ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

Zaif(ザイフ)のAirFXの使い方を分かりやすく解説

f:id:zero_requiem21:20200821032948j:plain

Zaif(ザイフ)のAirFXの使い方を知りたい。

AirFXってどのような取引条件や手数料が発生するの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

Zaif(ザイフ)でレバレッジ取引を始めるためには、AierFXの使い方を知る必要があります。

Zaif(ザイフ)のAirFXの使い方を分かりやすく解説

Zaif(ザイフ)のAirFXの使い方の前に、AirFXとはどのような取引ができるのかを知る必要があります。

AirFXでは、ビットコインをレバレッジ取引できます。

Zaif(ザイフ)のレバレッジ取引にはFXと信用取引がありますが、信用取引は期限付きで空売りから始められる一方、AirFXは無期限で取引できます。

取引できる仮想通貨(暗号資産)も、信用取引はビットコインとモナコインですが、AirFXはビットコインのみです。

ではさっそく、Zaif(ザイフ)のAirFXの使い方をみていきましょう。

Zaif(ザイフ)のAirFXの使い方 アカウント登録・口座開設から

Zaif(ザイフ)のAirFXの使い方は、まずはアカウントを登録し、身分証明書を提出し本人確認を完了する必要があります。

アカウント登録や口座開設手続きは、トップページの「無料会員登録」から口座開設フォームへアクセスし、流れに沿って進めてください。

Zaif(ザイフ)のAirFXの使い方 入金や出金する方法

本人確認を完了すると、Zaif(ザイフ)で入出金やAirFXでトレードを始めることができます。

Zaif(ザイフ)の入金の使い方は「入出金」をクリックし、「入金」「日本円」を選択、銀行振込など入金方法を選択し、金額を入力してください。

出金の使い方も入金と同じプロセスで進めますが、はじめてZaif(ザイフ)で出金する場合に出金ページアクセスすると、出金口座の登録をうながされます。

「こちら」をクリックし、Zaif(ザイフ)で出金口座を登録後、「出金口座」「出金額」を入力して、出金手続きを行ってください。

Zaif(ザイフ)の入金や出金は日本円だけでなく、ビットコインによる使い方も可能です。

ビットコインを入金する使い方は、Zaif(ザイフ)のビットコイン入金ページへアクセス・入金アドレスをコピーし、他社の出金先ウォレットの宛先アドレスフォームへ貼り付け「出金額」を記入し手続きを行ってください。

上はCoincheckからZaif(ザイフ)へビットコインを入金する際の手続き参考画像です。

AirFXではビットコイントレードを行うため、ビットコインの入金方法は覚えておくと役立つでしょう。

Zaif(ザイフ)のAirFXの使い方 チャートの確認方法

Zaif(ザイフ)のAirFXのチャートへアクセスする使い方は、「取引」から「AirFX」を選択します。

チャートはAirFXのビットコインレートの推移を示しています。

Zaif(ザイフ)のチャートの種類を変更するには、チャート上のローソク足アイコンを、時間足を変更するには「日」と言うアイコンをクリックしてください。

AirFXのチャート分析指標となる、インジケーターも挿入できます。

チャート画面左には描画ツールもありますので、Zaif(ザイフ)のチャートでは基本的な使い方ができます。

Zaif(ザイフ)のAirFXの使い方 注文方法

チャートの表示と同じくAirFXの注文方法の使い方も、まずは「取引」から「AirFX」を選択し注文フォームへアクセスします。

注文フォームの隣にZaif(ザイフ)の板情報があり、すでに市場にある売り注文と買い注文一覧が表示されています。

Zaif(ザイフ)の注文方法の使い方は、「買い注文(売り注文)」を選択し「1BTCの価格」を入力、「買いたい量(売りたい量)」を記入し、レバレッジを選択しましょう。

最後に「買い注文(売り注文)」ボタンをクリックするのが、AirFXにおける注文方法の使い方です。

AirFXの板情報には、他のユーザーが出した「いくらで買います(売ります)」という注文情報が掲載されています。

たとえばAirFXでビットコインを買いたい場合、他のZaif(ザイフ)ユーザーが出した売り注文一覧から選択して即座に購入する方法があります。

※これを成行注文と言う

もうひとつの使い方は、自分が買いたい価格でAirFXに注文を出し買い注文一覧に掲載して、同じ価格でビットコインを売りたいという注文が他のユーザーからあった場合に購入することができる方法です。

※これを指値注文と言う

AirFXのオプション的な注文の使い方として「リミット売り(買い)」「ストップ」を予約しておくこともできます。

「リミット売り」には買い価格よりも大きな金額を(売り注文の場合は「リミット買い」には売り価格よりも小さな金額を)記入しておくことで、価格にたっしたときに自動的に決済注文が発動します。

逆に「ストップ」には買い価格よりも小さな金額を(売り注文の場合は売り価格よりも大きな金額を)記入しておくことで、価格に到達したときに自動的に損切り注文を発動することができます。

リミット売り(買い)は利益を確定する注文の使い方、ストップは損失を最小限に抑える使い方ができ、Zaif(ザイフ)のAirFXで損少利大をめざすことができます。

Zaif(ザイフ)のAirFXの使い方 取引条件や手数料について

Zaif(ザイフ)のAirFXで効率よい使い方をするために、取引条件や手数料を確認しましょう。

Zaif(ザイフ)のAirFXの使い方 取引条件

Zaif(ザイフ)AirFXの使い方として、熟知すべき取引条件は以下の通りです。

  • レバレッジ倍率:1・2・2.5・3・4倍
  • ロスカット率:証拠金維持率30%
  • 追証:なし
  • ポジションの有効期限:なし

Zaif(ザイフ)ではレバレッジによって証拠金を最大4倍にしてビットコインFXできます。

ポジションの損失が膨れ上がり強制決済されてしまうことをロスカットと言いますが、AirFXは証拠金維持率30%でロスカットされます。

ただしAirFXのロスカットでは、他社含み益ポジションと相殺することで証拠金以上の損失を発生させないEPSという仕組みを取っています。

国内業者にしてはめずらしく追証も発生しないのはZaif(ザイフ)の使い方を向上させる大きな特徴と言えるでしょう。

Zaif(ザイフ)のAirFXの使い方 手数料

Zaif(ザイフ)では、AirFXで独自に発生する手数料も定められています。

  • maker手数料・taker手数料:0%
  • 日次手数料:0.039%/日
  • スワップ手数料:最大±0.375%/2h

Zaif(ザイフ)では取引手数料は発生せず、AirFXでも指値注文で発生するmaker手数料と、成行注文で発生するtaker手数料は無料です。

日次手数料は、AirFXのポジション管理費のようなもので日をまたぐたびに毎日1回発生します。

スワップ手数料は、Zaif(ザイフ)の現物価格とAirFXの乖離を抑えるために、乖離させるポジションから乖離を抑えるポジションに対してユーザー間で支払いや受取する、AirFX独自の手数料です。

Zaif(ザイフ)のAirFXの使い方を分かりやすく解説まとめ

Zaif(ザイフ)のAirFXの使い方を解説しました。 無期限でレバレッジ取引を行えるAirFXは、Zaif(ザイフ)において役立つはずです。

使い方を理解するためには、AirFXの取引条件や手数料もきちんと把握することが重要と言えるでしょう。

2020年9月8日現在、Zaif(ザイフ)では信用取引を停止しており、利用できるレバレッジ取引はAirFXのみですので、ぜひご活用ください。