ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

Coincheck(コインチェック)の入金方法・入金手数料・反映時間を分かりやすく解説

【☆おすすめのビットコインFX取引所☆】

ビットコインFXはロング(買い)以外にもショート(空売り)から入る事で下げ相場でも稼ぐ事が可能です☆

【1位】CRYPTO GTの詳細ページはこちらから

【2位】FTXの詳細ページはこちらから

【3位】BYBITの詳細ページはこちらから

【☆おすすめのビットコインFX取引所☆】

ビットコインFXはロング(買い)以外にもショート(空売り)から入る事で下げ相場でも稼ぐ事が可能です☆

【1位】CRYPTO GTの詳細ページはこちらから

【2位】FTXの詳細ページはこちらから

【3位】BYBITの詳細ページはこちらから

【☆おすすめのビットコインFX取引所☆】

ビットコインFXはロング(買い)以外にもショート(空売り)から入る事で下げ相場でも稼ぐ事が可能です☆

【1位】CRYPTO GTの詳細ページはこちらから

【2位】FTXの詳細ページはこちらから

【3位】BYBITの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200804135923j:plain

2021年に入り再び価格の高騰など盛り上がりを見せている仮想通貨(暗号資産)。

そんな仮想通貨(暗号資産)取引をこれから始めてみたいという人の中には、Coincheck(コインチェック)で取引を始めたいという人もいるのではないでしょうか。

Coincheck(コインチェック)では日本円や仮想通貨(暗号資産)を利用した入金が可能です。

そこで今回は、Coincheck(コインチェック)の入金方法・入金手数料・反映時間を分かりやすく解説していきます。

Coincheck(コインチェック)の入金方法・入金手数料・反映時間を分かりやすく解説

Coincheck(コインチェック)の入金方法

それでは実際にCoincheck(コインチェック)への具体的な入金方法をみていきましょう。

Coincheck(コインチェック)の入金方法は日本円を入金するのか仮想通貨(暗号資産)を入金するのかで入金方法が大きく変わってきますので、それぞれの入金方法を紹介していきます。

Coincheck(コインチェック)の入金方法 日本円を入金する方法

Coincheck(コインチェック)の入金方法として日本円を入金する場合には、以下の3つの方法のいずれかを選んで手順を行っていきましょう。

  • 銀行振込での入金
  • コンビニ入金
  • クイック入金

銀行振込を利用する場合の入金方法

まずは銀行振込またはクイック入金を利用する場合の入金方法を紹介します。

Coincheck(コインチェック)の公式サイトにログインし、マイページ右側に表示されているメニュー一覧から「日本円の入金」をクリックしていきましょう。

さらに3つの入金方法が利用できるようになりますので、その中から「銀行振込」を選択していきましょう。

Coincheck(コインチェック)の入金用口座情報が表示されるので、ATMやネットバンクなどを利用して指定された銀行への振り込みを行ってください。

コンビニ入金を利用する場合の入金方法

続いてコンビニ入金を利用する方法をみていきましょう。

コンビニ入金を行う場合にも、まずはCoincheck(コインチェック)の公式サイトやアプリを使って入金手続きを行います。

メニュー画面にある「日本円の入金」をクリックしてさらに「コンビニ入金」をクリックしていきましょう。

氏名や決済金額を入力した上で「決済申請」をクリックすると支払い先のコンビニ選択画面になりますので、入金先のコンビニを選択して「次へ」をクリックしてください。

決済時に必要な決済番号が表示されるので、選択したコンビニで支払いを行いましょう。 決済が完了するとCoincheck(コインチェック)に入金額が反映されます。

クイック入金を利用する場合の入金方法

Coincheck(コインチェック)のクイック入金を利用した入金方法です。

メニュー画面にある「日本円の入金」をクリックしてさらに「クイック入金」をクリックしていきましょう。

クイック入金の入力画面が表示されるので氏名や入金金額などを入力して「決済申請」をクリックすると「決済番号」が表示されます。

決済番号を取得したらインターネットバンキングやATMからペイジーを利用して入金を行うとCoincheck(コインチェック)に入金が反映されるでしょう。

Coincheck(コインチェック)の入金方法 仮想通貨(暗号資産)を入金する方法

Coincheck(コインチェック)では日本円の他にも仮想通貨(暗号資産)を利用した入金方法も利用できるようになっています。

Coincheck(コインチェック)へ入金できる仮想通貨(暗号資産)の種類は以下の通りです。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • イーサクラシック
  • リップル
  • リスク
  • ファクトム
  • ネム
  • ライトコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • モナコイン
  • ステラルーメン
  • Qtum
  • BAT
  • iOST
  • エンジンコイン

仮想通貨(暗号資産)の具体的な入金方法としては、まずはCoincheck(コインチェック)の公式サイト右側に表示されているメニュー一覧から「コインを受取」をクリックしていきましょう。

入金したいコイン銘柄をクリックすると、入金アドレスが表示されるのでコピーして、送金元の出金手続き画面に貼り付けていきましょう。

Coincheck(コインチェック)の入金手数料

Coincheck(コインチェック)で発生する入金手数料は、日本円の入金か仮想通貨(暗号資産)の入金かで異なってきます。

さらに日本円の入金の場合には、入金方法によっても入金手数料が変化するようです。

Coincheck(コインチェック)の日本円の入金手数料

  • 銀行振込の場合...入金手数料無料(ただし利用するATMやネットバンキングによっては送金手数料が別途で発生する可能性あり)
  • コンビニ入金の場合...3万円未満770円/3万円以上30万円以下1,018円
  • クイック入金の場合...3万円未満770円/3万円以上50万円未満1018円/50万円以上は入金金額×0.11%+495円

仮想通貨(暗号資産)の入金手数料に関しては、基本的に無料となっています。

ただし送金元のウォレットや仮想通貨(暗号資産)取引所によっては出金手数料が発生するところもありますので事前に確認を行ってください。

Coincheck(コインチェック)の入金反映時間

Coincheck(コインチェック)の入金反映時間も日本円の入金か仮想通貨(暗号資産)の入金によって異なります。

さらに日本円の入金の場合には、入金方法によっても反映時間が異なるようです。

  • 日本円での銀行振込による入金...Coincheck(コインチェック)側で確認完了後即時
  • 日本円でのコンビニ入金...即時反映
  • 日本円でのクイック入金...即時反映
  • 仮想通貨(暗号資産)の入金...数分〜1日以内

仮想通貨(暗号資産)の場合には、送金の混雑状況によっても送金反映時間が大きく変化する傾向があります。

基本的に仮想通貨(暗号資産)全体の取引量がそれほど多くないような時期であれば、入金反映時間も比較的早めになりますので、早ければ数分くらいで反映が完了するようです。

逆に仮想通貨(暗号資産)の急な価格の高騰や暴落などにより、仮想通貨(暗号資産)全体の取引量が一気に増えるような自体があれば入金反映時間が数日ほどかかってしまうこともあります。

数日が経過しても入金が反映されないようであればCoincheck(コインチェック)や送金元の取引所などに送金状況を確認してみるのがよいでしょう。

Coincheck(コインチェック)の入金方法・入金手数料・反映時間を分かりやすく解説まとめ

今回は、Coincheck(コインチェック)の入金方法・入金手数料・反映時間を分かりやすく解説してきました。

Coincheck(コインチェック)の入金方法は日本円と仮想通貨(暗号資産)が利用できるようになっています。

利用する入金方法などによっても入金手数料や入金反映時間は異なってきますので、事前にしっかり確認してから手続きを行っていきましょう。