ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

Bitbank(ビットバンク)の買い方(購入方法)を分かりやすく解説

【下げ相場でも利益を出せる-おすすめのビットコインFX取引所】

【1位】FTXの詳細ページはこちらから

【2位】CRYPTO GTの詳細ページ

【3位】BYBITの詳細ページはこちらから

【下げ相場でも利益を出せる-おすすめのビットコインFX取引所】

【1位】FTXの詳細ページはこちらから

【2位】CRYPTO GTの詳細ページ

【3位】BYBITの詳細ページはこちらから

【下げ相場でも利益を出せる-おすすめのビットコインFX取引所】

【1位】FTXの詳細ページはこちらから

【2位】CRYPTO GTの詳細ページ

【3位】BYBITの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200918155310j:plain

Bitbank(ビットバンク)で仮想通貨(暗号資産)の買い方(購入方法)が分からない…

どうしたらいいの?とお悩みでしょうか。

Bitbank(ビットバンク)は初心者でも買い方(購入方法)が簡単な販売所取引と、手数料が安い取引所での買い方・購入方法があります。

この記事では、Bitbank(ビットバンク)での仮想通貨(暗号資産)の買い方(購入方法)を分かりやすく説明します。

Bitbank(ビットバンク)の買い方(購入方法)を分かりやすく解説

Bitbank(ビットバンク)の買い方(購入方法):入金

Bitbank(ビットバンク)での仮想通貨(暗号資産)の買い方(購入方法)をお伝えする前に、まずは入金方法を説明します。

Bitbank(ビットバンク)への入金方法には、「日本円」と「仮想通貨(暗号資産)」を入金する2つの方法があります。

まず、日本円を入金する場合は、「メニュー」「入金」を押すと指定された住信SBIネット銀行の支店名・口座番号・振込名義名がでてきます。

その口座へ、インターネットバンキングなどで入金すればOKです。

ちなみにクレジットカードは利用できません。

では次に、仮想通貨(暗号資産)を入金して取引する買い方(購入方法)を説明します。

※ Bitbank(ビットバンク)では以下の仮想通貨(暗号資産)を入金できます。

・ビットコイン(BTC)

・リップル(XRP)

・ライトコイン(LTC)

・イーサリアム(ETH)

・モナーコイン/モナコイン(MONA)

・ビットコインキャッシュ(BCC)

・ステラルーメン(XLM)

Bitbank(ビットバンク)では、入金したい仮想通貨(暗号資産)の銘柄の横にある「入金」をタップすると、それぞれの入金先アドレスとQRコードが表示されます。

その入金先アドレスを一括コピーするかQRコードを利用して、送金元サービスにペーストしてください。

各仮想通貨(暗号資産)銘柄ごとに違うアドレスが生成されますので、注意を払いましょう。

ちなみに、リップルの場合は必ず専用の「宛先タグ」が必要ですので、くれぐれも間違わないようにしてください。

なお、各仮想通貨(暗号資産)銘柄ごとに預入(入金)の最低数量が決まっていますので、そちらも確認のうえ、慎重に入金手続きを行いましょう。

Bitbank(ビットバンク)販売所での買い方(購入方法):PC版とスマホアプリ

Bitbank(ビットバンク)販売所での買い方(購入方法)は、スマホアプリからとPC版からでは違います。

まず、Bitbank(ビットバンク)スマホアプリからの買い方(購入方法)は、「購入金額」を指定する方法のみです。

買いたい金額を指定したら「買う」をタップし、購入数量や買い価格に問題がなければ「タップで購入」を押すだけです。

次にBitbank(ビットバンク)PC版からの買い方(購入方法)は、「購入数量」を指定する方法のみです。

買いたい数量を指定したら「買う」をタップし、購入数量や買い価格に問題がなければ「買う」を押すだけです。

PC版とスマホアプリ版どちらの場合でも、Bitbank(ビットバンク)販売所が提示している金額=購入価格となり、指値注文や成行注文はありません。

Bitbank(ビットバンク)取引所での買い方(購入方法):指値と成行

Bitbank(ビットバンク)取引所での買い方(購入方法)は、指値注文と成行注文ができます。

もちろん、PCからだけでなく、Bitbank(ビットバンク)スマホアプリの取引所からでも指値注文ができます。

ただし、逆指値や空売り、反対売買などの買い方(購入方法)は、Bitbank(ビットバンク)ではできません。

まず、Bitbank(ビットバンク)スマホアプリを使っての取引所での買い方(購入方法)を説明しましょう。

Bitbank(ビットバンク)アプリ下部「取引所」をタップし、買いたい仮想通貨(暗号資産)を選びます。

「注文」を押し、「指値」または「成行」を選びましょう。

指値注文であれば希望する「価格・数量」を入力してから、「注文」を押します。

相場が動いて指値が刺されば約定されます。 成行注文であれば、「数量・金額」どちらかを指定して入力します。

そのまま「注文」をタップすると、板に出ている一番安い価格から順番に約定していきます。

注文が本当に通ったか確認したい時は、「履歴」を押して「取引履歴」から確認できます。

次にBitbank(ビットバンク)取引所にPCからアクセスしての買い方(購入方法)を説明します。

こちらもBitbank(ビットバンク)アプリ版とほぼ同じです。

注文画面で「指値」を選び、希望する「価格・数量」を入力してから、「注文」を押します。 注文内容を確認して間違いがなければ、「実行」をクリックするだけです。

相場が動いて指値が刺されば約定されますので、取引履歴から確認してください。

成行注文の場合もアプリ版と同様で「成行」を選び「数量・金額」どちらかを指定して注文します。

Bitbank(ビットバンク)のメイカー注文での買い方(購入方法):指値とメイカー注文

Bitbank(ビットバンク)ではメイカー注文できますので、買い方(購入方法)を説明しましょう。

メイカー注文とは、取引所取引の指値注文の一種の買い方(購入方法)です。

この買い方(購入方法)は、指値注文と流れは同じですので、希望する「価格・数量」を入力してから、「注文」を押すだけです。

相場が動いて指値が刺されば約定されます。

指値注文とメイカー注文の相違点は、取引板にでていない価格を注文するかどうかだけです。

仮想通貨(暗号資産)取引市場に流動性を作りだしますので「メイカー」と呼ばれて手数料が優遇されています。

Bitbank(ビットバンク)ではメイカー注文の場合、マイナス手数料といって「取引すればお金がもらえる」仕組みです。

通常であれば売買手数料を支払うことが多いので、積極的に利用していきたいですね。

ただし、成行注文や指値注文と違って約定しにくいデメリットがあることは知っておきましょう。

Bitbank(ビットバンク)の買い方(購入方法)を分かりやすく解説まとめ

Bitbank(ビットバンク)で仮想通貨(暗号資産)の買い方(購入方法)を詳しく解説しました。

Bitbank(ビットバンク)の販売所では、表示されている買い価格と売り価格で取引できますので、初心者にはわかりやすい買い方(購入方法)です。

以前よりある取引所取引での買い方(購入方法)だと、販売所取引より手数料が安く、メイカー取引になるとマイナス手数料になります。  

まずはBitbank(ビットバンク)でトレードをして、買い方(購入方法)に慣れていってくださいね。