ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

Sweatcoin(スウェットコイン)のインフルエンサープログラムの報酬とやり方を分かりやすく解説

Sweatcoin(スウェットコイン)は歩くことでトークンを稼げるMove to Earnの老舗のひとつです。

そんなSweatcoin(スウェットコイン)は、ただ歩くだけではなくインフルエンサープログラムでも利益を狙えます。

しかし、そもそもインフルエンサープログラムとはいったいどういったものなのでしょうか。

あるいは、やり方や報酬の金額も気になるところかと思います。

そこで今回はSweatcoin(スウェットコイン)のインフルエンサープログラムの報酬とやり方について分かりやすく解説していきます。

Sweatcoin(スウェットコイン)のインフルエンサープログラムの報酬とやり方を分かりやすく解説

Sweatcoin(スウェットコイン)のインフルエンサープログラムとは

Sweatcoin(スウェットコイン)のインフルエンサープログラムとは、新たなユーザーを勧誘すると報酬が貰えるプログラムです。

誰かにサービスや商品を紹介して報酬を貰えるアフィリエイトというものをご存知かもしれませんが、それと同じです。

ただし、Sweatcoin(スウェットコイン)のインフルエンサープログラムは誰でも利用できるというわけではありません。

インフルエンサープログラムの下位互換としてSweatcoin(スウェットコイン)には友達紹介プログラムがあります。

そちらで30人以上の招待実績を作った人だけがインフルエンサープログラムを利用できます。

そして、もちろんどちらが適用されるかで、やり方や報酬も若干違ってきます。

なお、公式サイト上では20人が条件になっていますが、一方でインフルエンサープログラムの規約では30人になっています。

実際のインフルエンサーの体験談を見ると20人という人が多数ですが、基本的にはあえて厳しいほうの30人と見ておくべきでしょう。

Sweatcoin(スウェットコイン)のインフルエンサープログラムの報酬

Sweatcoin(スウェットコイン)のインフルエンサープログラムの報酬は変動制です。

一例として、過去には以下のような報酬となっていたようです。

・66人・・・100ドル

・133人・・・200ドル

・333人・・・500ドル

・666人・・・1,000ドル

一人当たりに換算すると、だいたい200円くらいでしょうか。

数が多いように感じるかもしれませんが、不特定多数に訴求するやり方をすれば案外難しい数字ではないかと思います。

また、参考までに、インフルエンサープログラムの下位互換である友達紹介プログラムの報酬は1人の紹介につき5SWCです。

ただ、Sweatcoin(スウェットコイン)はSWEATの上場にともなってSWCの用途がゲーム内通貨に限定されることがはっきりとしました。

したがって、友達紹介プログラムでSWCを報酬として貰っても、ただちに現金化はできません。

先に触れたとおり、インフルエンサープログラムの利用条件は友達紹介プログラムの実績30人以上です。

明確な経済的利益が欲しい人は将来的にはインフルエンサープログラムへの移行を目指しましょう。

Sweatcoin(スウェットコイン)のインフルエンサープログラムのやり方

Sweatcoin(スウェットコイン)のインフルエンサープログラムのやり方は、基本的に友達紹介プログラムとほぼ同じです。

ユーザーごとに紹介専用のURLが取得できるので、そちらを経由してアカウントを作ってもらうだけです。

Sweatcoin(スウェットコイン)はデフォルトでSNSの連絡先と同期できるので、そちらを利用して第三者へ紹介するようなやり方も可能です。

これは友達紹介プログラムでも利用可能です。

一方、インフルエンサープログラムの利用者に関しては、別途、Sweatcoin(スウェットコイン)が用意してくれた宣伝素材も使えるようになります。

たとえば、動画コンテンツなどです。 これらを活用すれば、より多彩なやり方でSweatcoin(スウェットコイン)を広めることができるようになるかと思います。

ただし、報酬獲得を重視するばかりに過度に誇張した内容で宣伝するのはやめておきましょう。

Sweatcoin(スウェットコイン)を始めるにあたってリスクはありませんが、それでも良い気分にはならないはずです。

インフルエンサープログラムの条件をクリアしている人ならばそれなりにSweatcoin(スウェットコイン)を使い込んでいるはずです。

それならば、できるだけ自身の経験をもとに正直な情報を伝えるようにしましょう。

Sweatcoin(スウェットコイン)のインフルエンサープログラムの報酬とやり方の注意点

今回、Sweatcoin(スウェットコイン)のインフルエンサープログラムの報酬については、第三者の公開している実績を参考にしています。

そして、いくつかの情報源を見るに、必ずしも同一ではなく実績に応じてユーザーごとに個別の報酬が設定されているように思えます。

また、Sweatcoin(スウェットコイン)の運営状況やトークンのレートなども影響してくるでしょう。

今回紹介した報酬についてはあくまでもひとつの参考程度にお考えください。

また、インフルエンサープログラムのやり方については格別の注意をおすすめします。

Sweatcoin(スウェットコイン)は上場前後でルールも大幅に変わりました。

たとえば、少し前は1SWC=1SWEATの価値がありましたが、今のSWCは現金としてはほぼ無価値です。

また、歩いて稼げるSWEATのレートも1,000歩=1SWEATから徐々に厳しくなっています。

具体的にはSweatcoin(スウェットコイン)公式は1年後には1,000歩=0.33SWEATにすると公言しており、事実、今でもすでに1SWEAT=1,200歩くらいになっています。

こうした事実を無視した宣伝はむしろSweatcoin(スウェットコイン)の評判を貶めかねません。

そもそも、報酬に目が眩んで、あることないことを宣伝すると自分の信用も落としてしまいます。

インフルエンサープログラムを利用する人は中長期的な目線で、Sweatcoin(スウェットコイン)が盛り上がるようなやり方を心がけましょう。

Sweatcoin(スウェットコイン)のインフルエンサープログラムの報酬とやり方を分かりやすく解説 まとめ

Sweatcoin(スウェットコイン)のインフルエンサープログラムとは、誰かを紹介して報酬を貰うシステムです。

下位互換の友達紹介プログラムで、ある程度の実績を積むとインフルエンサープログラムの招待が届きます。

報酬は1人につき5SWC、そして節目となる人数で現金としての報酬も貰えるようになります。

やり方自体の基本は友達紹介プログラムと同じですが、インフルエンサープログラムになると専用の広告素材も利用できるようになります。

ただし、報酬目当てでSweatcoin(スウェットコイン)の実態とかけ離れた宣伝をするのはご法度です。

長い目で見て、素直な体験や感想を伝えるようなやり方を心がけましょう。