ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

Coincheck(コインチェック)のチャートの見方と使い方を分かりやすく解説

【☆おすすめの仮想通貨取引所-解説ページ☆】

【1】コインチェックの詳細ページはこちらから

【2】Huobiの詳細ページはこちらから

【3】DeCurretの詳細ページはこちらから

【4】Bitbankの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200804135923j:plain

Coincheck(コインチェック)のチャートの見方や使い方がよくわからない…

チャートの見方や使い方は、どのようにすればいいの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

Coincheck(コインチェック)のチャートは、仮想通貨(暗号資産)で利益獲得するためにかかせない分析ツールです。

よってチャートの見方や使い方をきちんと知る必要があります。

Coincheck(コインチェック)のチャートの見方と使い方を分かりやすく解説

Coincheck(コインチェック)のチャートの見方や使い方は、値動きを確認するためです。

ただ値動きを確認するだけでなく、テクニカルチャート分析にもとづいてエントリーポイントを見極める使い方をします。

よってCoincheck(コインチェック)の見方や使い方を最大限に活用するためには、参考書や情報サイト、セミナーなどでテクニカルチャート分析の知識をつける必要があります。

こちらではテクニカルチャート分析を活用するための、Coincheck(コインチェック)チャートの見方や使い方を解説します。

Coincheck(コインチェック)のチャートの見方と使い方:チャートへアクセス

Coincheck(コインチェック)のチャートの見方は、まずチャートへアクセスします。

チャートを表示する使い方は、マイページ「チャート」を選択すると、ビットコインのチャートへアクセスできます。

アルトコインのチャートを表示する使い方は、「チャート」ページをスクロールし、任意の仮想通貨(暗号資産)を選択します。

Coincheck(コインチェック)の全13種類の仮想通貨(暗号資産)を表示する使い方は上の通りで、自由に表示したいチャートを表示できます。

Coincheck(コインチェック)のチャートの見方と使い方

任意の仮想通貨(暗号資産)のチャートを表示し、Coincheck(コインチェック)チャートの見方や使い方をみていきましょう。

Coincheck(コインチェック)チャート:インジケーターの見方と使い方

Coincheck(コインチェック)のチャートでインジケーターを挿入する使い方は「インジケーター」をクリックします。

トレンド系やオシレーター系を含む「平均移動線」などを選択し、Coincheck(コインチェック)に表示されます。

チャートにインジケーターを挿入することによって、相場の売り時や買い時を見極めたり、売りすぎ・買われすぎを確認するという見方や使い方ができます。

Coincheck(コインチェック)チャートはインディケーターが充実しているため、自分のニーズに合ったチャートの見方やチャート分析を叶えやすいと言えます。

Coincheck(コインチェック)チャート:描画ツールの見方と使い方

Coincheck(コインチェック)チャートの描画ツールは、インディケーターの見方や使い方を向上させます。

使い方は、チャート左にある描画ツールの中から、十字線、トレンドライン、ピッチフォーク、ブラシ、アイコンなどをクリックするだけで各機能をチャート上に表示させます。

チャートの見方が向上するため、Coincheck(コインチェック)で利益獲得を目指すためにかかせない機能と言えるでしょう。

Coincheck(コインチェック)チャート:ローソク足の見方と使い方

Coincheck(コインチェック)のチャートの見方や使い方にかかせない機能がローソク足です。

見方は、ローソク足が緑の場合は始値よりも終値が高いことを示す「陽線」、赤は始値よりも終値が低いことを示す「陰線」を示しています。

ローソク足の長方形部分は陽線と陰線の場合で異なり、陽線の場合は底辺を「始値」で上辺が「終値」ですが、陰線の場合は上辺が「始値」で底辺が「終値」という見方をします。

長方形から上下に伸びる直線は陽線・陰線ともに、下に伸びる線を「安値」、上に伸びる線が「高値」という見方です。

ローソク足は、Coincheck(コインチェック)のチャートの詳細な値動きを把握する見方ができます。

よってCoincheck(コインチェック)のエントリーポイントを見極める使い方や、値動きを把握するための使い方としての多くの情報を獲得することができます。

デフォルトのチャートですでにローソク足に設定されています。

万が一異なる場合は、Coincheck(コインチェック)チャート上のメニュー「チャートの種類」アイコンを選択するという使い方をし、設定を変更してください。

Coincheck(コインチェック)チャート:時間足の見方と使い方

Coincheck(コインチェック)のチャートでは時間足を変更する使い方ができます。

ローソク足ひとつ分の時間を変更し、相場の間隔の見方を変更できます。

時間足の変更の使い方は、Coincheck(コインチェック)チャート上の「1分」「5分」「15分」…の時間足アイコンをクリックします。

時間足は最大1日を設定できるため、短期相場だけでなく、中期相場を把握する使い方ができます。

Coincheck(コインチェック)のチャートは週足・月足など長期相場を把握する使い方ができないのはデメリットかもしれません。

Coincheck(コインチェック)チャート:フルスクリーンで見方向上。その使い方

Coincheck(コインチェック)チャート右上の「フルスクリーン」アイコンをクリックすると、画面いっぱいにチャートを表示することができます。

格段にチャートの見方を向上させ、インジケータや描画ツールでこまかなマークを記入したり値動きを確認したりする使い方ができるため、非常に役立つでしょう。

フルスクリーンモードを解除する使い方は、キーボードの「Esc」を押すだけで終了できます。

Coincheck(コインチェック)のチャートの見方と使い方は「トレードビュー」でも可能

Coincheck(コインチェック)の取引ツール「トレードビュー」のチャートの見方や使い方のスペックも、公式取引所内のチャートと変わりません。

ほぼ同じ機能や使い方でを公式チャートやトレードビューチャートで利用できますが、トレードビューはチャートを見ながら取引所で注文できるのは大きなメリットと言えます。

Coincheck(コインチェック)公式取引所では指値注文しかできないところ、チャート見ながら成行注文までできてしまうのは大きな魅力でしょう。

Coincheck(コインチェック)のチャートの見方と使い方を分かりやすく解説まとめ

Coincheck(コインチェック)のチャートの見方と使い方を解説しました。

チャートは仮想通貨(暗号資産)の値動きを把握し、予測してエントリーポイントを見極めるために役立つツールです。

Coincheck(コインチェック)のチャートは最低限の機能が備わっているため、初心者がチャートの見方や使い方を覚えるのにも最適と言えるでしょう。

上級者も納得できるインジケーター数も揃っているCoincheck(コインチェック)のチャートをぜひご利用ください。