ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

bitFlyer(ビットフライヤー)の取引所と販売所の違いを分かりやすく解説

f:id:zero_requiem21:20200804151754j:plain

日本国内の大手仮想通貨(暗号資産)取引所であるbitFlyer(ビットフライヤー)でこれから取引を初めてみたいという人もいるでしょう。

しかし、いざbitFlyer(ビットフライヤー)でビットコインなどの仮想通貨(暗号資産)を購入しようとした時に、販売所と取引所があることで戸惑ってしまう人もいますよね。

bitFlyer(ビットフライヤー)では販売所と取引所というそれぞれのサービスにて、ビットコインなどの仮想通貨(暗号資産)の売買が可能です。

ここでは、bitFlyer(ビットフライヤー)の取引所と販売所の違いを初心者にも分かりやすく解説していきます。

bitFlyer(ビットフライヤー)の取引所と販売所の違いを分かりやすく解説

bitFlyer(ビットフライヤー)では、仮想通貨(暗号資産)の売買を行う方法に、大きく分けて以下のような3つの方法が用意されています。

  • 販売所で売買する
  • 取引所で売買する
  • bitFlyer(ビットフライヤー)Lightningで売買する

この中で、仮想通貨(暗号資産)の現物取引を行うのであれば、取引所または販売所を利用していくことになるでしょう。

しかし同じ売買ができる取引所と販売所でも、売買のルールや方法などに若干の違いがあります。

それでは実際にbitFlyer(ビットフライヤー)の販売所と取引所にはどんな違いがあるのかを詳しくみていきましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)の取引所と販売所では取引をする相手が違う

bitFlyer(ビットフライヤー)の取引所と販売所の違いについては、公式サイトにて以下のような記載があります。

Q:ビットコイン販売所、ビットコイン取引所、bitFlyer Lightning の違いは何ですか。

A:ビットコイン・アルトコイン販売所では、お取引の相手は bitFlyer となり、bitFlyer の提示する価格で売買することができます。ビットコイン取引所およびbitFlyer Lightning(プロ向け取引所)では、お取引の相手は他のお客様等となり、価格はお客様同士の需給によって決定します。

つまり簡単に説明してしまえば、販売所と取引所を使い分けることによって以下のように取引相手が変わるのです。

  • bitFlyer(ビットフライヤー)販売所...取引相手はbitFlyer(ビットフライヤー)
  • bitFlyer(ビットフライヤー)取引所...取引相手はbitFlyer(ビットフライヤー)のユーザー

販売所にてビットコインの買い注文を出せば、bitFlyer(ビットフライヤー)からビットコインを購入することになり、ビットコインの売り注文を出せばbitFlyer(ビットフライヤー)にビットコインを売却することになります。

そして取引所にてビットコインの買い注文を出せばbitFlyer(ビットフライヤー)を仲介して、他のユーザーからコインを購入、逆に売り注文を出せばbitFlyer(ビットフライヤー)を仲介して他のユーザーにコインを売却するという仕組みです。

bitFlyer(ビットフライヤー)の取引所と販売所では同じタイミングでもスプレッドが異なる

bitFlyer(ビットフライヤー)の取引所と販売所の主な違いは取引相手の違いですが、取引相手が異なると具体的にどのような違いが出てくるのでしょうか。

同じコイン銘柄を購入する場合でもbitFlyer(ビットフライヤー)の販売所と取引所で大きく違ってくるのが、スプレッドだと言われています。

bitFlyer(ビットフライヤー)の販売所での売買の相手はbitFlyer(ビットフライヤー)になるため、基本的には業者の言い値で売買が行われることになるのです。

よってbitFlyer(ビットフライヤー)でユーザー同士が個人売買を行う取引所よりも販売所の方がスプレッドが広がる傾向になります。

bitFlyer(ビットフライヤー)の販売所も取引所もスプレッドは流動的なものですので、一概にどれくらいの違いがあるのかは断定できません。

ここでは一例として、2020年8月現在のbitFlyer(ビットフライヤー)の販売所と取引所のスプレッドをみていきましょう。

まずは販売所のスプレッドを計算してみます。

購入価格が1264186円で売却価格が1226531円ですので「1264186円-1226531円=37655円」となり、スプレッドは1BTCあたり37655円、0.1BTCあたり3765.5円、0.01BTCあたり376.55円です。

次に同じタイミングでの取引所のスプレッドを計算してみましょう。

取引所のスプレッドは一番近いところで購入価格が1242191円、売却価格が1241737円です。

そのため「1242191円-1241737円=454円」となり、1BTCあたり454円、0.1BTCあたり45.4円というスプレッドになるでしょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)の取引所と販売所の違い 取引所は取引数量によって注文が通らないことがある

bitFlyer(ビットフライヤー)の取引所と販売所の違いをみていると、圧倒的に取引所の方がスプレッドが狭く低コストでコインの売買ができることが分かります。

しかし基本的にbitFlyer(ビットフライヤー)の販売所は数量に関係なく注文が通りやすくなっていますが、取引所は売買相手のユーザーが希望している数量でしか取引ができません。

そのため大きすぎる数量などでの注文の場合、取引所では希望通りの価格で注文が通らない可能性も高くなるでしょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)の取引所と販売所の違い 販売所では多様なアルトコインの売買が可能

またbitFlyer(ビットフライヤー)の取引所と販売所では、取引可能なコイン銘柄も異なります。

bitFlyer(ビットフライヤー)の販売所では、ビットコインの他に以下のようなアルトコインの売買も可能です。

  • イーサリアム(ETH)
  • イーサクラシック(ETC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • モナコイン(MONA)
  • リスク(LSK)
  • ステラルメーン(XLM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • ネム(XEM)

一方の取引所では基本的に取引できるのはビットコインのみとなっており、Lightningの現物取引を利用すればイーサリアムの取引も行えるようになっています。

よってアルトコインの取引をするなら、主にbitFlyer(ビットフライヤー)の販売所を利用していくことになるでしょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)の取引所と販売所の違いを分かりやすく解説まとめ

今回は、bitFlyer(ビットフライヤー)の取引所と販売所の違いを初心者にも分かりやすく解説してきました。

bitFlyer(ビットフライヤー)には取引所と販売所というそれぞれのサービスが存在しています。

取引所と販売所では、取扱通貨やコスト面が変わってきますのでどちらが自分に合った取引ができるかを特徴ごとにチェックしていきましょう。