ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

Sweatcoin(スウェットコイン)が上場した取引所を分かりやすく解説

Sweatcoin(スウェットコイン)はMove to Earnの老舗のひとつです。

そんなSweatcoin(スウェットコイン)関連のトークンであるSWEATは満を持していくつかの取引所に上場しました。

しかし、具体的にはどういった取引所に上場したのでしょうか。

また、それぞれの取引所にはどのような特徴があるのでしょうか。

そこで今回はSweatcoin(スウェットコイン)が上場した取引所について分かりやすく解説していきます。

Sweatcoin(スウェットコイン)が上場した取引所を分かりやすく解説

Sweatcoin(スウェットコイン)が上場した取引所

Sweatcoin(スウェットコイン)は9月に以下のようないくつかの仮想通貨取引所に上場しました。

・OKX

・FTX

・BITFINEX

・KUCOIN

・BYBIT

・NEXO

残念ながら、いずれも海外の取引所です。

現状、Sweatcoin(スウェットコイン)のトークンは国内の仮想通貨交換業者には上場していません。

FTXは日本版のFTX.JPNも存在しますが、Sweatcoin(スウェットコイン)は上場していません。

したがって、Sweatcoin(スウェットコイン)で稼いだトークンを最終的に換金するためにはこれら海外の取引所を経由する必要があります。

Sweatcoin(スウェットコイン)の収益性を考えると急ぐ必要はありませんが、いずれどらかの取引所の口座は解説しておきましょう。

そこでここからは各業者の特徴を簡単に解説していきます。

なお、仮想通貨の上場とは単に取引所で取り扱い始めたという意味合いにすぎません。

一般的な株式投資でいうところの上場と大きな違いはありません。

Sweatcoin(スウェットコイン)が上場した取引所【OKX】

OKXは仮想通貨取引所の世界的な大手のひとつです。

日本ではあまり知名度が高くありませんが、実にバリエーションに富んだ通貨が上乗じています。

Sweatcoin(スウェットコイン)以外のマイナー通貨に興味のある人はOKXを使うのもよいかと思います。

一応、念を押しておくとOKXは中国資本の取引所です。

もっとも、本拠地移転によって中国の仮想通貨規制からは逃れています。

Sweatcoin(スウェットコイン)が上場した取引所【FTX】

FTXは比較的日本でも知名度の増してきた業者です。

個人的にはSweatcoin(スウェットコイン)とあわせて口座を作るには悪くない選択と思います。

というのも、Sweatcoin(スウェットコイン)と同じMove to EarnであるSTEPN(ステップン)もまたFTXに上場しているからです。

STEPN(ステップン)関連のトークンであるSOLについてはFTX.JPNにも上場しています。

個人的にはなぜかFTXは使えませんでしたが、STEPN(ステップン)にも興味のある人はこちらも検討してみましょう。

Sweatcoin(スウェットコイン)が上場した取引所【BITFINEX】

BITFINEXは日本円の入金できる珍しい海外取引所です。

もっとも、Sweatcoin(スウェットコイン)はとくに初期費用はかからないため、このメリットはそこまで活きてきません。

また、BITFINEXは過去に大規模なハッキング被害に遭ったという経験があります。

もとよりBITFINEXを使っていて、たまたまSweatcoin(スウェットコイン)が上場したというのでなければ、あえて利用する必要はないかもしれません。

個人的にも口座を作ってはいるものの、あまり使っていません。

Sweatcoin(スウェットコイン)が上場した取引所【KUCOIN】

KUCOINは上場しているトークンが群を抜いて多い取引所です。

OKX同様にSweatcoin(スウェットコイン)以外のマイナー通貨に興味のある人には魅力的に映るのではないでしょうか。

また、海外取引所では比較的珍しく日本語にも対応しています。

現在のSweatcoin(スウェットコイン)はコミュニティも含めてほとんど日本語化されていません。

せめて利用する取引所だけでも日本語で済ませたいという人には悪くない選択肢なのではと思います。

Sweatcoin(スウェットコイン)が上場した取引所【BYBIT】

BYBITもまた日本語化されている海外取引所のひとつです。

またFTX同様に、STEPN(ステップン)関連のトークンも上場しています。

Sweatcoin(スウェットコイン)とSTEPN(ステップン)は併用が非常におすすめです。

どの取引所も悪くありませんが、個人的にはSTEPN(ステップン)関連も上場しているFTXとBYBITがとくにおすすめです。

ちなみに、BYBITは個人的に利用している海外取引所のひとつでもあります。

Sweatcoin(スウェットコイン)が上場した取引所【NEXO】

NEXOはレンディングに強みを持つ取引所です。

上場しているトークンも他の取引所に比較するとステーブルコインが多めな印象です。

ただ、Sweatcoin(スウェットコイン)のためだけに使うとなると、あえて選ぶメリットも小さいような気がします。

NEXOは実際に個人的に使っているわけではありませんが、日本語対応も微妙に見えます。

上場銘柄以外の条件も一般的な取引所とは若干毛色が違うようなので、1社目の海外取引所として選ぶならば他がよいかもしれません。

Sweatcoin(スウェットコイン)が上場した取引所の注意点

最後にひとつ補足しておきます。 ここまでSweatcoin(スウェットコイン)の上場と解説してきましたが、正確にいえば上場しているのは「SWEAT」と呼ばれるトークンです。

Sweatcoin(スウェットコイン)では関連するトークンとしてSWEATのほか「Sweatcoin(SWC)」もありますが、そちらはゲーム内通貨のようなものです。

一般的な仮想通貨としてやり取りできるのはSWCではなくSWEATです。

どちらもSweatcoin(スウェットコイン)で歩くことで稼げるトークンではあるものの、似て非なるものです。

一応、SWCもまたギフトカードなどと交換可能ですが、上場していない以上は外部への送金などはできません。

そしてSWCに関しては今後、上場する予定も可能性も皆無です。

ここはくれぐれも勘違いしないようにしましょう。

Sweatcoin(スウェットコイン)が上場した取引所を分かりやすく解説 まとめ

現在、Sweatcoin(スウェットコイン)は「OKX」「FTX」「BITFINEX」「KUCOIN」「BYBIT」「NEXO」の6社に上場しています。

ただSweatcoin(スウェットコイン)を使うだけであれば必須ではないものの、いずれトークンを換金するためには上場している取引所の口座が必要になってきます。

個人的にはBYBITかFTXあたりがおすすめですが、いずれも大手の取引所ばかりです。

ご自分の用途や重視するポイントに応じて選びましょう。