ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

Zaif(ザイフ)の手数料を分かりやすく解説

f:id:zero_requiem21:20200821032948j:plain

Zaif(ザイフ)ではどのような手数料が発生するの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

「手数料無料」と記載されている仮想通貨(暗号資産)取引所は多いですが、Zaif(ザイフ)では本当に手数料が発生しないのでしょうか。

Zaif(ザイフ)の手数料は、仮想通貨(暗号資産)の資金や損益に影響を与えるため、まずはじめにきちんと把握しておくべきです。

Zaif(ザイフ)の手数料を分かりやすく解説

Zaif(ザイフ)の手数料は大きく分けて以下3種類です。

  • 販売所の売買手数料、または取引所のトレード手数料
  • 入金手数料
  • 口座維持手数料

Zaif(ザイフ)は販売所と取引所が存在し、それぞれ負担すべき手数料が異なります。

一般的に仮想通貨(暗号資産)販売所の手数料を売買手数料、取引所の手数料を取引手数料またはトレード手数料として区別しています。

ではひとつづつみていきましょう。

Zaif(ザイフ)の手数料 販売所で発生する売買手数料

Zaif(ザイフ)の販売所では、売買手数料が発生しません。

ただ各仮想通貨(暗号資産)ごとの売値と買値の差額であるスプレッドが、Zaif(ザイフ)の販売所の売買手数料として発生します。

販売所形式はZaif(ザイフ)から直接仮想通貨(暗号資産)を購入しますが、これから解説する取引所形式はZaif(ザイフ)が介入せず、板情報によってユーザー同士の注文をマッチングさせて取引します。

Zaif(ザイフ)で発生するスプレッドは、取引所よりもスムーズに仮想通貨(暗号資産)を売買できる販売所のほうが高く設定されています。

Zaif(ザイフ)の手数料 取引所で発生するトレード手数料

Zaif(ザイフ)の取引所で発生するトレード手数料は、以下の通りです。

  • maker手数料・taker手数料
  • 日次手数料:FXのみ
  • スワップ手数料:FXのみ
  • 借入手数料:信用取引のみ
  • 利益手数料:信用取引のみ
  • スプレッド

取引所では「現物取引」「FX(AirFX取引)」「信用取引」ができ、それぞれ発生する手数料が異なります。

Zaif(ザイフ)の手数料 maker手数料・taker手数料とは?

maker手数料とは指値注文で発生する手数料で、taker手数料は成行注文で発生します。

Zaif(ザイフ)のmaker手数料とtaker手数料は、以下のように異なります。

現物取引

  • maker手数料:0%
  • taker手数料:0% BTC
  • taker手数料:0.1% FSCC・XEM・MONA・ETH・ZAIF・XCP・BCY・SJCX・CICC・NCXC・CMS
  • taker手数料:0.3% BCH
  • taker手数料:0.01% PEPECASH

FX

  • maker手数料:0% BTC
  • taker手数料:0% BTC

信用取引

  • maker手数料:0% BTC・MONA
  • taker手数料:0% BTC
  • taker手数料:0.1% MONA

Zaif(ザイフ)の取引所で指値注文すると「いくらで買いたい」「いくらで売りたい」と言う注文が「板情報」に注文が掲載されます。

板情報にはZaif(ザイフ)ユーザーが指値注文した注文一覧が掲載され、成行注文は板情報の中からもっとも条件のよい注文を自動選択し、即座に約定させることができます。

指値注文は、自分が売買したい価格で注文できる一方、自分が出した注文とマッチする注文を他のユーザーが出さない限り、約定しません。

Zaif(ザイフ)では現物取引・FX・信用取引のmaker手数料がすべて0%であるのに対し、taker手数料はビットコイン以外発生します。

板情報は、指値注文で多くのオーダーが入ると取引所が活発になるため、あえてtaker手数料よりもmaker手数料のほうが優遇されています。

Zaif(ザイフ)の手数料 FX(AirFX)の手数料とは?

Zaif(ザイフ)のFX(AirFX)で発生するレバレッジ手数料は以下の通りです。

  • 日次手数料:建玉金額0.039%
  • スワップ手数料:最大±0.375%

日次手数料

Zaif(ザイフ)のFXでポジション保有を続ける限り、毎日発生するレバレッジ手数料を、日次手数料と言います。

「手数料発生時点の価格レート×総発注量×0.039%」で計算されます。

スワップ手数料

Zaif(ザイフ)の現物取引からFX取引の価格が乖離するときに発生するレバレッジ手数料を、スワップ手数料と言います。

乖離を拡大しようとするポジションから乖離を抑えようとするポジションに対して発生するレバレッジ手数料であるため、スワップポイントは支払うだけでなく受け取ることもできます。

Zaif(ザイフ)のスワップ手数料は、ポジションを続ける限り2時間おきに発生します。

Zaif(ザイフ)の手数料 信用取引の手数料とは?

Zaif(ザイフ)の信用取引で発生するレバレッジ手数料は、以下の通りです。

  • 借入手数料:0.039%
  • 利益手数料:0.7%

借入手数料

信用取引の空売りでZaif(ザイフ)から資金借り入れをするときに発生するレバレッジ手数料が、借入手数料です。

借入手数料は、Zaif(ザイフ)でポジションを続ける限り毎日発生します。

利益手数料

信用取引の決済時点で利益が発生している場合に限り、Zaif(ザイフ)のレバレッジ手数料として利益手数料が発生します。

ただしレバレッジ1倍の信用取引においては、利益手数料が発生しません。

Zaif(ザイフ)の手数料 スプレッドとは?

Zaif(ザイフ)のスプレッドは、上の販売所の手数料でも解説した通り売値と買値の差額をさし、取引所でも発生すると心得ておきましょう。

Zaif(ザイフ)の手数料 入出金で発生する手数料

Zaif(ザイフ)の入出金で発生する手数料をみていきましょう。

Zaif(ザイフ)で発生する入金手数料

Zaif(ザイフ)の入金方法は日本円と仮想通貨がありますが、手数料が発生するのは日本円のみです。

銀行入金・コンビニ入金・ペイジー入金が利用でき、コンビニとペイジーによる3万円以下の入金手数料は495円、3万円以上は605円です。

5万円以上のコンビニ入金の場合は、印紙代としてさらに200円加算されます。

ペイジー入金については明確ではないものの、基本的に5万円を超える領収書には200円の印紙代が必要になりますので、発生する可能性もあると考えておくと安心です。

Zaif(ザイフ)への入金手数料は、銀行ごとに異なりますので、コンビニやペイジーと比較して安ければ利用してもよいでしょう。

仮想通貨(暗号資産)送金による入金手数料は発生しません。

Zaif(ザイフ)で発生する出金手数料

Zaif(ザイフ)で発生する日本円の出金手数料は、3万円未満で385円、3万円以上で770円です。

仮想通貨(暗号資産)送金による出金手数料は通貨ごとに異なり、ビットコインの場合0.0001から0.01 BTCです。

いずれの出金方法や出金額であったとしてもZaif(ザイフ)では出金手数料が発生しますので、まとめて出金することをおすすめします。

Zaif(ザイフ)の手数料 口座維持手数料

Zaif(ザイフ)の口座維持手数料は、本人確認を完了し口座を有効化していれば発生しません。

本人確認を完了していない場合は、Zaif(ザイフ)の口座残高に応じて100円から口座残高の10%の間で発生します。

毎月1日時点で本人確認を完了していなかった場合の口座維持手数料は、15日に口座から相殺されてしまいますので、お済でない方は手数料を抑えるためにも済ませてしましょう。

Zaif(ザイフ)の手数料を分かりやすく解説まとめ

Zaif(ザイフ)では売買手数料または取引手数料、入出金手数料や口座維持手数料が発生します。

思わぬ手数料負担になってしまったということにならぬよう、Zaif(ザイフ)で発生する手数料きちんと把握してくださいね。