ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

Coincheck(コインチェック)の安全性と危険性の評判を分かりやすく解説

f:id:zero_requiem21:20200804135923j:plain

Coincheck(コインチェック)の安全性はどのようになっているの?

過去に流出事件を起こしたCoincheck(コインチェック)の危険性が気になる…

Coincheck(コインチェック)の評判を知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

これからCoincheck(コインチェック)のご利用を検討している方に向け、安全性や危険性、そして現在の評判について解説します。

Coincheck(コインチェック)の安全性と危険性や評判を分かりやすく解説

Coincheck(コインチェック)は2012年に設立された、国内仮想通貨(暗号資産)取引所です。

過去に仮想通貨(暗号資産)の被害を受けていますが、事件をきっかけにマネックス証券の子会社となり、安全性の高い仮想通貨(暗号資産)取引所に生まれ変わりました。

大手証券会社のノウハウを活かしたセキュリティによって、Coincheck(コインチェック)の安全性は高まり、危険性に対する評判も回復しています。

Coincheck(コインチェック)は危険性が高い仮想通貨(暗号資産)取引所であるというのは、もう過去の話です。

Coincheck(コインチェック)の安全性。危険性から評判を落としたXEM流出事件とは?

2018年1月26日、Coincheck(コインチェック)でハッキング事件が発生、数十億円規模のNEMが流出しました。

Coincheck(コインチェック)からXEMが流出した原因は、顧客資金をホットウォレットで管理していたことです。

本来ならオフラインであるコールドウォレットで厳重に管理されるべき顧客資金を、入出金や送金に対する利便性の高さからホットウォレットで管理していたことが流出の原因でした。

外部ネットワークとつながったホットウォレットの秘密鍵をマルウエア感染によって奪われてしまい、Coincheck(コインチェック)から顧客資金が流出してしまったのです。

NEM流出事件によってCoincheck(コインチェック)の安全性が問わたことはもちろん、仮想通貨(暗号資産)の危険性も疑われるようになってしまい、業界全体の評判を落としてしまったことも事実と言えるでしょう。

Coincheck(コインチェック)の安全性は回復。危険性の低さとともに評判の理由

Coincheck(コインチェック)はマネックス証券に買収されることで、大手証券会社のセキュリティノウハウや資金確保によって安全性に対する評判を回復しました。

セキュリティに対する安全性のアップとともに、Coincheck(コインチェック)が評判の理由は以下の理由があげられます。

Coincheck(コインチェック)は見やすい・使いやすいと初心者からも評判

危険性について問われていたCoincheck(コインチェック)ですが、安全性を回復し初心者からも見やすい・使いやすい取引所として評判です。

入金・コインを買う・送金するなど、メニューが明確で仮想通貨(暗号資産)初心者でも迷わず使うことができます。

Coincheck(コインチェック)は販売所と取引所を明確にわけており、コイン売買の難易度の低い販売所でコインを買うことができるのがCoincheck(コインチェック)の評判の高さだと言えるでしょう。

初心者が使いにくいと感じる取引所も、Coincheck(コインチェック)では注文フォームと板情報のみとシンプルなつくりです。

仮想通貨(暗号資産)初心者に評判のCoincheck(コインチェック)は、投資経験がない方にもおすすめです。

Coincheck(コインチェック)の危険性は手数料の高さから!?実は安く安全性が高いと評判

Coincheck(コインチェック)は手数料が高く、資金面の危険性も口コミ評判で多く聞かれています。

手数料が高いのは販売所で、Coincheck(コインチェック)の取引手数料は無料ですので、取引コストの安全性も高いと言えるでしょう。

取引所ではビットコインとファクトムでしか取引できませんが、2つの銘柄については販売所より圧倒的に安い手数料で購入でき、評判も上々です。

Coincheck(コインチェック)はアルトコイン豊富と評判。マネックス証券買収で危険性が低下し安全性アップ

Coincheck(コインチェック)の販売所では、アルトコインの取扱銘柄が12種類と、国内仮想通貨(暗号資産)取引所トップを誇っており評判です。

マネックス証券に買収されて安全性はアップしたものの、Coincheck(コインチェック)をご利用の際は、個々にセキュリティ対策を講じることも大切だと言えるでしょう。

Coincheck(コインチェック)でユーザーがすべき対策は、2段階認証や複雑なログインパスワードを設定することで危険性を軽減し、資金を守ることにつながります。

Coincheck(コインチェック)の安全性と危険性や評判を分かりやすく解説まとめ

Coincheck(コインチェック)の安全性と危険性、評判について解説しました。

NEM流出事件をきっかけにCoincheck(コインチェック)のセキュリティは見直され、危険性を軽減し安全性がアップしています。

初心者でも使いやすいと評判のCoincheck(コインチェック)ですが、ハッカーの標的になることもあるのが現実です。

個々にパスワードや2段階認証でセキュリティ強化をめざし、Coincheck(コインチェック)の安全性を高める対策を講じましょう。