ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

Coincheck(コインチェック)の二段階認証の設定方法と解除方法を分かりやすく解説

【☆おすすめのビットコインFX取引所☆】

ビットコインFXはロング(買い)以外にもショート(空売り)から入る事で下げ相場でも稼ぐ事が可能です☆

【1位】CRYPTO GTの詳細ページはこちらから

【2位】FTXの詳細ページはこちらから

【3位】BYBITの詳細ページはこちらから

【☆おすすめのビットコインFX取引所☆】

ビットコインFXはロング(買い)以外にもショート(空売り)から入る事で下げ相場でも稼ぐ事が可能です☆

【1位】CRYPTO GTの詳細ページはこちらから

【2位】FTXの詳細ページはこちらから

【3位】BYBITの詳細ページはこちらから

【☆おすすめのビットコインFX取引所☆】

ビットコインFXはロング(買い)以外にもショート(空売り)から入る事で下げ相場でも稼ぐ事が可能です☆

【1位】CRYPTO GTの詳細ページはこちらから

【2位】FTXの詳細ページはこちらから

【3位】BYBITの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200804135923j:plain

Coincheck(コインチェック)の二段階認証を設定したいけれど、やり方はどのようにすればいいの?

二段階認証の解除方法も併せて知りたい。

ところでCoincheck(コインチェック)で二段階認証を設定するメリットってなに?

Coincheck(コインチェック)の二段階認証は、悪意ある外部からの攻撃を防ぐためのセキュリティ対策をさしています。

Coincheck(コインチェック)の二段階認証の設定方法と解除方法を分かりやすく解説

Coincheck(コインチェック)の二段階認証の設定方法は、ハッキングによって仮想通貨(暗号資産)が奪われてしまったり、個人情報を抜き取られてしまったりすることを防ぐことができます。

基本的にCoincheck(コインチェック)のセキュリティとして、口座開設のアカウント登録時に電話番号によるSMS認証を行います。

二段階認証はSMS認証とは別物であり、設定することによってより強力にCoincheck(コインチェック)の口座や資産を守ることができます。

Coincheck(コインチェック)二段階認証の設定方法

さっそくCoincheck(コインチェック)の二段階認証の設定方法を流れに沿ってみていきましょう。

Coincheck(コインチェック)の二段階認証:設定方法1.二段階認証ページへアクセス

Coincheck(コインチェック)へログインしマイページの「設定」アイコンを選択します。

Coincheck(コインチェック)の二段階認証:設定方法2.二段階認証アプリを取得

Coincheck(コインチェック)では二段階認証アプリ「Google Authenticator」によって二段階認証の設定をし、認証を行います。

二段階認証ページから、自分のスマホに応じてiOSまたはアンドロイドを取得しましょう。

Coincheck(コインチェック)の「iOSアプリ」「Androidアプリ」リンクからでなくても、各スマホのアプリストアからも取得可能です。

Google Authenticatorのダウンロードとインストールを完了させてください。

Coincheck(コインチェック)の二段階認証:設定方法3.二段階認証の設定

Coincheck(コインチェック)の「設定する」をクリックします。

同時に二段階認証アプリも起動し、認証コードスキャンページへアクセスします。

上の画像はiOSアプリですが、二段階認証コードのスキャンページへのアクセス方法は「+」アイコンをクリックし「バーコードをスキャン」をクリックし、スキャナーを起動します。

同じくアンドロイドの場合もスキャナーを起動してください。

Coincheck(コインチェック)に表示されているORコードを、認証アプリでスキャンしましょう。

すると認証アプリ内に、Coincheck(コインチェック)のワンタイムパスコードが表示されます。

つづいてQRコード下の、ステップ2に記されている「シークレットキー」をスクショするまたは紙に書くなどして大切に保管してください。

機種変更やスマホ紛失・破損などのときに必ず必要になる重要な情報ですので、大切に保管しましょう。

ステップ3に、自分の生年月日を入力します。法人の場合は取引担当者の生年月日を入力してください。

ステップ4では、ふたたび認証アプリに戻り、Coincheck(コインチェック)欄に表示されている6桁のワンタイムパスコードを入力し「設定する」をクリックします。

ワンタイムパスコードは数秒ごとに切り替わり、制限時間が短くなると赤く表示されます。

青く表示されていれば制限時間が長いため、青く表示されているタイミングでパスコードを取得し入力しましょう。

「設定済みです」と表示されれば、Coincheck(コインチェック)の二段階認証設定が完了します。

Coincheck(コインチェック)二段階認証の設定方法後、認証を求められるシーン

Coincheck(コインチェック)で二段階認証を設定すると、以下のシーンで二段階認証を求められるようになります。

  • ログイン
  • 送金の実行
  • 送金アドレスの追加
  • APIキーの新規作成と更新

二段階認証を求められたら認証アプリを起動し、ワンタイムパスコードを取得してCoincheck(コインチェック)へ入力しましょう。

ひと手間かかってしまう二段階認証を面倒に感じる方もいるかもしれませんが、Coincheck(コインチェック)で資産を保有している場合は資産盗難を防ぐためにも必ず設定してください。

Coincheck(コインチェック)二段階認証の解除方法

Coincheck(コインチェック)の二段階認証の解除方法の流れは以下の通りです。

Coincheck(コインチェック)の二段階認証:解除方法1.二段階認証ページへアクセス

二段階認証を設定したときと同じように、Coincheck(コインチェック)のマイページ⇒「機能・設定」アイコン→「二段階認証」へアクセスします。

Coincheck(コインチェック)の二段階認証:解除方法2.解除を設定する

認証アプリを起動し表示されたCoincheck(コインチェック)のワンタイムパスコードを、Coincheck(コインチェック)に表示されたフォームへ記入し「設定解除」ボタンをクリックします。

するとCoincheck(コインチェック)に「2段階認証が完了しました」と表示されます。 これで二段階認証の解除方法は完了です。

Coincheck(コインチェック)二段階認証。解除方法の注意点

ただしCoincheck(コインチェック)で二段階認証を設定後、すぐに解除しようとすると「2分以内の場合は二段階認証を解除できません」と表示されることがあります。

筆者がCoincheck(コインチェック)で設定した二段階認証をすぐに解除しようとしたとき、1回目は上のように表示されましたが、別の日に同じように解除手続きを行った場合はすぐに解除することができました。

よってCoincheck(コインチェック)では時間が経ってから二段階認証を解除するよう、毎回表示されるわけではないようです。

万が一表示されてしまった場合は、時間をおいたのち再解除方法を踏みましょう。

Coincheck(コインチェック)の二段階認証の設定方法と解除方法を分かりやすく解説まとめ

Coincheck(コインチェック)の二段階認証の設定方法と解除方法を解説しました。

二段階認証の設定方法は難しくありません。

認証アプリも各アプリストアから取得でき、Coincheck(コインチェック)の手順に沿って行えば、迷わず完了するはずです。

同じく二段階認証の解除方法もたった1ステップですので、スピーディに完了します。

Coincheck(コインチェック)に仮想通貨(暗号資産)をお持ちの方にとって二段階認証は必須ですので、必ず設定を行ってください。