ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

Coincheck(コインチェック)の手数料を分かりやすく解説

【☆おすすめのビットコインFX取引所☆】

ビットコインFXはロング(買い)以外にもショート(空売り)から入る事で下げ相場でも稼ぐ事が可能です☆

【1位】CRYPTO GTの詳細ページはこちらから

【2位】FTXの詳細ページはこちらから

【3位】BYBITの詳細ページはこちらから

【☆おすすめのビットコインFX取引所☆】

ビットコインFXはロング(買い)以外にもショート(空売り)から入る事で下げ相場でも稼ぐ事が可能です☆

【1位】CRYPTO GTの詳細ページはこちらから

【2位】FTXの詳細ページはこちらから

【3位】BYBITの詳細ページはこちらから

【☆おすすめのビットコインFX取引所☆】

ビットコインFXはロング(買い)以外にもショート(空売り)から入る事で下げ相場でも稼ぐ事が可能です☆

【1位】CRYPTO GTの詳細ページはこちらから

【2位】FTXの詳細ページはこちらから

【3位】BYBITの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200804135923j:plain

国内の仮想通貨(暗号資産)取引所の中でも利用者の多い Coincheck(コインチェック)。

そんな Coincheck(コインチェック)をこれから利用したいと考えている人の中には、 Coincheck(コインチェック)では手数料がどれくらいかかるのか詳しく知りたいという人もいるのではないでしょうか。

ここでは Coincheck(コインチェック)で発生する手数料について分かりやすく解説していきます。

Coincheck(コインチェック)の手数料を分かりやすく解説

Coincheck(コインチェック)の仮想通貨(暗号資産)取引で発生する手数料は、大きく分けて以下の3つです。

  • 入金手数料
  • 出金手数料
  • 取引手数料

それでは実際にCoincheck(コインチェック)のそれぞれの手数料について詳しくみていきましょう。

Coincheck(コインチェック)の手数料 入金手数料

Coincheck(コインチェック)の1つめの手数料となるのが、入金手数料です。

Coincheck(コインチェック)では日本円と仮想通貨(暗号資産)を利用して入金が行えるようになっています。

Coincheck(コインチェック)の日本円の入金手数料

まずCoincheck(コインチェック)の日本円での入金手数料についてですが、入金方法と入金金額により以下のように手数料が変動します。

  • コンビニ入金の入金金額が3万円未満...770円
  • コンビニ入金の入金金額が3万円以上30万円未満...1018円
  • クイック入金の入金金額が3万円未満...770円
  • クイック入金の入金金額が3万円以上50万円未満...1018円
  • クイック入金の入金金額が50万円以上...入金金額×0.11% + 495 円
  • 銀行振込...無料(ただしユーザー側が利用するATMやネットバンキングなどによっては送金元の手数料が発生する可能性あり)

Coincheck(コインチェック)の仮想通貨(暗号資産)の入金手数料

仮想通貨(暗号資産)を外部からCoincheck(コインチェック)に入金する場合の手数料は、どのコイン銘柄でも無料です。

ただしCoincheck(コインチェック)へ入金を行う送金元が出金手数料を徴収する可能性もあるので、事前に送金元のウォレットや取引所でどれくらいの出金手数料が発生するのかを確認しておくのがよいでしょう。

Coincheck(コインチェック)の手数料 出金手数料

Coincheck(コインチェック)の2つめの手数料となるのが、出金手数料です。

Coincheck(コインチェック)では日本円と仮想通貨(暗号資産)を利用して出金が行えるようになっています。

Coincheck(コインチェック)の日本円の出金手数料

Coincheck(コインチェック)では日本円の入金方法が複数用意されているため、入金手数料は入金方法や入金金額によっても変動するシステムです。

しかしCoincheck(コインチェック)の日本円の出金に関しては、銀行振込のみしか方法が利用できず出金手数料は一律で407円となっています。

Coincheck(コインチェック)の仮想通貨(暗号資産)の出金手数料

Coincheck(コインチェック)で仮想通貨(暗号資産)を入金する場合には入金手数料は無料となっていますが、出金に関しては出勤するコイン銘柄によって出金手数料が以下のように設定されているようです。

  • BTC...0.001BTC
  • ETH...0.01ETH
  • ETC...0.01ETC
  • LSK...0.1LSK
  • FCT...0.1FCT
  • XRP...0.15XRP
  • XEM...0.5XEM
  • LTC...0.001LTC
  • BCH...0.001BCH
  • MONA...0.001MONA
  • XLM...0.01XLM
  • QTUM...0.01QTUM
  • BAT...1.0BAT
  • IOST...1.0IOST
  • ENJ...14.0ENJ

同じ送金手続きを行っても出金するコイン銘柄によって手数料がかなり変わってきますので、事前に自分の出金するコインの手数料を確認しておきましょう。

さらにBTC/ETH/BAT/ENJに関しては、出金手数料とは別にネットワーク手数料が発生します。

ネットワーク手数料とは、仮想通貨(暗号資産)の送金を行うためにマイナーに支払う手数料のことであり、送金量や混雑状況などによって変動する可能性のある手数料です。

たとえばCoincheck(コインチェック)でBTCを出金する場合には、別途のネットワーク手数料として取引量に応じて以下のような手数料が徴収されます。

  • 0.001BTC未満...0.001 BTC
  • 0.001BTC以上0.002 BTC未満...0.002 BTC
  • 0.002BTC以上0.004 BTC未満...0.004 BTC
  • 0.004BTC以上0.008 BTC未満...0.008 BTC
  • 0.008BTC以上...0.016 BTC

ネットワーク手数料は出金手数料とは別の手数料になりますので、ネットワーク手数料の発生するコインを出金する際にはあらかじめ確認しておくのがよいでしょう。

Coincheck(コインチェック)の手数料 取引手数料

Coincheck(コインチェック)の3つめの手数料として発生するのが、取引手数料です。

Coincheck(コインチェック)では「取引所」と「販売所」にて、仮想通貨(暗号資産)取引ができるようになっていますが、どちらを利用しても基本的に取引手数料は無料となっています。

ただし「取引所」も「販売所」も「見えない手数料」と呼ばれるスプレッドが存在しますので、手数料が全く無料で仮想通貨(暗号資産)売買ができるわけではありません。

スプレッドとは、同じタイミング・同じ通貨ペアの売値と買値の差額のことです。

実際に手数料として表記されることはありませんが、同じタイミングで同じ通貨ペアの購入価格と売却価格には差がありますので、この差がスプレッドという手数料になります。

たとえば2021年4月現在のCoincheck(コインチェック)ビットコイン販売所では1BTCあたり売値が6392100円、買値が6797200円でおよそ40万円ほどのスプレッドが発生していることがわかるでしょう。

対してたとえば2021年4月現在のCoincheck(コインチェック)ビットコイン取引所では1BTCあたり売値6597928円、買値が6595677円となっておりおよそ2000円弱のスプレッドです。

スプレッドは常に変動しているので一概には言えませんが、Coincheck(コインチェック)では販売所よりも取引所の方が比較的手数料を抑えて取引を行うことができます。

Coincheck(コインチェック)の手数料を分かりやすく解説まとめ

今回は、Coincheck(コインチェック)で発生する手数料について分かりやすく解説してきました。

Coincheck(コインチェック)では入金手数料・出金手数料・取引手数料などが発生します。

取引するコイン銘柄や取引方法によっても手数料が変わりますので、実際に取引を行う前にしっかり確認していきましょう。