ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

Sweatcoin(スウェットコイン)のステーキングを分かりやすく解説

Sweatcoin(スウェットコイン)はMove to Earnの老舗のひとつです。

そんなSweatcoin(スウェットコイン)は最近のアップデートでステーキングを開始しました。

しかし、そもそもステーキングがどういったものかよく分からないという人も少なくないでしょう。

そこで今回はSweatcoin(スウェットコイン)のステーキングについて分かりやすく解説していきます。

Sweatcoin(スウェットコイン)のステーキングを分かりやすく解説

Sweatcoin(スウェットコイン)のステーキングとは

Sweatcoin(スウェットコイン)のステーキングとは、SWEATを預けることで若干の報酬を受け取れるシステムです。

似て非なるものですが、銀行預金のようなイメージです。

ステーキング自体は仮想通貨で一般的な仕組みで、Sweatcoin(スウェットコイン)のトークンであるSWEATも上場にあわせてステーキングができるようになりました。

ちなみに、ステーキングはStaking。 Stakeとは出資という意味の英単語です。

利害関係者を意味するステイクホルダーも、その案件に出資しているという意味で利害関係者というわけです。

しかし、ステーキングというとどうしても食品を思い浮かべがちです。

もはや一般化してしまいましたが、個人的には発音どおり「ステイキング」と表記すべきなのではと思います。

Sweatcoin(スウェットコイン)のステーキングの年利

Sweatcoin(スウェットコイン)のステーキングの年利は預け入れる期間によって以下のように異なります。

・3ヶ月・・・3%

・6ヶ月・・・6%

・12ヶ月・・・12%

ただし、年利は常に変動するものと思われます。

また、一度ステーキングを申し込んだSWEATは拘束されます。

当然、拘束期間中にレートが下がれば相対的に損をする可能性もあります。

実際にSweatcoin(スウェットコイン)でステーキングをする際にはそうしたリスクは織り込んでおきましょう。

なお、これらはあくまでも「年利」のため、必ずしも数字通りに資金が増えるわけではありませんので、そこも勘違いしないようにしましょう。

Sweatcoin(スウェットコイン)のステーキングには対応ウォレットが必須

Sweatcoin(スウェットコイン)でステーキングをするためには対応するウォレットが必須です。

いまのところはSweatcoin(スウェットコイン)が開発したSweatWalletのみが対応しているようです。

ただ、SweatWalletを使うためにはまずSweatcoin(スウェットコイン)をある程度利用している必要があります。

SWEATのステーキングをしたい人はとりあえずはSweatcoin(スウェットコイン)で歩いてSWCを貯めましょう。

Sweatcoin(スウェットコイン)のステーキングにはリワードも

Sweatcoin(スウェットコイン)にはステーキング対象者限定のリワードも存在します。

内容はいまひとつはっきりしていませんが、ステーキングの数量に応じて応募できる商品が決まり、抽選で当選するようです。

イメージ的には株式投資におけるIPOのようなものでしょうか。

特に費用はかからないのでステーキングをしている人はとりあえず応募しておいて損はないかと思います。

とはいえ、リワード応募を目的にステーキングをするのはおすすめしません。

不確実な確率要素で多額の資金を拘束するのはリスクが大きすぎます。

やるにしても、Sweatcoin(スウェットコイン)で稼いだトークンを持て余しているときだけにしておきましょう。

Sweatcoin(スウェットコイン)のステーキングは制限あり

現在、Sweatcoin(スウェットコイン)のステーキングは所持トークンの10%までに制限されています。

これはSWEATが上場して間もないため、需給を安定させるためのものと思われます。

制限は徐々に解除されていき、2年後にすべての所有トークンをステーキングできるようになる予定です。

ただし、そのころには年利も下がっているのではと思われます。

いま潤沢なSWEATを確保できるのであればすぐにステーキングしておくのもひとつの手かもしれません。

とはいえ、その際にはやはりSweatcoin(スウェットコイン)のステーキングのデメリットも承知しておくべきです。

次はそちらを詳しく見ていきましょう。

Sweatcoin(スウェットコイン)のステーキングのデメリット

Sweatcoin(スウェットコイン)でステーキングをするデメリットはやはり資金が拘束されることです。

3ヶ月で3%や12ヶ月で12%の年利というと非常に高い数字のように思われるかもしれません。

しかし、仮想通貨のマーケットは一般的な金融商品に比べれば変動が激しいもの。

1年後に12%レートが下がる可能性も十分にあります。

また、Sweatcoin(スウェットコイン)は今後、他の多くのトークンとの交換もできるようになる予定です。

そうなれば、わざわざSWEATでステーキングせずとも他のトークンでステーキングしたほうが得な場合もあるでしょう。

Sweatcoin(スウェットコイン)が上場したばかりである以上、不確定要素も少なくありません。

こうした見通しが立たない現状で資金を拘束されるのはステーキングの大きなデメリットと言わざるを得ないかと思います。

Sweatcoin(スウェットコイン)はステーキングすべきか

これからSweatcoin(スウェットコイン)をする人は焦ってステーキングをする必要はないように思います。

Sweatcoin(スウェットコイン)はまだ上場したばかりのサービス。

今後もさまざまなアップデートがあるはずです。

そこでSWEATが必要になってもステーキングをしていたら後の祭りです。

実際、最近のアップデートでSWEATが現金化できるようになって、すでにステーキングしてしまった人から後悔の声を聞くことも少なくありません。

どうしてもSweatcoin(スウェットコイン)のステーキングは資金が拘束されることが大きなデメリットです。

仮にステーキングするとしても最短の3ヶ月くらいにとどめておくとよいのではと思います。

Sweatcoin(スウェットコイン)のステーキングを分かりやすく解説 まとめ

Sweatcoin(スウェットコイン)のステーキングとは、トークンを預けることで若干のリターンを得られるシステムです。

似て非なるものですが、銀行預金をイメージすると分かりやすいかと思います。

ただし、Sweatcoin(スウェットコイン)のステーキングは長期間資金を拘束されるという大きなデメリットがあります。

変化の早い今のSweatcoin(スウェットコイン)においてそれは無視できないポイントです。

たしかにステーキングの年利は悪くありませんが、実際にするかどうかは慎重に判断しましょう。