ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

Coincheck(コインチェック)の法人口座を分かりやすく解説

【☆おすすめのビットコインFX取引所☆】

ビットコインFXはロング(買い)以外にもショート(空売り)から入る事で下げ相場でも稼ぐ事が可能です☆

【1位】CRYPTO GTの詳細ページはこちらから

【2位】FTXの詳細ページはこちらから

【3位】BYBITの詳細ページはこちらから

【☆おすすめのビットコインFX取引所☆】

ビットコインFXはロング(買い)以外にもショート(空売り)から入る事で下げ相場でも稼ぐ事が可能です☆

【1位】CRYPTO GTの詳細ページはこちらから

【2位】FTXの詳細ページはこちらから

【3位】BYBITの詳細ページはこちらから

【☆おすすめのビットコインFX取引所☆】

ビットコインFXはロング(買い)以外にもショート(空売り)から入る事で下げ相場でも稼ぐ事が可能です☆

【1位】CRYPTO GTの詳細ページはこちらから

【2位】FTXの詳細ページはこちらから

【3位】BYBITの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200804135923j:plain

Coincheck(コインチェック)で法人口座を開設したいけれど、開設できるの?

もしできるとしたら、法人口座の開設方法を知りたい。

法人口座は節税効果があるって言うけれど、もっと詳しくCoincheck(コインチェック)で法人口座を開設するメリットを教えてほしい。

逆にCoincheck(コインチェック)で法人口座を開設するデメリットって、どのようなことがあるの?

Coincheck(コインチェック)の法人口座開設に疑問をいだいている方も多いのではないでしょうか。

Coincheck(コインチェック)の法人口座を分かりやすく解説

Coincheck(コインチェック)は、見やすい・使いやすいことから初心者に評判で、販売所での取引銘柄数が13種類と国内取引所トップクラスです。

取引所ではトレードビューを使い、コストを抑えてビットコイントレード可能と、Coincheck(コインチェック)は中級者以上にも評判と言えるでしょう。

Coincheck(コインチェック)で数千万円規模の利益獲得できるようになると、節税効果を考慮し法人口座の開設を考える方もいるはずです。

Coincheck(コインチェック)の法人口座開設のやり方

Coincheck(コインチェック)の法人口座開設のやり方は、以下の通りです。

  • 法人口座開設のやり方1:Coincheck(コインチェック)へアカウント登録
  • 法人口座開設のやり方2:SMS認証(電話番号認証)
  • 法人口座開設のやり方3:法人の実質的支配者の確認
  • 法人口座開設のやり方4:法人確認書類を提出する
  • 法人口座開設のやり方5:確認はがきの受け取り

ではひとつづつ詳しく見ていきましょう。

Coincheck(コインチェック)の法人口座開設:やり方1.アカウントを登録する

Coincheck(コインチェック)の「新規登録」からアカウント登録フォームを記入します。

「メールアドレス」「パスワード」を半角英数混在で8文字以上で入力し「法人として登録」を選択後「法人名」を記入、「メールアドレスで新規登録」をクリックしましょう。

メールアドレスは、法人所有ではなく仮想通貨(暗号資産)担当者のものでもかまいません。

Coincheck(コインチェック)から確認メールが配信されますので、指定URLをクリックすることで、法人口座を開設できます。

Coincheck(コインチェック)の法人口座開設:やり方2.SMS認証(電話番号認証)

個人口座と同じく、Coincheck(コインチェック)の法人口座開設でも電話番号を使いSMS認証を行います。

仮想通貨(暗号資産)担当者の携帯電話を使用します。

まずはCoincheck(コインチェック)へログインし、「電話番号」を入力後「SMSを送信する」をクリックしてください。

入力した携帯電話に6桁のSMS認証コードが配信されますので、「送信された認証コード」フォームに記入することで完了します。

Coincheck(コインチェック)の法人口座開設:やり方3.法人の実質的支配者の確認

Coincheck(コインチェック)の法人口座開設では、「犯罪による収益の移転防止に関する法律(犯罪収益移転防止法)」に則り、法人の実質的支配者を確認します。

法人の実質的支配者とは、法人の事業活動に支配的影響力を持つ個人をさし、法人収益の総額25%を超える配当・分配を受ける権利を持つ個人の方が、いない場合は融資・出資・取引などを通じて法人事業に支配的影響力を持つ個人の方が、いない場合は代表取締役が該当します。

いずれにしても個人をさし、Coincheck(コインチェック)の法人口座開設では、実質的支配者の名前・住所・生年月日などの確認が必要になります。

Coincheck(コインチェック)の法人口座開設:やり方4.法人確認書類を提出する

法人口座開設では法人確認書類をCoincheck(コインチェック)へ提出しなければいけません。

ただし発行や作成から6ヶ月以内または有効期限内の法人確認書類に限りますので、ご注意ください。

  • 履歴事項全部証明書の写し:全項
  • 法人名義の口座通帳で、名義および口座番号記載面のコピー
  • 取引担当者の本人確認書類:運転免許証・マイナンバーカード・パスポートなど
  • 取引担当者のセルフィ画像:本人確認書類と顔が一緒に写った画像
  • 【法人代表者と取引担当者が異なる場合】法人取引担当者届出書:Coincheck(コインチェック)からダウンロードし、記入

履歴事項全部証明書の写しは登記簿謄本をさし、法務局で取得できます。

Coincheck(コインチェック)の法人確認書類をすべて揃えたら、PNG・JPG形式の画像を鮮明に撮影し、アップロードしましょう。

「本人確認書類の確認が完了するまで1~2営業日お待ちください」と表示されれば、法人口座開設手続き完了となります。

Coincheck(コインチェック)の法人口座開設:やり方5.確認はがきの受け取り

Coincheck(コインチェック)で法人口座開設手続きが完了すると、登録メールアドレスに完了メールが配信されます。

過去の事例からおおよそ1週間前後で法人と担当者住所に、口座開設完了のはがきが送付されます。

はがきが届くことで、Coincheck(コインチェック)の法人口座開設を利用できます。

Coincheck(コインチェック)の法人口座のメリット

Coincheck(コインチェック)の法人口座のメリットは、主に節税効果です。

Coincheck(コインチェック)法人口座開設のメリット:個人口座よりも税率が低い

個人口座の所得税・住民税は獲得した利益に応じて、税率15%から55%とアップする累進課税方式を採用しています。

一方法人口座の法人税・法人事業税・法人住民税などの税率は、個々に異なるもののおおよそ25%から37%です。

Coincheck(コインチェック)で利益が少ない時期は、法人口座よりも個人口座のほうが税率が低いですが、多くの利益が見込めるようになると最大55%の個人口座は法人口座に比べ、圧倒的に税率が高くなってしまいます。

Coincheck(コインチェック)法人口座開設のメリット:他の所得との損益通算や繰越損失が認められない

個人口座による仮想通貨(暗号資産)の損失は、不動産所得や事業所得などのその他所得と相殺できないうえ、損失を翌年以降に持ち越せません。

一方法人口座は、事業所得などとCoincheck(コインチェック)の損益を相殺でき、赤字の残は翌年以降に持ち越し、あたらな利益と相殺することができます。

2019年4月に「欠損金の繰戻しによる還付制度」が施行され、最大10年間の欠損金を繰り越せるようになりました。

1年目が赤字、2年目が黒字だったとしても、トータルで黒字にならない場合は、支払った税金が還付されるのは、Coincheck(コインチェック)法人口座開設のメリットと言えるでしょう。

他にも法人口座では、Coincheck(コインチェック)の利益を役員報酬として受取、給与所得の控除を適用させることによって、個人の所得を抑えることも可能です。

Coincheck(コインチェック)の法人口座を分かりやすく解説まとめ

Coincheck(コインチェック)の法人口座開設のやり方は、流れに沿って行えば難しくありません。

法人口座開設のプロセスは個人口座とほぼ変わらないのがメリットと言えるでしょう。

Coincheck(コインチェック)法人口座を開設すると節税効果が期待できる一方、法人設立に莫大な時間と費用が発生し、継続的にコストがかかることも心得ておかなければいけません。

特に法人事業税と法人住民税はCoincheck(コインチェック)で利益0だったとしても、毎年コンスタントに7万円の支払いが発生すると心得ておきましょう。

また法人口座によるCoincheck(コインチェック)の利益も自由に使えるのではなく、法人として利用しなければいけないというデメリットも存在します。

法人の解体にも費用と手間がかかるため、安易な気持ちでCoincheck(コインチェック)の法人口座を開設することはおすすめできません。

このようなことを踏まえたうえで魅力を感じた方は、Coincheck(コインチェック)で法人口座を開設し節税効果にあやかりましょう。