ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

Coincheck(コインチェック)とBitbank(ビットバンク)の比較を分かりやすく解説

【☆おすすめの仮想通貨取引所-解説ページ☆】

【1】コインチェックの詳細ページはこちらから

【2】Huobiの詳細ページはこちらから

【3】DeCurretの詳細ページはこちらから

【4】Bitbankの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200804135923j:plain

Coincheck(コインチェック)とBitbank(ビットバンク)を比較して、どちらが取引しやすく利益につながりやすいのかを知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

Coincheck(コインチェック)とBitbank(ビットバンク)は、いずれも国内仮想通貨(暗号資産)の中でも代表的な取引所です。

仮想通貨(暗号資産)で利益獲得を狙うとしたら、Coincheck(コインチェック)とBitbank(ビットバンク)を比較してどちらのスペックが高いのでしょうか。

Coincheck(コインチェック)とBitbank(ビットバンク)の比較を分かりやすく解説

販売所、もしくは取引所のスペックを、Coincheck(コインチェック)とBitbank(ビットバンク)で比較すると以下の通りです。

  • 販売所と取引所を比較すると、Bitbank(ビットバンク)よりもCoincheck(コインチェック)
  • 取扱仮想通貨(暗号資産)の数を比較すると、Bitbank(ビットバンク)よりもCoincheck(コインチェック)
  • スプレッドを比較すると、成行注文はCoincheck(コインチェック)、指値注文はBitbank(ビットバンク)がおすすめ
  • レバレッジ取引を比較すると、Coincheck(コインチェック)もBitbank(ビットバンク)も現物取引のみで互角
  • レンディングを比較すると、Coincheck(コインチェック)もBitbank(ビットバンク)も採用。スペックはCoincheck(コインチェック)が有利

Coincheck(コインチェック)とBitbank(ビットバンク)比較:大きな違いは販売所と取引所形式

販売所形式と取引所形式を採用するCoincheck(コインチェック)と比較すると、Bitbank(ビットバンク)は取引所形式のみです。

Coincheck(コインチェック)もBitbank(ビットバンク)も採用する取引所は、「少しでもお得に売買したい」と希望するユーザー同士の注文をマッチングさせて売買を行います。

取引所形式は、手数料が安く済む・安く仮想通貨(暗号資産)を売買できるというメリットがあります。

一方、取引所のデメリットは、利益を出すために板情報の読み方や知識、成行注文や指値注文など注文方法の理解やトレードタイミングなどの技術が必要であることでしょう。

その点、Coincheck(コインチェック)で採用する販売所は、売られている仮想通貨(暗号資産)を売られている価格で購入するというシンプルな買い方ができます。

買い物する感覚で仮想通貨(暗号資産)を即座に売買できる販売所は、買い方や仕組みも明確であるため初心者向きだというメリットがある一方、手数料が高いのはデメリットでしょう。

Coincheck(コインチェック)とBitbank(ビットバンク)比較:取扱仮想通貨(暗号資産)

取扱仮想通貨(暗号資産)の種類を比較すると、Coincheck(コインチェック)とBitbank(ビットバンク)では以下の通りです。

販売所と取引所形式を採用するCoincheck(コインチェック)は、それぞれ取扱仮想通貨(暗号資産)が異なることに注目です。

販売所はCoincheck(コインチェック)のみ。取扱仮想通貨(暗号資産)一覧

販売所をBitbank(ビットバンク)では採用していないため、Coincheck(コインチェック)と比較できません。

ただ販売所・取引所問わず、Coincheck(コインチェック)とBitbank(ビットバンク)の取扱仮想通貨(暗号資産)を比較すると、Coincheck(コインチェック)のほうが取扱銘柄数は多いです。

  • BTC ビットコイン:Coincheck(コインチェック)
  • XRP リップル: Coincheck(コインチェック)
  • ETH イーサリアム:Coincheck(コインチェック)
  • BCH ビットコインキャッシュ:Coincheck(コインチェック)
  • ETC イーサリアム・クラシック:Coincheck(コインチェック)
  • LSK リスク:Coincheck(コインチェック)
  • FCT ファクトム:Coincheck(コインチェック)
  • LTC ライトコイン:Coincheck(コインチェック)
  • NEM ネム:Coincheck(コインチェック) 
  • MONA モナコイン:Coincheck(コインチェック)
  • XLM ステラルーメン:Coincheck(コインチェック)
  • QTUM クアンタム:Coincheck(コインチェック)
  • BAT ベーシックアテンショントークン:Coincheck(コインチェック)

取引所Coincheck(コインチェック)とBitbank(ビットバンク)の取扱仮想通貨(暗号資産)一覧

Coincheck(コインチェック)とBitbank(ビットバンク)の取引所の取扱仮想通貨(暗号資産)を比較すると以下の通りです。

  • BTC ビットコイン:Coincheck(コインチェック) / Bitbank(ビットバンク)
  • XRP リップル: Bitbank(ビットバンク)
  • ETH イーサリアム:Bitbank(ビットバンク)
  • BCH ビットコインキャッシュ:Bitbank(ビットバンク)
  • FCT ファクトム:Coincheck(コインチェック)
  • LTC ライトコイン:Bitbank(ビットバンク)
  • MONA モナコイン:Bitbank(ビットバンク)

総合的に比較した結果、Bitbank(ビットバンク)の取引所は、Coincheck(コインチェック)よりも取扱仮想通貨(暗号資産)数が多いため、アルトコインを安く購入するのならBitbank(ビットバンク)がおすすめです。

Coincheck(コインチェック)の販売所はBitbank(ビットバンク)にはない取扱仮想通貨(暗号資産)を扱っているので、比較すると両社を使い分けるのが正解と言えそうです。

Coincheck(コインチェック)とBitbank(ビットバンク)比較:スプレッド

Coincheck(コインチェック)のスプレッドは、販売所のビットコインで7万円超えと、非常に高いのが特徴で、販売所はメイカー手数料・テイカー手数料ともに0円です。

Bitbank(ビットバンク)の取扱仮想通貨(暗号資産)のスプレッドは、メイカー手数料-0.02%、テイカー手数料0.12%が発生します。

メイカー手数料は指値注文で発生する手数料をさし、指値オーダーすることで0.02%を支払うのではなく受け取ることができます。

取引所のスプレッドを比較すると、常に無料であるCoincheck(コインチェック)に対し、Bitbank(ビットバンク)は指値注文で獲得でき、成行注文で支払わなくてはいけません。

よってスプレッドは、成行注文の場合はCoincheck(コインチェック)、指値注文はBitbank(ビットバンク)がお得に取引できると言えるでしょう。

Coincheck(コインチェック)とBitbank(ビットバンク)比較:現物取引とレバレッジ取引

現物取引のみか、それともレバレッジ取引できるかの違いを比較すると、Coincheck(コインチェック)もBitbank(ビットバンク)も現物取引のみ可能です。

Coincheck(コインチェック)もBitbank(ビットバンク)も過去にレバレッジ取引を行っていましたが、現在は現物取引のサービスとなっているため、互角と言えるでしょう。

Coincheck(コインチェック)とBitbank(ビットバンク)比較:レンディング

Coincheck(コインチェック)とBitbank(ビットバンク)で提供しているレンディングは、保有する仮想通貨(暗号資産)を貸し出すことで利子を獲得できる投資方法です。

両社ともレンディングサービスを行っており、リスクを軽減した投資ができます。

レンディングにおけるCoincheck(コインチェック)とBitbank(ビットバンク)のスペックを比較すると、対応仮想通貨(暗号資産)数はCoincheck(コインチェック)が13種類、Bitbank(ビットバンク)はビットコインのみです。

貸し出し期間を比較すると、Bitbank(ビットバンク)は1年固定であるのに対し、Coincheck(コインチェック)は最短14日・30日・90日・180日・365日と5つから選択でき、期間に応じて年利が異なります。

最大年利を比較すると、Coincheck(コインチェック)もBitbank(ビットバンク)も5%と同一ですが、短期から始められるCoincheck(コインチェック)はスペックが高くおすすめといえるでしょう。

Coincheck(コインチェック)とBitbank(ビットバンク)の比較を分かりやすく解説まとめ

Coincheck(コインチェック)とBitbank(ビットバンク)を比較してみました。

比較した結果、両社の大きな違いは販売所形式を採用しているのか、取引所のみであるのかという点で、共通点はレンディングを提供していることでしょう。

Coincheck(コインチェック)は販売所で豊富な仮想通貨(暗号資産)で売買でき、Bitbank(ビットバンク)は取引所形式にもかかわらずアルトコイン数が多いため、どの通貨で売買したいのかによってどちらを利用すべきかが明確になります。

ビットコイン取引において比較すると、成行注文はCoincheck(コインチェック)、指値注文はBitbank(ビットバンク)によってスプレッドを抑えることができます。

比較結果を上手に生かして、Coincheck(コインチェック)とBitbank(ビットバンク)を使い分けると利益獲得をめざしやすくなるのではないでしょうか。