ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

Coincheck(コインチェック)の積立を分かりやすく解説

【☆おすすめの仮想通貨取引所-解説ページ☆】

【1】コインチェックの詳細ページはこちらから

【2】Huobiの詳細ページはこちらから

【3】DeCurretの詳細ページはこちらから

【4】Bitbankの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200804135923j:plain

Coincheck(コインチェック)の積立ってどのようなサービスなの?

Coincheck(コインチェック)で積立を始めたいけれど、どのように始めればいいの? あなたは今、このようにお考えですよね。

Coincheck(コインチェック)の積立は、コツコツと長期的な仮想通貨(暗号資産)運用をめざしたい方に最適な運用方法です。

Coincheck(コインチェック)の積立を分かりやすく解説

Coincheck(コインチェック)の積立は、あからじめ毎月積み立てる金額を決めてしまい、あとは自動的に口座から引き落とされていく仮想通貨(暗号資産)運用方法のひとつです。

仮想通貨(暗号資産)の価値は相場変動によって変動するものの、Coincheck(コインチェック)ではドルコスト均等法を採用しているため、急騰や暴落の影響を受けにくいのは大きなメリットでしょう。

Coincheck(コインチェック)の月々の積立が変わってしまうことがなく、少額から始められるのも大きなメリットと言えます。

定額かつ1万円からという少額投資に魅力を感じている方に、Coincheck(コインチェック)積立は最適な投資方法と言えるでしょう。

Coincheck(コインチェック)の積立を始められる金額は?

Coincheck(コインチェック)の積立額は、毎月1万円から1,000円刻みで、最大100万円まで好きな金額で可能です。

一度に多額の資金を用意できない方にも適した投資方法です。

Coincheck(コインチェック)積立できる仮想通貨(暗号資産)の種類

Coincheck(コインチェック)の積立は、BTC・ETH・ETC・LSK・XRP・LTC・BCH・XLM・XEM・QTUM・BATの11種類の仮想通貨(暗号資産)を積み立てられます。

将来性のある仮想通貨(暗号資産)を積み立てることで、将来大きな利益獲得を目指せるのも魅力と言えるでしょう。

積立できる仮想通貨(暗号資産)の種類は、Coincheck(コインチェック)で常時更新されますので、こまめにチェックすることをおすすめします。

Coincheck(コインチェック)積立方法は2種類から選択可能

Coincheck(コインチェック)積立は、月イチ積立プランと、毎日つみたてプランのいずれかを選択できます。

Coincheck(コインチェック)積立プラン1:月イチつみたてプラン

月イチつみたてプランは、その名の通りCoincheck(コインチェック)で毎月1回、決めた金額を積み立てていきます。

そもそもCoincheck(コインチェック)の積立は、年単位の相場で利益獲得を狙うため、短期間の相場変動リスクを受けにくいのがメリットです。

毎日つみたてプランと比較すると大きな利益を狙えるのは、Coincheck(コインチェック)の月イチつみたてプランの魅力でしょう。

Coincheck(コインチェック)積立プラン2:毎日つみたてプラン

毎日つみたてプランは、Coincheck(コインチェック)であらかじめ月の積立額を決めておき、積立額を日数で割って毎日積み立てていきます。

積立のタイミングを分散させることによって、月イチつみたてプランよりもさらに損失リスクを抑えつつ積立できるのがメリットです。

Coincheck(コインチェック)の「積立」の始め方

Coincheck(コインチェック)積立の始め方は、まず取引アカウントを開設します。

メールアドレスとパスワードを登録し、身分証明書と住所確認書類をアップロードして本人確認を済ませましょう。

Coincheck(コインチェック)の「Coincheckつみたて」へアクセスして、引き落とし口座を設定します。

つづいてCoincheck(コインチェック)積立を行う通貨と一定額、そしてプランを選択するだけで、積立を始めることができます。

積立のやり方の全手続きは、Coincheck(コインチェック)流れに沿って行えば完了するため、迷うことはありません。

Coincheck(コインチェック)積立のメリットは投資の知識や時間がなくても始められる

はじめに積み立てる金額を決めてしまえば全自動でサービス開始となり、Coincheck(コインチェック)で仮想通貨(暗号資産)を積み立てられます。

基本的に仮想通貨(暗号資産)はボラリティが高いため、短期的な損失リスクを抱える可能性もはらんでいます。

さらにチャート分析を行い、エントリータイミングを見計らったうえでトレードしなければならず、手間がかかります。

トレードの知識や経験不要、ドル均等法を採用し長期的な相場によって誰でも利益を狙いやすいのがCoincheck(コインチェック)の積立のメリットでしょう。

Coincheck(コインチェック)積立のメリットはチャージや通貨購入不要で手間なし。全自動で運用できる

積立と同じくCoincheck(コインチェック)の長期相場によって利益獲得を目指す方法であるレンディングは、年利最大5%を獲得できます。

レンディングもリスクの低い仮想通貨(暗号資産)運用方法のひとつですが、すでに仮想通貨(暗号資産)を保有している方向けのサービスです。

仮想通貨(暗号資産)を保有していない方は、あらたにCoincheck(コインチェック)や販売所などで購入しなければいけません。

その点Coincheck(コインチェック)の積立は、銀行口座を登録してしまえば自動的に引き落とされたうえで積み立てられるため、手間なく運用できるのも大きなメリットです。

Coincheck(コインチェック)積立のデメリットは短期で利益獲得を目指せない

Coincheck(コインチェック)積立の大きなデメリットは、短期運用に向かないことです。

あらかじめ長期的に利益を目指すように設計されているため、仮想通貨(暗号資産)トレードやFXように短期利益はほぼ不可能です。

Coincheck(コインチェック)で現物取引をしている方も、先々の利益を目的として積立を併用するのは賢い方法と言えるかもしれません。

Coincheck(コインチェック)の積立を分かりやすく解説まとめ

Coincheck(コインチェック)の積立を解説しました。

ドルコスト均等法を採用し、長期にわたり仮想通貨(暗号資産)で利益獲得を狙う積立は、Coincheck(コインチェック)の運用方法のひとつです。

Coincheck(コインチェック)の現物取引やレンディングにもそれぞれのよさがありますが、積立はふたつにはないメリットがあります。

さまざまな運用方法を活用できるCoincheck(コインチェック)で積立を開始し、全自動で未来の資産をめざしてみるのもよいかもしれませんね。