ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

Bitbank(ビットバンク)のレバレッジ取引(FX)を分かりやすく解説

【下げ相場でも利益を出せる-おすすめのビットコインFX取引所】

【1位】FTXの詳細ページはこちらから

【2位】CRYPTO GTの詳細ページ

【3位】BYBITの詳細ページはこちらから

【下げ相場でも利益を出せる-おすすめのビットコインFX取引所】

【1位】FTXの詳細ページはこちらから

【2位】CRYPTO GTの詳細ページ

【3位】BYBITの詳細ページはこちらから

【下げ相場でも利益を出せる-おすすめのビットコインFX取引所】

【1位】FTXの詳細ページはこちらから

【2位】CRYPTO GTの詳細ページ

【3位】BYBITの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200918155310j:plain

日本国内の仮想通貨(暗号資産)取引所の中でも、高い安全性と高いコストパフォーマンスを誇るBitbank(ビットバンク)。

そんなBitbank(ビットバンク)でこれからレバレッジ取引(FX)をしてみたいという人もいるでしょう。

国内の仮想通貨(暗号資産)取引所の中にはレバレッジ取引(FX)ができる業者もいくつかありますが、Bitbank(ビットバンク)ではレバレッジ取引(FX)ができるのでしょうか。

ここでは、Bitbank(ビットバンク)のレバレッジ取引(FX)を分かりやすく解説していきます。

Bitbank(ビットバンク)のレバレッジ取引(FX)を分かりやすく解説

Bitbank(ビットバンク)でレバレッジ取引(FX)サービスは現在終了している

Bitbank(ビットバンク)では、もともとBitbankTrade(ビットバンクトレード)というレバレッジ取引(FX)専用のサービスを提供していましたが、2019年3月にBitbankTrade(ビットバンクトレード)のサービスが終了しています。

よって2020年9月現在は、Bitbank(ビットバンク)やBitbank(ビットバンク)の関連サービスを利用してレバレッジトレードを行うことはできません。

しかしBitbank(ビットバンク)では終了になったのは、Bitbank(ビットバンク)のレバレッジ取引(FX)のみであり、現物取引は変わらずに取引が行えるようになっています。

Bitbank(ビットバンク)の現物取引は、安全性やセキュリティ対策などで国内の仮想通貨(暗号資産)取引所の中でも高い評価を得ており、コスト面も他社に比べて条件が良いという評判です。

そのためBitbank(ビットバンク)でのレバレッジ取引(FX)を復活させて欲しいという声も多くなっていますので、今後Bitbank(ビットバンク)でのレバレッジ取引(FX)が復活する可能性も少なからず残っているといえるでしょう。

Bitbank(ビットバンク)のレバレッジ取引(FX)はできない レバレッジ取引(FX)のできるおすすめ取引所は?

Bitbank(ビットバンク)では現在レバレッジ取引ができませんので、レバレッジ取引(FX)を行うのであればレバレッジ取引(FX)のできる取引所にて取引を行なっていく必要があります。

ここではBitbank(ビットバンク)以外でレバレッジ取引(FX)ができるおすすめの仮想通貨(暗号資産)取引所をいくつか紹介していきます。

Bitbank(ビットバンク)以外のレバレッジ取引(FX)ができるおすすめ取引所 bitFlyer(ビットフライヤー)

Bitbank(ビットバンク)と同様に日本国内の仮想通貨(暗号資産)取引所として人気のあるbitFlyer(ビットフライヤー)は、ビットコインのレバレッジ取引におすすめの取引所です。

bitFlyer(ビットフライヤー)では、ビットコインやアルトコインの現物取引を行なっていますが、bitFlyer(ビットフライヤー)の別サービスとなるbitFlyer(ビットフライヤー)Lightningを使うことでビットコインのレバレッジ取引ができるようになっています。

bitFlyer(ビットフライヤー)Lightningでのレバレッジの最大値は4倍と、レバレッジ倍数としては小さめですが、取引量が多くレバレッジ取引(FX)がしやすい取引所だといわれています。

また安全性やセキュリティに関しては、日本国内の仮想通貨(暗号資産)取引所の中でもBitbank(ビットバンク)と同様、またはそれ以上のセキュリティ管理の高さを誇っていますので安全に利用できる可能性が非常に高い取引所だといえるでしょう。

Bitbank(ビットバンク)以外のレバレッジ取引(FX)ができるおすすめ取引所 DMM Bitcoin

動画配信を始めとしたさまざまなサービスを提供しているDMMの仮想通貨(暗号資産)サービスの1つであるDMM Bitcoinでも仮想通貨(暗号資産)のレバレッジ取引を行うことができます。

DMM Bitcoinでは、ビットコインの他にイーサリアムやネム・リップルなど、合計11種類の仮想通貨(暗号資産)のレバレッジ取引(FX)が可能です。

日本国内のレバレッジ取引(FX)ができる仮想通貨(暗号資産)取引所の場合、レバレッジ取引(FX)ができるのはビットコインのみというところも多くなっていますが、DMM Bitcoinは数多くのアルトコインのレバレッジ取引(FX)ができるようになっています。

レバレッジの最大値は4倍とbitFlyer(ビットフライヤー)同様に低めの設定になっていますが、大手企業の提供するサービスということもあり、安心して取引ができる取引所だといえるでしょう。

Bitbank(ビットバンク)以外のレバレッジ取引(FX)ができるおすすめ取引所 CryptoGT(クリプトGT)

Bitbank(ビットバンク)はレバレッジ取引(FX)ができる国内の仮想通貨(暗号資産)取引所ですが、海外FXの仮想通貨(暗号資産)取引所であるCryptoGT(クリプトGT)もおすすめ取引所の1つです。

CryptoGT(クリプトGT)では、現在ビットコイン・アルトコインを含めた数十種類のレバレッジ取引(FX)を行うことができます。

またレバレッジの最大値も500倍となっていますので、Bitbank(ビットバンク)のような国内の仮想通貨(暗号資産)取引所よりも高いレバレッジで取引したいという人にはおすすめの取引所です。

日本語にも対応していますので、ハイレバレッジトレードにチャレンジしたいという人はCryptoGT(クリプトGT)のような海外の取引所もおすすめですよ。

Bitbank(ビットバンク)のレバレッジ取引(FX)を分かりやすく解説まとめ

今回は、Bitbank(ビットバンク)のレバレッジ取引(FX)を分かりやすく解説してきました。

Bitbank(ビットバンク)では現在レバレッジ取引(FX)ができなくなっていますので、他のレバレッジ取引(FX)ができる仮想通貨(暗号資産)取引所を探す必要があるでしょう。

レバレッジ取引(FX)ができる取引所は国内・海外などさまざまなものがありますので、より自分にあった取引所を選んで利用してみてくださいね。