ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

Coincheck(コインチェック)の信用取引を分かりやすく解説

【☆ビットコインの価格をすぐ確認出来る-おすすめ仮想通貨取引所☆】

【1】コインチェックの詳細ページはこちらから

【2】Bitbankの詳細ページはこちらから

【3】GMOコインの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200804135923j:plain

2020年頃から再び価格の高騰などで盛り上がりを見せている仮想通貨(暗号資産)。

そんな仮想通貨(暗号資産)の信用取引を、日本国内の仮想通貨(暗号資産)取引所であるCoincheck(コインチェック)で始めてみたいという人もいるでしょう。

レバレッジをかけて取引ができる信用取引であれば、手持ちの資金を短期間で大きな利益にすることも不可能ではありません。

そこで今回は、Coincheck(コインチェック)の信用取引を分かりやすく解説していきます。

Coincheck(コインチェック)の信用取引を分かりやすく解説

Coincheck(コインチェック)の信用取引はサービス終了!現在は現物取引のみ利用できる

そもそもCoincheck(コインチェック)の信用取引とは、簡単にいうとビットコインなどの仮想通貨(暗号資産)の担保をCoincheck(コインチェック)側に預けて、Coincheck(コインチェック)側からコインを借りて行う取引のことです。

手持ちの資金の数倍というレバレッジをきかせた取引ができるため、現物取引よりも短期間で大きな利益をあげられる可能性があります。

しかしCoincheck(コインチェック)では2020年3月13日をもって、信用取引サービスの提供を終了しているようです。

また2021年4月現在ではCoincheck(コインチェック)の信用取引サービスの再開予定などもでていません。

現在のところCoincheck(コインチェック)で仮想通貨(暗号資産)を使った売買で利用可能なのは、仮想通貨(暗号資産)の現物取引のみであり、Coincheck(コインチェック)販売所とCoincheck(コインチェック)取引所のみ利用可能です。

そのため、仮想通貨(暗号資産)を利用した信用取引を行いたいのであればCoincheck(コインチェック)以外の取引所で、信用取引に対応した取引所にアカウント開設を行う必要があるでしょう。

Coincheck(コインチェック)以外で信用取引ができるおすすめの仮想通貨(暗号資産)取引所

Coincheck(コインチェック)の信用取引サービスは2020年3月に終了しており、現在は仮想通貨(暗号資産)の現物取引のみが利用できるようになっています。

そのため仮想通貨(暗号資産)の信用取引を行うのであれば、Coincheck(コインチェック)以外の仮想通貨(暗号資産)取引所にアカウント開設を行う必要があるでしょう。

ここでは、Coincheck(コインチェック)以外の仮想通貨(暗号資産)の信用取引に対応したおすすめの仮想通貨(暗号資産)取引所を紹介していきます。

信用取引におすすめの仮想通貨(暗号資産)取引所 bitFlyer(ビットフライヤー)

Coincheck(コインチェック)とほぼ同時期に、国内の仮想通貨(暗号資産)取引所として盛り上がりを見せていたbitFlyer(ビットフライヤー)は、現在でも仮想通貨(暗号資産)の信用取引を行うことが可能です。

bitFlyer(ビットフライヤー)の信用取引は、信用取引専用のサービスとなるbitFlyer(ビットフライヤー)Lightningというサービスを利用して取引することができます。

またbitFlyer(ビットフライヤー)の信用取引で利用可能なコイン銘柄はビットコイン(BTC/JPY)であり、最大2倍のレバレッジをかけて信用取引が可能です。

取引できるコイン銘柄は1種類となっていますが、ビットコインの信用取引から始めてみたいという人にはおすすめの取引所だといえるでしょう。

信用取引におすすめの仮想通貨(暗号資産)取引所 GMOビットコイン

Coincheck(コインチェック)やbitFlyer(ビットフライヤー)と同じように、日本国内の仮想通貨(暗号資産)取引所の中で信用取引ができる取引所がGMOビットコインです。

GMOコインでは、ビットコイン(BTC/JPY)をはじめ、イーサリアム(ETH/JPY)、ビットコインキャッシュ(BCH/JPY)、ライトコイン(LTC/JPY)、リップル(XRP/JPY)、ネム(XEM/JPY)、ステラルーメン(XLM/JPY)など10種類以上の仮想通貨(暗号資産)の信用取引ができるようになっています。

レバレッジの最大値は4倍となっており、GMOビットコイントレード専用の「ビットレ君」を活用して、為替FXトレードのような仮想通貨(暗号資産)の信用取引を楽しむことができるでしょう。

専用のスマホアプリが登場していますので、アプリメインでのトレードをしたいという人にもおすすめです。

信用取引におすすめの仮想通貨(暗号資産)取引所 DMM Bitcoin 

Coincheck(コインチェック)のような国内の仮想通貨(暗号資産)取引所の中で、もう1つ先物取引ができるおすすめの取引所となるのが、DMM Bitcoinでしょう。

DMM Bitcoinでは、ビットコイン(BTC/JPY)、イーサリアム(ETH/JPY)、リップル(XRP/JPY)、ビットコインキャッシュ(BCH/JPY)、ライトコイン(LTC/JPY)、ネム(XEM/JPY)、イーサリアムクラシック(ETC/JPY)、ベーシックアテンショントークン(BAT/JPY)、クアンタム(Qtam/JPY)、ステラルーメン(XLM/JPY)、モナコイン(MONA/JPY)など11種類の仮想通貨(暗号資産)の信用取引が可能です。

レバレッジの最大値は2倍となっており、こちらも専用のスマホアプリを使ったトレードができるようになっています。

信用取引におすすめの仮想通貨(暗号資産)取引所 CryptoGT(クリプトGT)

仮想通貨(暗号資産)の信用取引を行う上で、取引する仮想通貨(暗号資産)の種類を増やしたい人やレバレッジをもっとかけてトレードしたいという人におすすめなのがCryptoGT(クリプトGT)です。

CryptoGT(クリプトGT)は、海外の仮想通貨(暗号資産)取引所にはなっていますが、最大500倍というレバレッジをかけた仮想通貨(暗号資産)の信用取引ができるようになっています。

また取扱している仮想通貨(暗号資産)ペアも数十種類以上となっており、メジャーな通貨から「草コインと呼ばれるようなマイナー通貨の信用取引も可能です。

日本国内の仮想通貨(暗号資産)取引所のように日本円での送金ができず、全て仮想通貨(暗号資産)で入出金を行う形になりますが、仮想通貨(暗号資産)のハイレバレッジトレードにチャレンジしたい人にはおすすめの取引所だといえるでしょう。

Coincheck(コインチェック)の信用取引を分かりやすく解説まとめ

今回は、Coincheck(コインチェック)の信用取引を分かりやすく解説してきました。

Coincheck(コインチェック)では、2020年3月をもって信用取引を終了していますが、国内・海外の取引所ではまだまだ仮想通貨(暗号資産)の信用取引に対応した取引所は多くなっています。

ここで紹介した取引所などを参考に、信用取引の条件などをしっかりチェックした上で利用する取引所を選んでみてくださいね。