの手順は、指示通りに行えば簡単にできるはずです。

それからBitbank(ビットバンク)では二段階認証の登録をしなくても取引を開始できます。

ですが、セキュリティ性を高めるためにもぜひ、認証アプリやSMSでの認証を、登録方法手順の最後に加えてくださいね。