ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

Coincheck(コインチェック)の取扱銘柄(取扱通貨)を分かりやすく解説

【☆おすすめの仮想通貨取引所-解説ページ☆】

【1】コインチェックの詳細ページはこちらから

【2】Huobiの詳細ページはこちらから

【3】DeCurretの詳細ページはこちらから

【4】Bitbankの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200804135923j:plain

2020年〜2021年にかけて価格の高騰など、再び盛り上がりを見せている仮想通貨(暗号資産)。

そんな仮想通貨(暗号資産)取引をこれからCoincheck(コインチェック)で始めてみたいという人もいるでしょう。

さらには特定の仮想通貨(暗号資産)銘柄を取引したいという人の中には、Coincheck(コインチェック)の取扱銘柄(取扱通貨)について詳しく知りたいという人もいますよね。

そこで今回は、Coincheck(コインチェック)の取扱銘柄(取扱通貨)を分かりやすく解説していきます。

Coincheck(コインチェック)の取扱銘柄(取扱通貨)を分かりやすく解説

Coincheck(コインチェック)の取扱銘柄(取扱通貨) 入金可能なコイン銘柄

これからCoincheck(コインチェック)を利用したいという人の中には、すでに他の仮想通貨(暗号資産)取引所やウォレットなどで仮想通貨(暗号資産)を保有しているという人もいるでしょう。

他の取引所やウォレットで保有している仮想通貨(暗号資産)でもCoincheck(コインチェック)の入金可能な取扱銘柄(取扱通貨)であれば、一旦日本円やビットコインへの交換が不要でダイレクトに送金手続きを行うことができます。

Coincheck(コインチェック)で入金可能な取扱銘柄(取扱通貨)は以下の通りです。

  • ビットコイン(BTC)
  • リップル(XRP)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • OMG

上記のいずれかに該当するコイン銘柄であれば、送金元からCoincheck(コインチェック)に直接入金することができるでしょう。

Coincheck(コインチェック)の取扱銘柄(取扱通貨) 出金可能なコイン銘柄

Coincheck(コインチェック)では、Coincheck(コインチェック)から外部の仮想通貨(暗号資産)取引所やウォレットに取扱銘柄(取扱通貨)を出金することも可能です。

Coincheck(コインチェック)から外部への出金を行う場合には、Coincheck(コインチェック)の取扱銘柄(取扱通貨)であることと、出金先が入金可能な通貨銘柄であることが条件となります。

Coincheck(コインチェック)の出金可能な取扱銘柄(取扱通貨)であっても、出金先で扱っていないコイン銘柄の場合には、Coincheck(コインチェック)から出金を行うことはできません。

Coincheck(コインチェック)から出金可能な取扱銘柄(取扱通貨)は、以下の通りです。

  • ビットコイン(BTC)
  • リップル(XRP)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • OMG

上記に該当するコイン銘柄でCoincheck(コインチェック)から外部への出金を行いたい場合には、出金先が受け入れられるコイン銘柄なのかどうかも一緒に確認していきましょう。

また基本的に出金手続きは、Coincheck(コインチェック)の「コイン送金」メニューより、出金先アドレスと出金量を入力することによって手続きができるようになっています。

ただしリップル(XRP)など、特定の取扱銘柄(取扱通貨)では特定のタグの入力などが必要になるものもありますので、事前に送金するコイン銘柄の送金方法を確認してから手続きを行ってください。

Coincheck(コインチェック)の取扱銘柄(取扱通貨) 販売所にて取引可能なコイン銘柄

Coincheck(コインチェック)で仮想通貨(暗号資産)の売買を行う場合、「販売所」と「取引所」という2つのサービスを利用することができます。

そのうちCoincheck(コインチェック)のユーザーがCoincheck(コインチェック)という企業の保有している仮想通貨(暗号資産)を売ったり買ったりできるのが、「販売所」です。

Coincheck(コインチェック)の販売所では、以下のような取扱銘柄(取扱通貨)を使って、仮想通貨(暗号資産)の売買が行えるようになっています。

  • ビットコイン(BTC/JPY)
  • リップル(XRP/JPY)
  • イーサリアム(ETH/JPY)
  • イーサリアムクラシック(ETC/JPY)
  • リスク(LSK/JPY)
  • ファクトム(FCT/JPY)
  • ネム(XEM/JPY)
  • ライトコイン(LTC/JPY)
  • ビットコインキャッシュ(BCH/JPY)
  • モナコイン(MONA/JPY)
  • ステラルーメン(XLM/JPY)
  • クアンタム(QTUM/JPY)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT/JPY)
  • アイオーエスティー(IOST/JPY)
  • エンジンコイン(ENJ/JPY)
  • OMG

Coincheck(コインチェック)の販売所では、ビットコインやイーサリアム、リップルなどのメジャーな銘柄の他に、新進気鋭のコイン銘柄も取扱銘柄(取扱通貨)としてラインナップされています。

またCoincheck(コインチェック)販売所の取扱銘柄(取扱通貨)は、サービス提供開始以来少しずつ増えているのも特徴です。

一番新しいCoincheck(コインチェック)の上場銘柄にはエンジンコインがありますが、上場するタイミングで大きな価格変動などが起きることも多く、初期に買っておくと価格が上昇していく銘柄も多くなっています。

Coincheck(コインチェック)の取扱銘柄(取扱通貨) 取引所にて取引可能なコイン銘柄

Coincheck(コインチェック)で仮想通貨(暗号資産)の売買で、Coincheck(コインチェック)を介してユーザー同士が取扱銘柄(取扱通貨)の売買を行うのが仮想通貨(暗号資産)の取引所です。

Coincheck(コインチェック)を相手に売買を行う販売所の場合、複数の取扱銘柄(取扱通貨)が揃っていましたよね。

しかしCoincheck(コインチェック)の取引所で取引可能な取扱銘柄(取扱通貨)は、ビットコイン(BTC/JPY)のみです。

よってCoincheck(コインチェック)でアルトコインの取引をしたい場合には、自動的にCoincheck(コインチェック)販売所を利用していくことになるでしょう。

Coincheck(コインチェック)の取扱銘柄(取扱通貨)を分かりやすく解説まとめ

今回は、Coincheck(コインチェック)の取扱銘柄(取扱通貨)を分かりやすく解説してきました。

Coincheck(コインチェック)の取扱銘柄(取扱通貨)は、利用するサービスによっても若干の違いがあります。

Coincheck(コインチェック)で自分がどの取引をしたいのかを確認した上で、取扱銘柄(取扱通貨)を確認していきましょう。