ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録方法(口座開設)と手順を分かりやすく解説

【ビットコインの価格をすぐ確認出来る-おすすめの仮想通貨取引所】

>>コインチェックの詳細ページはこちらから

>>Bitbankの詳細ページはこちらから

【ビットコインの価格をすぐ確認出来る-おすすめの仮想通貨取引所】

>>コインチェックの詳細ページはこちらから

>>Bitbankの詳細ページはこちらから

【ビットコインの価格をすぐ確認出来る-おすすめの仮想通貨取引所】

>>コインチェックの詳細ページはこちらから

>>Bitbankの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200804151754j:plain

日本国内の仮想通貨(暗号資産)取引所の中でも登録者数の多いbitFlyer(ビットフライヤー)。

そんなbitFlyer(ビットフライヤー)に登録して、これから仮想通貨(暗号資産)取引を始めてみたいという人もいるでしょう。

仮想通貨(暗号資産)取引所での口座開設が始めてという人は、実際に登録手続きを始める前に登録方法(口座開設)や手順を確認しておくと手続きがスムーズです。

そこで今回は、bitFlyer(ビットフライヤー)の登録方法(口座開設)と手順を分かりやすく解説していきます。

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録方法(口座開設)と手順を分かりやすく解説

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録方法(口座開設)の大まかな流れ

bitFlyer(ビットフライヤー)への具体的な登録方法(口座開設)の手順を行なっていく前に、bitFlyer(ビットフライヤー)の登録に必要な書類などを事前に準備しておきましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)では、登録手続きを行なった当日中に口座開設が完了することはありません。

bitFlyer(ビットフライヤー)では、口座開設のための登録手続きから、以下のような手順で口座開設が完了する流れとなります。

  1. メールアドレスの登録
  2. メールアドレスの認証と個人情報入力
  3. 本人確認書類の提出や銀行口座の登録
  4. bitFlyer(ビットフライヤー)からの郵送物による認証手続き
  5. 口座開設完了

基本的に1〜3までのbitFlyer(ビットフライヤー)の登録手続きは、口座開設手続きを始めて当日中に行うことが可能です。

しかし必要事項の入力や必要書類の提出が完了すると、bitFlyer(ビットフライヤー)では郵送物による本人確認が行われるため、郵送物が届くまで数日ほど時間がかかります。

土日や祝日を挟むと、bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設登録手続きにもその分時間がかかってきますので、期間には余裕をもって登録方法(口座開設)を行なっていきましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録方法(口座開設)の必要書類

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録方法(口座開設)の大まかな流れがわかったところで、スムーズに登録手続きを完了させるためにも、必要書類などを事前にしっかり揃えていきましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録方法(口座開設)で必要になる書類は、以下の通りです。

  • 本人確認書類
  • 登録する銀行口座情報のわかるもの(通帳やキャッシュカードなど)

bitFlyer(ビットフライヤー)では、口座開設・登録にあたって本人確認書類が必要になります。

本人確認書類なしでは口座を開設することができませんので、かならず登録方法(口座開設)を行う前に準備しておきましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)で認められている本人確認書類には、以下のようなものがあります。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 在留カード

など。 公的機関が発行している顔写真付きの本人確認書類であり、有効期限内のもののみ有効となりますので、上記のいずれか1点を用意しましょう。

また銀行口座情報に関しては、通帳やキャッシュカードなど口座情報がわかるものを用意しておくと登録がスムーズです。

銀行口座情報は必須ではないものの、登録時にbitFlyer(ビットフライヤー)に口座情報を登録しておけば日本円での入出金が可能になります。

銀行口座情報を登録しない場合は日本円での入出金ができませんので、仮想通貨(暗号資産)同士での送金しかできません。

他の取引所やウォレットに仮想通貨(暗号資産)を保有していない人は、銀行口座情報を登録しないとbitFlyer(ビットフライヤー)での取引を始められないので、登録時に口座情報も登録していきましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録方法(口座開設)の手順

必要書類が揃ったところで実際にbitFlyer(ビットフライヤー)の登録方法(口座開設)の手順を紹介していきます。

  • まずはbitFlyer(ビットフライヤー)の公式サイトにアクセスし、画面に表示されているメールアドレス登録の項目にて、個人口座開設の場合は「個人のお客様」、法人口座開設の場合は「法人のお客様」タブをタップし、メールアドレスを入力後に「無料登録」をクリック
  • 「確認メールを送信しました」という画面が表示され、登録したメールアドレス宛にbitFlyer(ビットフライヤー)からメールが届いているかを確認する
  • メールを確認するとキーワードが表記されているので、表記されているキーワードをそのままコピーし、キーワード丈夫のリンクボタンをクリックする。キーワード入力画面が表示されるのでキーワードを貼り付けて「次へ」をクリックする
  • メール認証が完了すると同意事項確認画面が表示されるので内容を確認してチェックを入れる。
  • 二段階認証の設定画面が表示されるので、画面の案内にしたがって二段階認証の登録手続きをすすめる
  • 本人(個人)情報の確認画面が表示されるので、画面の案内にしたがって氏名や生年月日などの個人情報を入力する
  • 本人確認書類の提出手続きを行う。bitFlyer(ビットフライヤー)ではクイック本人確認または対面での本人確認のいずれかの確認方法が選択できるのでいずれかを選んで確認を行う(以下にそれぞれの詳細な手順を掲載)
  • 銀行口座情報の登録手続き画面が表示されるので、画面の案内にしたがって口座情報を入力し登録する
  • 数日後に住所確認のための郵送物がbitFlyer(ビットフライヤー)より送られてくる。郵送物の案内にしたがって認証手続きが完了すれば口座開設完了となる

bitFlyer(ビットフライヤー)の本人確認の方法

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録方法(口座開設)の手順の中で開設した、クイック本人確認と対面での本人確認は、具体的に以下のような手順ですすめられます。

クイック本人確認

スマホなどで本人確認書類と本人の顔写真を撮影・アップロードして行う本人確認方法。当日中に手続きが完了する。

対面での本人確認

bitFlyer(ビットフライヤー)側から送られてきた本人確認に必要なレターを受け取って本人確認を行う方法。

郵送物の送付が必要になるため、本人確認に数日ほど日数が必要になる。

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録方法(口座開設)と手順を分かりやすく解説まとめ

今回は、bitFlyer(ビットフライヤー)の登録方法(口座開設)と手順を分かりやすく解説してきました。

bitFlyer(ビットフライヤー)で口座開設を行う場合、郵送物での住所確認が行われるため口座開設が完了するまでに数日ほどの時間がかかることになっています。

できるだけスムーズに登録方法(口座開設)を完了させるために、本人確認書類や銀行口座情報がわかる書類は事前にしっかり準備しておくのがおすすめです。