ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

bitFlyer(ビットフライヤー)の本人確認方法と時間を分かりやすく解説

【☆おすすめのビットコインFX取引所☆】

ビットコインFXはロング(買い)以外にもショート(空売り)から入る事で下げ相場でも稼ぐ事が可能です☆

【1位】CRYPTO GTの詳細ページはこちらから

【2位】FTXの詳細ページはこちらから

【3位】BYBITの詳細ページはこちらから

【☆おすすめのビットコインFX取引所☆】

ビットコインFXはロング(買い)以外にもショート(空売り)から入る事で下げ相場でも稼ぐ事が可能です☆

【1位】CRYPTO GTの詳細ページはこちらから

【2位】FTXの詳細ページはこちらから

【3位】BYBITの詳細ページはこちらから

【☆おすすめのビットコインFX取引所☆】

ビットコインFXはロング(買い)以外にもショート(空売り)から入る事で下げ相場でも稼ぐ事が可能です☆

【1位】CRYPTO GTの詳細ページはこちらから

【2位】FTXの詳細ページはこちらから

【3位】BYBITの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200804151754j:plain

日本国内の仮想通貨(暗号資産)取引所の中でも高い人気を誇っているbitFlyer(ビットフライヤー)。

そんなbitFlyer(ビットフライヤー)にこれから登録したいという人の中には、本人確認の具体的な方法が気になるという人もいるのではないでしょうか。

bitFlyer(ビットフライヤー)でスムーズに口座開設を行うためにも、事前に本人確認の方法や本人確認にかかる時間は調べておきたいものですよね。

そこで今回は、bitFlyer(ビットフライヤー)の本人確認方法と時間についてわかりやすく解説していきます。

bitFlyer(ビットフライヤー)の本人確認方法と時間を分かりやすく解説

bitFlyer(ビットフライヤー)の本人確認方法と時間 準備するべき必要書類

bitFlyer(ビットフライヤー)の本人確認は、bitFlyer(ビットフライヤー)へのアカウント登録時に必ず必要になるでしょう。

そのため本人確認を行わなければアカウント登録や口座開設手続きが完了せず、取引を始めることはできません。

スムーズにbitFlyer(ビットフライヤー)のアカウント・口座開設を行うためにも事前に本人確認書類をしっかり準備しておきましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)の本人確認書類として認められている書類は、以下の通りです。

  • 運転免許証(公安委員会発行のもの)
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)※マイナンバー通知カードは不可
  • パスポート(日本国発行のもので所持人記入欄に氏名・住所が記載されていることが条件)

bitFlyer(ビットフライヤー)で本人確認を行うために、上記のいずれか1点を準備してください。

またどの本人確認書類を提出する場合でも、住所は現住所のもののみが有効となりますので、前の住所などが記載されたままの場合には、書類の更新を行っておきましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)の本人確認方法は2つから選択可能

bitFlyer(ビットフライヤー)での本人確認方法は、以下の2つのうちのいずれかをアカウント登録者自身が選択できるようになっています。

  • クイック本人確認
  • 対面での本人確認

それでは、それぞれの本人確認の具体的な方法についてみていきましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)での本人確認方法 クイック本人確認

bitFlyer(ビットフライヤー)の本人確認方法の中で、おもに利用されることが多いのが「クイック本人確認」です。

クイック本人確認とはオンライン上に必要書類をアップロードし、オンライン上で本人確認を完了させるという本人確認方法になります。

対面での本人確認方法に比べて短い時間で本人確認が完了するため、できるだけ早く本人確認を済ませたい人にはおすすめの方法だと言えるでしょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)での本人確認方法 対面での本人確認

対面での本人確認方法とは、bitFlyer(ビットフライヤー)から委託を受けた第三者にアカウント登録者の本人確認を行ってもらうという方法になります。

具体的には、アカウント登録者にbitFlyer(ビットフライヤー)から本人確認に必要なレターが宅配便で届くシステムです。

そしてレターを受け取る際に、佐川急便の配達員に本人様確認書類に提示し、配達員が端末に情報を入力し本人情報を照合させます。

アカウント登録した本人の情報と本人確認書類の内容が一致していれば、佐川急便の配達員からレターを受け取ることができるでしょう。

レターを受け取ったことがbitFlyer(ビットフライヤー)側に承認されれば、本人確認が完了となります。

クイック本人確認に比べて時間の価格本人確認方法ではありますが、本人確認書類をオンライン上にアップロードしたくない、個人情報はしっかり伝えたいという人には対面での本人確認方法はおすすめの方法です。

bitFlyer(ビットフライヤー)の本人確認方法の具体的な手順

bitFlyer(ビットフライヤー)の本人確認方法2つがそれぞれどのようなものかわかったところで、具体的な本人確認方法の手順をみていきましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)の本人確認は、アカウント登録の中で行っていきます。

まずはbitFlyer(ビットフライヤー)の公式サイトにアクセスし、画面中にある登録項目の中から「個人口座」「法人口座」のいずれかのタブをクリックし、登録するメールアドレスを入力していきましょう。

登録しているメールアドレスにbitFlyer(ビットフライヤー)からメールが届きます。

メールの内容に従ってリンクをクリックし、認証手続きを行ってください。

二段階認証の登録画面が表示されるので、画面の案内に従って登録手続きを行っていきましょう。

続いて本人情報の登録画面が表示されるので、本人情報も入力していきます。

本人情報の入力が完了すると続いて本人確認画面が表示されますので、まずは「クイック本人確認」「対面での本人確認」のいずれかを選択していきましょう。

クイック本人確認方法を選択した場合

クイック本人確認方法を選択した場合には、そのまま必要書類のアップロード画面が表示されます。

撮影した本人確認書類の画像をアップロードして手続きを完了させましょう。

対面での本人確認を選択した場合

対面での本人確認を選択した場合、数日後にbitFlyer(ビットフライヤー)から本人確認に必要なレターが佐川急便で届きます。

レターを受け取る際に佐川急便の配達員に本人様確認書類に提示し、配達員が端末に情報を入力し本人情報を照合させます。

アカウント登録した本人の情報と本人確認書類の内容が一致していれば、佐川急便の配達員からレターを受け取ることができるでしょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)の本人確認にかかる時間

bitFlyer(ビットフライヤー)の本人確認にかかる時間についてですが、クイック本人確認を選択した場合、最短当日に本人確認が完了します。

そのためできるだけ時間を短縮して本人確認を完了させたい人には、クイック本人確認がおすすめです。

対面による本人確認方法を利用する場合には、佐川急便でのレターの配達に日数がかかるため、最短で2日程度の時間がかかってしまします。

またレターの発送日や到着日の指定なども行えないため、レターが届きそうな時間帯は在宅する必要があるなど、時間の拘束もクイック本人確認に比べて増える傾向があるようです。

bitFlyer(ビットフライヤー)の本人確認方法と時間を分かりやすく解説まとめ

今回は、bitFlyer(ビットフライヤー)の本人確認方法と時間についてわかりやすく解説してきました。

bitFlyer(ビットフライヤー)の本人確認方法には、クイック本人確認と対面での本人確認という2種類の方法が用意されています。

どちらの方法もそれぞれのメリット・デメリットがありますので、より自分に合った本人確認方法を選んで利用していきましょう。