ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

Zaif(ザイフ)の送金方法・送金手数料・反映時間を分かりやすく解説

f:id:zero_requiem21:20200821032948j:plain

Zaif(ザイフ)の送金方法は、どのように行えばいいの?

送金手数料や送金時間は、Zaif(ザイフ)でどのくらいかかる?

Zaif(ザイフ)の売買やトレードでタイミングよく購入し、コストを抑えるためにかかせないのが送金方法です。

ここではZaif(ザイフ)の仮想通貨(暗号資産)の送金についてみていくことにしましょう。

Zaif(ザイフ)の送金方法・送金手数料・反映時間を分かりやすく解説

Zaif(ザイフ)の送金について、送金方法と送金手数料、送金反映時間を解説します。

Zaif(ザイフ)からの送金方法を入金と出金にわけて解説

Zaif(ザイフ)の送金方法を、Zaif(ザイフ)から送金する方法と、Zaif(ザイフ)へ送金する方法にわけてみていきましょう。

仮想通貨(暗号資産)の送金方法は、各取引所で異なるように見えますが、どこも操作方法はほぼ変わりません。

Zaif(ザイフ)を含む仮想通貨(暗号資産)の送金方法は、各通貨ごとの入金アドレスを使用して行います。

一見ややこしく見えますが、実はとても単純でスムーズに送金方法を完了できます。

他のウオレットからZaif(ザイフ)への送金方法

Zaif(ザイフ)への送金方法を、CoincheckからZaif(ザイフ)へビットコインを送金する方法を例にあげみていきます。

Zaif(ザイフ)の「入出金」を選択し、送金してほしい仮想通貨(暗号資産)を選択し「入金」を選択します。

「入金用ビットコインアドレスを取得」をクリックし、Zaif(ザイフ)のビットコインの入金アドレスを表示してください。

つづいて送金元のウオレットの出金ページへアクセスします。 Zaif(ザイフ)の入金アドレスをコピーして「宛先」に貼り付けます。

「金額」を記入して「送金する」でZaif(ザイフ)への送金方法を完了させてください。

Zaif(ザイフ)から他のウオレットへの送金方法

同じようにZaif(ザイフ)から他のウォレットへの送金方法を、Coincheckへビットコインを送金する方法を例にあげみていきます。

Zaif(ザイフ)の「入出金」を選択し、送金したい仮想通貨(暗号資産)を選択し「出金」を選択し、出金フォームを表示します。

つづいて送金先のウオレットの入金ページへアクセスしましょう。

送金先のビットコイン入金アドレスをコピーして、Zaif(ザイフ)の「出金アドレス」に貼り付けます。

「出金金額」を記入し「出金手数料」や「2段階トークン」を記入して「出金」をクリックし、Zaif(ザイフ)からの送金方法を完了させましょう。

Zaif(ザイフ)の送金手数料

Zaif(ザイフ)の送金手数料は、他のウオレットからZaif(ザイフ)へ送金する場合は無料です。

一方、Zaif(ザイフ)から他のウオレットへ送金する場合は、送金手数料が以下のように仮想通貨(暗号資産)ごとに異なります。

  • BTC:0.0001 〜 0.01 BTC
  • XEM:2 〜 20 XEM
  • MONA:0.001 〜 0.1 MONA
  • ETH:0.01 〜 0.05 ETH
  • BCH:0.001 〜 0.01 BCH
  • CMS:XEM:5 〜 25 XEM
  • CMS:ETH:0.01 〜 0.05 ETH
  • Counterpartyトークン:0.001 〜 0.1 BTC
  • ERC20トークン:0.01 〜 0.05 ETH

各通貨によって送金手数料に幅がある理由は、範囲内で自由に送金手数料を指定できるからです。

送金手数料を増やすことによって、送金の優先順位が早くなり、結果的にスピーディに送金することにつながります。

Zaif(ザイフ)の送金反映時間はどのくらい?口コミをもとに解説

Zaif(ザイフ)の送金反映時間は、前述した通り仮想通貨(暗号資産)の銘柄・送金手数料・ネットワークの混雑状況などによって左右され、一丸にどのくらいとは言えません。

よってZaif(ザイフ)では日本円の送金反映時間については公言しているものの、仮想通貨(暗号資産)の送金反映時間については明確な情報は公開していません。

仮想通貨(暗号資産)の取引は、すべてブロックチェーンに記載されていきますが、ブロックチェーンひとつあたりの生成時間が10分であることから、送金反映時間は最小10分として考えるのが妥当でしょう。

送金反映時間はネットワークの混雑状況によっても左右され、ビットコインブームだった2017年頃は、数時間・数日かかるパターンがあったのも事実です。

当時と比較すると現在は、Zaif(ザイフ)や仮想通貨(暗号資産)ネットワークも落ち着いているため、驚くような送金反映時間になってしまうことは少ないでしょう。

最近のZaif(ザイフ)の送金反映時間を把握するため、最近の口コミをもとにチェックしています。

こちらの口コミは、外部サービスからZaif(ザイフ)への送金反映時間が5時間経っても反映されないと公言しています。

このように時間がかかってしまうパターンは上述した通り、送金アドレスを間違えてしまった、送金手数料が少ないことなどが送金反映時間がかかってしまう原因と考えられるでしょう。

万が一Zaif(ザイフ)への送金アドレスを間違えて送金してしまった場合は、仮想通貨(暗号資産)を取り戻せません。

ただしこちらの場合は、トランザクションIDがsuccessになっているということ、すなわちすでに取引が完了しているということですので、送金反映時間がかかっていることが考えられます。

Zaif(ザイフ)に問い合わせたほうがよいかもしれません。

こちらの口コミはZaif(ザイフ)からプリペイドカードへの送金反映時間は、たった2分程度だったようです。

このように出金反映時間がスピーディに完了することもあります。

Zaif(ザイフ)の送金方法・送金手数料・反映時間を分かりやすく解説

Zaif(ザイフ)の送金方法は、流れに沿って行うだけですので難しくありません。

送金手数料は、仮想通貨(暗号資産)に応じてなるべく多めに設定するとスピーディに完了します。

Zaif(ザイフ)の送金反映時間は、基本的に10分が目安ですが、場合によってはもっと早く完了したり遅くなったりすると心得ておきましょう。