ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

Coincheck(コインチェック)のレバレッジ取引(FX)を分かりやすく解説

【☆おすすめの仮想通貨取引所-解説ページ☆】

【1】コインチェックの詳細ページはこちらから

【2】Huobiの詳細ページはこちらから

【3】DeCurretの詳細ページはこちらから

【4】Bitbankの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200804135923j:plain

日本国内の仮想通貨(暗号資産)取引所の中でも、テレビCMなどで有名なCoincheck(コインチェック)。

そんなCoincheck(コインチェック)に興味を持っているという人の中には、Coincheck(コインチェック)で仮想通貨(暗号資産)のレバレッジ取引にチャレンジしてみたいという人もいるでしょう。

Coincheck(コインチェック)はレバレッジ取引に対応した仮想通貨(暗号資産)取引所なのか、また何倍のレバレッジがかけられるのかなど、レバレッジ取引の条件も気になるところですよね。

そこで今回は、Coincheck(コインチェック)のレバレッジ取引(FX)を分かりやすく解説していきます。

Coincheck(コインチェック)のレバレッジ取引(FX)を分かりやすく解説

Coincheck(コインチェック)ではレバレッジ取引(FX)ができない

2021年現在、Coincheck(コインチェック)はレバレッジ取引(FX)サービスを提供しておらず、現在は仮想通貨(暗号資産)の現物取引のみに対応しています。

そもそもCoincheck(コインチェック)は2019年まで、レバレッジ取引(FX)に対応していました。

しかし2020年3月をもってCoincheck(コインチェック)でのレバレッジ取引(FX)のサービス提供を終了させており、2021年3月現在でもレバレッジ取引(FX)が復活する予定などのアナウンスもありません。

Coincheck(コインチェック)ではレバレッジ取引(FX)はできない!レバレッジ取引(FX)を取り扱っている仮想通貨(暗号資産)取引所は?

Coincheck(コインチェック)ではレバレッジ取引(FX)自体が終了しているため、Coincheck(コインチェック)を使ったレバレッジ取引(FX)はできません。

そのため仮想通貨(暗号資産)のレバレッジ取引がしたいという人であれば、Coincheck(コインチェック)以外の仮想通貨(暗号資産)取引所でレバレッジ取引(FX)にチャレンジしてみるのもおすすめです。

ここではCoincheck(コインチェック)以外におすすめのレバレッジ取引(FX)ができる仮想通貨(暗号資産)取引所を紹介していきます。

レバレッジ取引(FX)でおすすめの仮想通貨(暗号資産)取引所 bitFlyer(ビットフライヤー)

Coincheck(コインチェック)以外で仮想通貨(暗号資産)のレバレッジ取引(FX)におすすめなのが、同じ国内の仮想通貨(暗号資産)取引所であるbitFlyer(ビットフライヤー)です。

bitFlyer(ビットフライヤー)では、レバレッジ取引(FX)専用サービスであるbitFlyer(ビットフライヤー)Lightningを使って、ビットコイン(BTC/JPY)のFX取引や先物取引ができるようになっています。

レバレッジの最大値は最近縮小してしまいましたが、最大2倍のレバレッジ取引(FX)を行うことが可能です。

Coincheck(コインチェック)同様に日本国内の仮想通貨(暗号資産)取引所ですので、日本円での入出金にも対応しています。

運用実績も他社に比べて長く特に大きなハッキングトラブルなどもないため、ビットコインのレバレッジ取引(FX)がしたいという人には安全性も高くおすすめの取引所だといえるでしょう。

レバレッジ取引(FX)でおすすめの仮想通貨(暗号資産)取引所 DMM Bitcoin

Coincheck(コインチェック)以外でレバレッジ取引(FX)を行うのであれば、同じ国内の仮想通貨(暗号資産)取引所であるDMM Bitcoinもおすすめです。

国内の仮想通貨(暗号資産)取引所でレバレッジ取引(FX)を取り扱っているところの多くが、ビットコイン(BTC/JPY)の取扱のみなのに対し、DMM Bitcoinではビットコインを含むアルトコインのレバレッジ取引(FX)にも対応しています。

DMM Bitcoinでレバレッジ取引(FX)ができる仮想通貨(暗号資産)のコイン銘柄は以下の通りです。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • リップル
  • ベーシックアテンショントークン
  • クアンタム
  • ステラルーメン
  • モナコイン
  • ネム
  • ライトコイン
  • イーサクラシック
  • ビットコインキャッシュ

DMM Bitcoinのレバレッジ最大値は2021年3月現在は最大4倍となっていますが、2021年4月より最大2倍に縮小される予定です。

DMM BitcoinもCoincheck(コインチェック)やbitFlyer(ビットフライヤー)同様に日本円での入出金を行うことができます。

レバレッジ取引(FX)でおすすめの仮想通貨(暗号資産)取引所 CryptoGT(クリプトGT)

Coincheck(コインチェック)のように日本の仮想通貨(暗号資産)取引所にこだわらないという人であればおすすめできるのが、海外の仮想通貨(暗号資産)取引所であるCryptoGT(クリプトGT)です。

CryptoGT(クリプトGT)は、マーシャル諸島を拠点として仮想通貨(暗号資産)取引所の運用を行っています。

海外の金融ライセンスを取得している仮想通(暗号資産)取引所なので、最大500倍という日本国内の仮想通貨(暗号資産)取引所では実現不可能なハイレバレッジ取引(FX)ができるのも大きな特徴です。

レバレッジの最大値が大きいということは、手元の資金量が少額でも大きな数量で取引ができることになりますが、反対にリスクも大きくなりますのでハイレバレッジのメリット・デメリットをしっかり確認しておきましょう。

またCryptoGT(クリプトGT)では、70種類以上の仮想通貨(暗号資産)のレバレッジ取引(FX)ができるようになっていますので、マイナー通貨のレバレッジ取引(FX)がしたいという人にはおすすめです。

Coincheck(コインチェック)のレバレッジ取引(FX)を分かりやすく解説まとめ

今回は、Coincheck(コインチェック)のレバレッジ取引(FX)を分かりやすく解説してきました。

Coincheck(コインチェック)ではレバレッジ取引(FX)の取扱がありましたが、2020年3月をもってレバレッジ取引(FX)が終了しており、現在は現物取引のみの取扱となっています。

レバレッジ取引(FX)を行う場合には、レバレッジ取引(FX)に対応した仮想通貨(暗号資産)取引所を利用していきましょう。