ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

Bitbank(ビットバンク)の本人確認方法と時間を分かりやすく解説

【☆おすすめの仮想通貨取引所-解説ページ☆】

【1】コインチェックの詳細ページはこちらから

【2】Huobiの詳細ページはこちらから

【3】DeCurretの詳細ページはこちらから

【4】Bitbankの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200918155310j:plain

Bitbank(ビットバンク)の本人確認はどうやってすればいいの?

必要な書類は何?

本人確認が終わるまでどれくらいかかる?

こんなお悩みをお持ちでしょうか。

Bitbank(ビットバンク)でトレードするためには、口座開設の手続きをして、最後に本人確認をしなければいけません。

この記事では、Bitbank(ビットバンク)で必要な本人確認書類のラインナップと本人確認方法の流れ、どれくらい時間がかかるのかを分かりやすく解説します。

Bitbank(ビットバンク)の本人確認方法と時間を分かりやすく解説

Bitbank(ビットバンク)の本人確認方法に必要な書類

Bitbank(ビットバンク)の本人確認に必要な書類は、郵送で本人確認する場合とスマホで本人確認する場合で異なります。

まずは、スマホでBitbank(ビットバンク)の本人確認をする際に必要な書類は下記の通りです。

・運転免許証

・マイナンバーカード

上記いずれかがあれば、Bitbank(ビットバンク)の口座開設で本人確認ができます。

では次に、Bitbank(ビットバンク)の「郵送で本人確認」する場合に必要な書類をリストアップしてみました。

・運転免許証

・パスポート

・マイナンバーカード

・住民基本台帳カード

・障害者手帳

・運転経歴証明書

・健康保険証

・国民年金手帳

・住民票の写し

・印鑑登録証明書

Bitbank(ビットバンク)では、上記のうちいずれか2つの書類を組合わせて本人確認を行います。

PC版からのアクセス、スマホからのアクセス両方とも「スマホで本人確認」または「郵送で本人確認」を選べます。

まず、PC版からアクセスした場合には画面にQRコードが表示されますので、スマホで読み取って処理を進めていきます。

スマホであればリンクをクリックすれば、本人確認のアップロード画面に移ります。

では、それぞれの本人確認の手順を説明していきましょう。

Bitbank(ビットバンク)の本人確認方法の手順:スマホで本人確認

Bitbank(ビットバンク)の本人確認方法をスマホでする場合は、アプリの指示にしたがって撮影を進めていきます。

まず、運転免許証またはマイナンバーカードどちらを本人確認書類として使用するかを選択したうえで、撮影を始めます。

きちんと枠内に収まるようにして、表面・裏面をスマホで撮影しましょう。

光が反射している場合や、文字がピンぼけしている場合は、何度でも撮り直しができます。

OKであれば、次に運転免許証またはマイナンバーカードと自分の顔が1枚の写真に収まるように撮影を行います。

さらに書類の厚みがわかるよう撮影をして、最後に自分の顔を撮影したら、スマホで本人確認は完了です。

送信後は、Bitbank(ビットバンク)から審査完了のメールがくるまで待ちましょう。

Bitbank(ビットバンク)の本人確認の手順:郵送で本人確認

Bitbank(ビットバンク)の本人確認で郵送を選んだ場合でも、スマホでの写真撮影は必要です。

先ほど上げた郵送での本人確認に必要な書類のコピーやスキャンは、一切認められていません。

本人確認書類を撮影し、指示に従ってその写真をアップロードしていきましょう。

Bitbank(ビットバンク)の「郵送で本人確認」では、2種類の本人確認書類が必要です。

2種類の本人確認書類の表面・裏面などをすべてアップロードできたら、「この内容で登録する」をクリックします。

Bitbank(ビットバンク)側で本人確認の審査が完了したら、簡易書留で登録した住所あてにハガキが郵送されてきます。

このハガキを受け取った時点で、本人確認が完了です。

Bitbank(ビットバンク)の本人確認にかかる時間

Bitbank(ビットバンク)の公式サイトのQ&Aでは、本人確認が完了するまでの具体的な時間は明記されていませんでした。

しかし、スマホで本人確認のサービスが開始された時のプレスリリースには「最短1営業日で本人確認完了」と掲載されていましたので、これが時間の目安となります。

なお、「郵送で本人確認」では郵送でのやりとりがある分、2〜3日は余計にかかると見込んでおきましょう。

  ちなみに住所確認ハガキを受け取れなかった場合は、Bitbank(ビットバンク)の登録情報画面に「郵送確認失敗」とでますので、お問い合わせフォームから連絡し、再送してもらわなければいけません。

その場合はさらに時間がかかります。

Bitbank(ビットバンク)の本人確認で必要な写真で失敗するときは?

Bitbank(ビットバンク)の本人確認では、「スマホで本人確認」でも「郵送で本人確認」でもスマホでの撮影が必須です。

失敗してしまう原因としてまずあげられるのが、本人確認書類の写真と、撮影した顔写真が違う場合です。

運転免許証がゴールドであれば数年前の顔写真ですし、体型が変わっている場合もあります。

まずは髪型・メイクで写真に近づけましょう。

それから顔撮影時の「手ブレ」「影が入っている・反射している」ことも失敗の大きな原因です。

このほか、指示された枠内にきちんと写真が収まっていないこと、必要な部分が指で隠れていることなどが失敗の原因にあげられます。

慎重にチェックして、撮影しなおしましょう。

Bitbank(ビットバンク)の本人確認方法と時間を分かりやすく解説まとめ

Bitbank(ビットバンク)の本人確認方法とかかる時間を詳しく解説しました。

Bitbank(ビットバンク)では「スマホで本人確認」と「郵送で本人確認」の2種類の方法があります。

どちらの方法でも、指定された必要な書類をスマホで撮影しなければいけません。

本人確認書類と顔写真の撮影で失敗したり、何度も取り直しするケースが多いので、注意事項をしっかりと読んだうえで撮影しましょう。

本人確認の手続きがうまくいけば、早ければ1営業日程度でBitbank(ビットバンク)でトレードを開始できます。