ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

Sweatcoin(スウェットコイン)のユーザー数・運営会社を分かりやすく解説

Sweatcoin(スウェットコイン)はMove to Earnの老舗のひとつです。

しかし、名前こそ聞くようになったものの実際のユーザー数はどの程度いるのでしょうか。

あるいは運営会社がどこなのか、信用できるのか気になるという人も少なくないでしょう。

そこで今回はSweatcoin(スウェットコイン)のユーザー数と運営会社について分かりやすく解説していきます。

Sweatcoin(スウェットコイン)のユーザー数・運営会社を分かりやすく解説

Sweatcoin(スウェットコイン)のユーザー数の運営会社公表数

Sweatcoin(スウェットコイン)のユーザー数は運営会社の公式発表では1億人を超えています。

アプリストアのダウンロード数やレビュー数を見るに、決して誇張した数字ではなく実際にそれくらいのユーザー数がいると見て間違いなさそうです。

また、Sweatcoin(スウェットコイン)が日本で人気が出てきたのはここ最近ですが、世界的には先行して多くの人に浸透しています。

こうしたアプリのユーザー数は水増しが当たり前です。

しかし、Sweatcoin(スウェットコイン)に関してはアプリをインストールすればあとは難しいこともなく、極端な話し起動せずともトークンを稼げます。

実際に1億人超のユーザー数がいるとしても不自然なことはないでしょう。

Sweatcoin(スウェットコイン)のユーザー数の今後

Sweatcoin(スウェットコイン)のユーザー数は今後も増えていくと思われます。

Move to EarnといえばSTEPN(ステップン)もまた有名かつ人気ですが、そちらはトークン暴落の憂き目にあっています。

そこで代わりとなるMove to EarnとしてSweatcoin(スウェットコイン)が一躍注目を集めているからです。

また、先に触れたようにSweatcoin(スウェットコイン)は気軽に始められることもユーザー数の伸びに寄与すると思われます。

Sweatcoin(スウェットコイン)の運営会社は「ユーザー数10億」も遠くないと公言していますが、決して絵空事ではないように思えます。

ちなみに、先ほどSTEPN(ステップン)からSweatcoin(スウェットコイン)への乗り換えについて言及しましたが、無理に乗り換える必要はありません。

たしかにSweatcoin(スウェットコイン)はMove to Earnではあるものの、STEPN(ステップン)とは似て非なるもの。

二者択一どころか、むしろ併用に最適です。

STEPN(ステップン)は多少の初期投資が必要ですが、興味のある人は併用も検討してみましょう。

Sweatcoin(スウェットコイン)の運営会社

Sweatcoin(スウェットコイン)の運営会社はSweatco有限会社です。 2014年にイギリスで創業されたベンチャー企業です。

とくに怪しい運営会社ということもありませんが、新興企業であるがゆえに信用はそこまでありません。

ようやくSweatcoin(スウェットコイン)のユーザー数が伸びて経営も軌道に乗ってきたような印象です。

過去のホワイトペーパーを見るに、運営方針も一貫しておらず若干の不安定さは否めません。

とはいえ、Web3.0自体が先の読めない新たなビジネス領域です。 どのサービスの運営会社も大手とはいえずベンチャーばかりです。

特段Sweatcoin(スウェットコイン)の運営会社が他社に比較して心もとないということはないでしょう。

Sweatcoin(スウェットコイン)のユーザー数増加の影響は?

Sweatcoin(スウェットコイン)のユーザー数増加は必ずしも嬉しいこととはかぎりません。

Sweatcoin(スウェットコイン)は歩くことでトークンを得られるシステムです。

しかし、トークンの価格は需給で決まるため、ユーザー数増加で供給量が増えれば価格が下がっていくはずだからです。

ただ、この点は運営会社も当然に想定しているところ。

過剰供給をおさえるシステムも計画済みです。

具体的にはトークン(SWEAT)の生成難度の上昇です。

Sweatcoin(スウェットコイン)が上場した当初は1,000歩=1SWEATのレートでしたが、これはあくまでも初期値。

運営会社は1年後に1SWEAT=0.33SWEAT、2年後に1SWEAT=0.19SWEATの生成量に引き上げていく計画をしています。

そして実際に日々生成難度は増しており、いま確認したところすでに1SWEAT=1,200歩程度にまで変動しています。

さらにいえば、ユーザー数が爆発的に増えれば生成難度が飛躍的に高まる可能性もゼロではありません。

総じて、Sweatcoin(スウェットコイン)は早めに始めるほど有利です。 また、初期投資もリスクもゼロです。

少しでも興味のある人はできるだけ早めに始めることをおすすめします。

Sweatcoin(スウェットコイン)のユーザー数を運営会社が絞る可能性は?

先行して上場したSTEPN(ステップン)に関していえば、ユーザー数増加をおさえるために紹介制を導入しました。

一時期はアクティベーションコード難民という言葉が生まれたほどです。

しかし、Sweatcoin(スウェットコイン)に関しては運営会社がそこまで積極的にユーザー数増加を抑制する可能性は低いと思われます。

まず、SWEAT獲得難度の引き上げが予定されていることが理由のひとつです。

また、Sweatcoin(スウェットコイン)で稼げるトークンはSWEATとSweatcoin(SWC)の二本立てです。

そして、SWCについてはSWEATのように外部とのやり取りはできません。

仮想通貨に明るくない人向けのゲーム内通貨といった位置づけです。

SWEATに関しては、Sweatcoin(スウェットコイン)とはまた別にSweatwalletの利用が必須です。

したがって、数字上のSweatcoin(スウェットコイン)のユーザー数が急激に増えたとしても、そのすべてがSWEATの供給過多に拍車をかけるとはかぎりません。

全体的に、Sweatcoin(スウェットコイン)の運営会社はユーザー数の急激な増加を見越したシステム設計をしているように見えます。

こうしたことから、今後、運営会社がそこまで厳しくユーザー数増加をはかることはないでしょう。

Sweatcoin(スウェットコイン)のユーザー数・運営会社を分かりやすく解説 まとめ

Sweatcoin(スウェットコイン)のユーザー数は公式発表によればすでに1億人を超えています。

誰でも気軽にノーリスクで始められるという特徴を考えると、運営会社の掲げる10億人突破も決して夢物語ではなさそうです。

また、ユーザー数の急増はトークンの供給過多で需給を崩しますが、Sweatcoin(スウェットコイン)はそこも織り込んだ計画をしています。

そのため、STEPN(ステップン)のように運営会社手動でユーザー数の増加に歯止めをかけるようなシステムもおそらく導入しないはずです。

とはいえ、Sweatcoin(スウェットコイン)は早めに始めたほうが明らかに有利です。

興味のある人はなるべく早めに使い始めることをおすすめします。