ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

Coincheck(コインチェック)の取扱銘柄(取扱通貨)を分かりやすく解説

f:id:zero_requiem21:20200804135923j:plain

Coincheck(コインチェック)では、どのような取扱銘柄(取扱通貨)があるの?

現在のCoincheck(コインチェック)の取扱銘柄(取扱通貨)を知りたい。

Coincheck(コインチェック)の各取扱銘柄(取扱通貨)にはどのような特徴があるの あなたは今、このようにお考えですよね。

仮想通貨(暗号資産)初心者の方に向けて、Coincheck(コインチェック)の取扱銘柄(取扱通貨)について解説します。

Coincheck(コインチェック)の取扱銘柄(取扱通貨)を分かりやすく解説

Coincheck(コインチェック)の取扱銘柄(取扱通貨)は、需要によって変化しつつあるものの、2020年8月6日現在では以下13種類を扱っています。

  • ビットコイン(BTC):販売所・取引所
  • イーサリアム(ETH):販売所
  • イーサリアムクラシック(ETC):販売所
  • リスク(LSK):販売所
  • ファクトム(FCT):販売所・取引所
  • リップル(XRP):販売所
  • ネム(XEM):販売所
  • ライトコイン(LTC):販売所
  • ビットコインキャッシュ(BCH):販売所
  • モナコイン(MONA):販売所
  • ステラルーメン(XLM):販売所
  • クアンタム(QTUM):販売所
  • ベーシックアテンショントークン(BAT):販売所

Coincheck(コインチェック)の取扱銘柄(取扱通貨)は、販売所と取引所で上のように異なります。

販売所はCoincheck(コインチェック)と仮想通貨(暗号資産)を売買するスタイルで、取引所はCoincheck(コインチェック)ユーザー同士で交換しあうトレードスタイルを採用しています。

Coincheck(コインチェック)の販売所では全取扱銘柄(取扱通貨)がある中、取引所の取扱銘柄(取扱通貨)はビットコインとファクトムのみです。

国内仮想通貨(暗号資産)販売所や取引所の中でも、Coincheck(コインチェック)の取扱銘柄(取扱通貨)の種類は多く、他社で扱われていない通貨を売買できるのは大きな特徴と言えるでしょう。

ではCoincheck(コインチェック)の取扱銘柄(取扱通貨)の特徴をみていきます。

Coincheck(コインチェック)の取扱銘柄(取扱通貨):ビットコイン(BTC)

ビットコイン(BTC)は仮想通貨(暗号資産)認知のきっかけとなった、Coincheck(コインチェック)の代表的な取扱銘柄(取扱通貨)です。

ブロックチェーン技術を活用し非中央集権のもと管理されているビットコイン(BTC)は、グローバル通貨や決済手段として活用されはじめています。

仮想通貨(暗号資産)の中でもビットコイン(BTC)は取引量トップを誇り、ブームが下降気味である現在でも取引され続けているCoincheck(コインチェック)の取扱銘柄(取扱通貨)です。

Coincheck(コインチェック)の取扱銘柄(取扱通貨):イーサリアム(ETH)

イーサリアム(ETH)は、アルトコイン代表各のひとつであり、Coincheck(コインチェック)の取扱銘柄(取扱通貨)のひとつです。

取引や契約履歴を記録・実行するスマートコントラクト技術を採用したイーサリアム(ETH)は、主にアプリ開発で活用されています。

Coincheck(コインチェック)の取扱銘柄(取扱通貨):イーサリアムクラシック(ETC)

イーサリアムクラシック(ETC)は、The DAO事件によってイーサリアム(ETH)から派生した、Coincheck(コインチェック)の取扱銘柄(取扱通貨)です。

スマートコントラクトに加え、IoTへの導入などイーサリアムとの差別化を図るために開発が進められています。

Coincheck(コインチェック)の取扱銘柄(取扱通貨):リスク(LSK)

イーサリアム同様、スマートコントラクト技術を採用・開発が進められているリスク(LSK)も、Coincheck(コインチェック)の取扱銘柄(取扱通貨)のひとつです。

スマートコントラクトをJavaScriptで開発できるのはイーサリアムとの大きな違いであり、近年リスク(LSK)が注目されている理由と言えるでしょう。

Coincheck(コインチェック)の取扱銘柄(取扱通貨):ファクトム(FCT)

M2という独自のブロックチェーン上に記録や書類を管理できるファクトム(FCT)は、Coincheck(コインチェック)で注目の取扱銘柄(取扱通貨)です。

ビットコイン2.0と呼ばれ、ビットコインやイーサリアム上で管理できることから、非常に将来性の高い通貨と言えるでしょう。

Coincheck(コインチェック)の取扱銘柄(取扱通貨):リップル(XRP)

低コストでスピーディに送金・決済できる技術を掲げるリップル(XRP)は、以前から注目され続けているCoincheck(コインチェック)の取扱銘柄(取扱通貨)です。

googleが出資しすでに多くの国際金融機関で導入されている、注目の仮想通貨(暗号資産)と言えるでしょう。

Coincheck(コインチェック)の取扱銘柄(取扱通貨):ネム(XEM)

明確な目的を持たず、漠然と新たな経済活動のために開発されたネム(XEM)は、Coincheck(コインチェック)の取扱銘柄(取扱通貨)のひとつです。

ネム(XEM)は、Zaifと提携し、取引の承認スピードを向上させる技術であるため、今後の活用に期待できる仮想通貨(暗号資産)と言えるでしょう。

Coincheck(コインチェック)の取扱銘柄(取扱通貨):ライトコイン(LTC)

決済技術として開発されたライトコイン(LTC)も、Coincheck(コインチェック)の取扱銘柄(取扱通貨)のひとつです。

ブロック生成に時間がかかるビットコインの欠点をカバーし、スピーディに決済手段として期待されています。

Coincheck(コインチェック)の取扱銘柄(取扱通貨):ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインから派生して誕生したビットコインキャッシュ(BCH)も、Coincheck(コインチェック)の取扱銘柄(取扱通貨)です。

ブロックサイズがビットコインの8倍を誇るため、手数料が高くなってしまう、送金スピードなどビットコインのデメリットをカバーできることが大きな特徴です。

Coincheck(コインチェック)の取扱銘柄(取扱通貨):モナコイン(MONA)

日本発祥、国内流通しているモナコイン(MONA)も、Coincheck(コインチェック)の取扱銘柄(取扱通貨)です。

ライトコインをもとに開発され、ライトコイン同様に決済スピードに期待できる仮想通貨(暗号資産)と言えるでしょう。

Coincheck(コインチェック)の取扱銘柄(取扱通貨):ステラルーメン(XLM)

グローバル送金をスピーディかつ低コストに行うために開発されたステラルーメン(XLM)も、Coincheck(コインチェック)の取扱銘柄(取扱通貨)です。

少額にも対応しているため個人でも利用しやすいことが、決済技術を持つその他の取扱銘柄(取扱通貨)との大きな違いでしょう。

Coincheck(コインチェック)の取扱銘柄(取扱通貨):クアンタム(QTUM)

ビットコインとイーサリアムのメリットを集結させたクアンタム(QTUM)も、Coincheck(コインチェック)の取扱銘柄(取扱通貨)のひとつです。

「UTXO」「スマートコントラクト」を採用しているため、非常に注目されている仮想通貨(暗号資産)と言えるでしょう。

Coincheck(コインチェック)の取扱銘柄(取扱通貨):ベーシックアテンショントークン(BAT)

ウェブブラウザBraveで利用される技術であるベーシックアテンショントークン(BAT)は、Coincheck(コインチェック)の取扱銘柄(取扱通貨)のひとつです。

ユーザーがBraveを利用するときに表示される広告をコントロールしたり、ユーザーがニーズに合った広告を閲覧したりすることで、発生する収益を獲得・ポイントとして利用できる仮想通貨(暗号資産)です。

Coincheck(コインチェック)の取扱銘柄(取扱通貨)を分かりやすく解説まとめ

Coincheck(コインチェック)の取扱銘柄(取扱通貨)を解説しました。

比較的需要が高い取扱銘柄(取扱通貨)が揃うCoincheck(コインチェック)は、非常におすすめの仮想通貨(暗号資産)取引所と言えるでしょう。

ぜひご活用ください。