ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

Zaif(ザイフ)の税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説

f:id:zero_requiem21:20200821032948j:plain

Zaif(ザイフ)の税金の計算方法は、どのようにすればいいの?

確定申告を開始すべき基準は、いったいなに? Zaif(ザイフ)で1円でも稼いだら、確定申告して税金を納めなければいけないの?

あなたは今、このようにお考えではないでしょうか。

はじめての投資をZaif(ザイフ)でスタートさせた方は、税金の計算方法や確定申告の知識がない方も多いはずです。

Zaif(ザイフ)で一定の利益獲得をめざせるようになったら、確定申告を意識すべきでしょう。

Zaif(ザイフ)の税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説

確定申告とは、1年間の所得税を計算方法に基づいて算出し、翌年3月15日までに税務署へ納めることを言います。

ただし確定申告の対象者に該当していたとしても、税務署やZaif(ザイフ)から確定申告の通知や納税通知書が届くことはありません。

ではどのように確定申告をスタートさせるのかと言うと、Zaif(ザイフ)の1月1日から12月31日までの所得を自分で把握し、納税すべきかを判断することが必要です。

Zaif(ザイフ)の年間所得が一定額を超えていた場合に、計算方法に基づいて税金を算出し、確定申告をみずから行わなければいけません。

万が一、Zaif(ザイフ)の年間所得が確定申告して税金を納めるべき基準額を超えていたのにもかかわらず怠り、税務署で発覚してしまった場合は脱税に問われてしまいます。

本来納めるべき税金の何倍もの税負担がペナルティとして課せられてしまうため、知らなかったのでは済まされません。

Zaif(ザイフ)の税金の計算方法。確定申告を開始すべき基準は?

税金の計算方法の前にまず気になるのが、Zaif(ザイフ)で確定申告すべき基準です。

Zaif(ザイフ)の年間所得が以下を超えた場合に、確定申告をスタートさせなければいけません。

  • 正社員・契約社員・パート・アルバイトなどの給与取得者:20万円を超えたら
  • 個人事業主・学生・専業主婦などの非給与取得者:38万円を超えたら

Zaif(ザイフ)の税金や確定申告対象となる年間所得とは?その計算方法

Zaif(ザイフ)の所得は、具体的に以下によって発生します。

  • 仮想通貨(暗号資産)を購入し売却した金額との差益
  • 他の仮想通貨(暗号資産)と交換した金額との差益
  • 仮想通貨(暗号資産)で商品を購入したときの差額
  • ハードフォークによって獲得した仮想通貨(暗号資産)で売却や商品購入した場合
  • マイニングによって獲得した仮想通貨(暗号資産)

まず仮想通貨(暗号資産)の売買差益やトレード差益が、Zaif(ザイフ)の所得として計上されます。

またZaif(ザイフ)でビットコインを100万円ぶん購入し、120万円になった時点で120万円の車をビットコインで購入した場合は、20万円ぶんの価値を獲得しているため、20万円を所得として計上します。

ハードフォークとは、仮想通貨(暗号資産)の分裂によって派生したコインで、無料で配布されることもめずらしありません。

仮想通貨(暗号資産)をハードフォークによって獲得した時点では所得として計上されませんが、売却や商品購入に充てて価値が発生した場合に、Zaif(ザイフ)の所得として計上します。

マイニングに参加した獲得した仮想通貨(暗号資産)も、売却や商品購入にあてた時点で、Zaif(ザイフ)の所得として計上されます。

これがZaif(ザイフ)の年間所得として計上されます。

年間所得は、Zaif(ザイフ)から年間取引履歴を取得して把握しましょう。

年間所得について解説しましたが、税制上の「所得」とは純粋な利益をさし、「収入」と区別されます。

Zaif(ザイフ)で獲得した儲けは収入であり、所得ではありません。

所得は、Zaif(ザイフ)の儲けから、儲けるために利用したネット通信費や電気代・参考書代などの経費を相殺した金額をさします。

よってZaif(ザイフ)の所得の計算方法は「収入-経費⁼所得」となり、確定申告して税金を納めるのか、納めなくてよいのかを判断する基準となります。

Zaif(ザイフ)の年間経費を把握するために、領収書はきちんと保管してください。

経費対象がよくわからない方は、税務署へ問い合わせましょう。

Zaif(ザイフ)の税金の計算方法で把握すべき確定申告の税区分「雑所得の総合課税」

Zaif(ザイフ)の税金区分は「雑所得の総合課税」です。

雑所得とは、事業所得・不動産所得を含む他9つの税区分のどれにも該当しない所得をさします。

総合課税は、他9つの税区分と合計した金額で、確定申告し税金を納めなければいけません。

税金の計算方法では、Zaif(ザイフ)の年間所得に5%から45%の税率を乗じて所得税を算出し、所得が増えるほど税金負担が大きくなる累進課税方式を採用しています。

Zaif(ザイフ)の税金区分「雑所得の総合課税」では他事業との損益通算ができない

損益通算とは、利益や損失を相殺して、税金対象額である所得を軽減することをさします。

Zaif(ザイフ)では他所得との損益通算ができません。

9つの所得とZaif(ザイフ)の所得と一緒に確定申告しなければならない一方、損益通算はできないのです。

ただしZaif(ザイフ)と同じ税区分に該当する所得であば、損益通算が可能です。

たとえば、CoicheckやDMM Bitcoinなどの国内仮想通貨取引所・Bybitなどの海外仮想通貨取引所・XMなどの海外為替FX取引所などは、Zaif(ザイフ)と損益通算することができます。

ただ国内為替FX取引所は、雑所得の分離申告課税ですので、Zaif(ザイフ)との損益通算はできませんのでご注意ください。

Zaif(ザイフ)の確定申告では繰越損失もできない

繰越損失とは、損失を3年間にわたり繰り越して、課税対象額を軽減することをさします。 Zaif(ザイフ)では、繰越損失も適用されません。

他所得との損益通算と繰越損失は税金軽減のための魅力的な制度ですが、Zaif(ザイフ)では適用されないと心得ておきましょう。

Zaif(ザイフ)で確定申告すべき税金の計算方法

では最後にZaif(ザイフ)で確定申告すべき税金の目安として、所得税の計算方法は以下の公式により行います。

【所得税の計算方法】

Zaif(ザイフ)の年間所得×税率-控除額

たとえば、不動産売却で2000万円の利益・Zaif(ザイフ)で1000万円の利益・bitFlyerで500万円の損失・経費が100万円だった場合、Zaif(ザイフ)の税金の計算方法は、以下で算出します。

Zaif(ザイフ)の所得税:2000万円+(1000万円-500万円-100万円)×0.4-2,796,000⁼6,804,000

同じ例で、もしZaif(ザイフ)などの仮想通貨取引所の所得がマイナスの場合は損益通算せず、不動産所得の2,000万円だけが所得として計上されます。

Zaif(ザイフ)の税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説まとめ

Zaif(ザイフ)の確定申告の具体的な方法は、参考書や国税庁のホームページなどを参考にしましょう。

はじめての確定申告は白色申告です。

確定申告では、まず取引履歴や経費の領収書などから、損益と経費の帳簿付けを行います。

あらかじめ帳簿つけを済ませておくことで年明けすぐに所得額を把握でき、確定申告対象であるのかを把握できます。

帳簿の内容をもとに確定申告書の作成を行い、3月15日までに税務署へ提出して税金を納めてください。

ちなみに確定申告では、帳簿や関連書類を7年間保管するよう、義務付けられていますので覚えておきましょう。

Zaif(ザイフ)の税金の計算方法や確定申告の不明点は、最寄りの税務署へおたずねください。