ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

Sweatcoin(スウェットコイン)の招待・友達紹介を分かりやすく解説

Sweatcoin(スウェットコイン)はMove to Earnの老舗のひとつです。

実は、そんなSweatcoin(スウェットコイン)は実はある以外にも友達紹介プログラムによっても利益を得られます。

紹介できる人数次第では雀の涙ほどの報酬ですが、それでもまったく損はありません。

そこで今回はSweatcoin(スウェットコイン)の招待・友達紹介プログラムについて分かりやすく解説していきます。

Sweatcoin(スウェットコイン)の招待・友達紹介を分かりやすく解説

Sweatcoin(スウェットコイン)は招待・友達紹介プログラムがある

Sweatcoin(スウェットコイン)には招待制の友達紹介プログラムがあります。

招待した人には1人につき5SWCの報酬があります。

一方で、招待された人には残念ながらなにもメリットはありません。

片方だけに得があるのは招待するほうにとっても訴求しづらいと言わざるを得ません。

普通、他のサービスの友達紹介プログラムでは招待されるほうにもなんらかのメリットがあるものです。

Sweatcoin(スウェットコイン)の運営にも招待される側になんらかのメリットを設けて欲しいところです。

Sweatcoin(スウェットコイン)の招待・友達紹介のやり方

Sweatcoin(スウェットコイン)が友達紹介プログラムはユーザーであれば誰でも簡単に利用可能です。

メインメニューにそのまま「友達を紹介して5SWCをゲットしよう」という項目があるのでそちらを選択するだけです。

すると固有のURLが発行されるので、そちらをコピーしてSNSなどで友人・知人をSweatcoin(スウェットコイン)に招待すればOKです。

回数に制限はなく、何度でも何人でも同じURLを使って招待可能です。

実際のところ、友達紹介だけでは数にも限界があります。

なるべく多くの報酬をもらいたい人は不特定多数を対象に多くの人の目のつく場所でSweatcoin(スウェットコイン)を紹介しましょう。

とはいえ、無闇矢鱈に招待するのは迷惑に感じる人も多いはずです。

あくまでも興味の有りそうな人に適切な頻度で紹介する程度にとどめておきましょう。

なお、ここで自分で複数のアカウントを作って自分に紹介してはどうかとお考えになる人もいるかもしれません。

しかし、そういった手法は自己アフィリエイトと呼ばれ、一般的には禁止されています。

Sweatcoin(スウェットコイン)でも当然にNGと考えておきましょう。

Sweatcoin(スウェットコイン)の招待・友達紹介の報酬

すでに触れましたが、Sweatcoin(スウェットコイン)の友達紹介プログラムの報酬は1日の招待あたり5SWCです。

現在、ゲーム内通貨であるSWCは等価でSWEATに交換できます。

そのSWEATは日本円にして4円程度のレートです。

したがって、日本円換算での友達紹介プログラムの報酬は約20円ほどです。

お世辞にも高いとはいえません。

まとまった報酬が欲しい人はやはり友人・知人にかぎらず幅広い人に対してSweatcoin(スウェットコイン)に招待しましょう。

Sweatcoin(スウェットコイン)の招待・友達紹介のデメリット

Sweatcoin(スウェットコイン)の友達紹介プログラムに特に目立ったデメリットはありません。

招待する人は報酬が貰えるというメリットだけを享受できます。 招待される側には特にメリットもない一方でデメリットもありません。

ただ、あえていうのであれば個人情報の漏洩にはほんのわずかに注意が必要かもしれません。

友達紹介プログラムを通してSweatcoin(スウェットコイン)を始めた人の歩数やアカウント名は、招待した人に分かるからです。

歩数はともかくとしてアカウント名は特に注意が必要です。

Sweatcoin(スウェットコイン)はアップルIDやグーグルアカウントと紐づけて利用できますが、デフォルトではそれらのアカウント名になっています。

変更せずに使っていると、やもすると実名がバレてしまいます。

これから第三者の友達紹介プログラムでSweatcoin(スウェットコイン)を始めようという人は、それらのアカウント名は変更しておきましょう。

Sweatcoin(スウェットコイン)の招待・友達紹介が多い人は

Sweatcoin(スウェットコイン)の友達紹介プログラムを十分に活用できている人は、正規のアフィリエイトプログラムへの道も拓けます。

アフィリエイトとは、第三者にサービス・製品を紹介することで報酬を得るシステムです。 要するに友達紹介プログラムの拡大版です。

Sweatcoin(スウェットコイン)では友達紹介プログラムで招待した人が30人を超えると正規のアフィリエイトを利用できるようになります。

そうなると、専用の広告素材が利用できるようになりますし、また報酬の単価も変わってきます。

残念ながら具体的な報酬単価は明かされていませんが、招待した実績に応じて上がるものと思われます。

本格的にSweatcoin(スウェットコイン)を世に広めたいという人は、いずれ正規のアフィリエイトへの切り替えも視野に入れておきましょう。

Sweatcoin(スウェットコイン)の招待・友達紹介の注意点

Sweatcoin(スウェットコイン)の友達紹介プログラムに大きなデメリットはありません。

ただ、だからといって報酬目当てにあることないことをでっち上げて招待するのはやめておきましょう。

たとえば、Sweatcoin(スウェットコイン)を使えば楽して稼げるというような誘い文句は褒められたものではありません。

たしかに、Sweatcoin(スウェットコイン)は初期投資なしでいくばくかのトークンを稼げるのは事実です。

しかし、まとまった収入を得ようとなれば有料プランの登録が必須ですし、それでも限界があります。

そこを無視して、あたかも大きく稼げるような紹介をするのは事実に反します。

Sweatcoin(スウェットコイン)がMove to Earnであることは間違いありませんが、現状はまだどちらかといえば単なるフィットネストラッカーの側面が強めです。

Sweatcoin(スウェットコイン)の友達紹介プログラムで誰かを招待するときは、誇張するのではなく正直な使用感を伝えるようにしましょう。

Sweatcoin(スウェットコイン)の招待・友達紹介を分かりやすく解説 まとめ

Sweatcoin(スウェットコイン)には友達紹介プログラムが存在します。

招待した人は1人につき5SWCの報酬が貰えます。

また、友達紹介プログラムで招待した人が30人を超えると正規にアフィリエイトもできるようになります。

ただ、現状のSweatcoin(スウェットコイン)の友達紹介プログラムの報酬はお世辞にも高いとは言いかねます。

今のところは誰かにSweatcoin(スウェットコイン)を紹介する際のオマケ程度のものを考えておくほうがよいかもしれません。