ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

Sweatcoin(スウェットコイン)のデメリット・メリットを分かりやすく解説

Sweatcoin(スウェットコイン)はMove to Earnの老舗のひとつです。

そんなSweatcoin(スウェットコイン)に興味があるものの、あらかじめメリット・デメリットを把握しておきたいという人も多いのではないでしょうか。

実際、Sweatcoin(スウェットコイン)は手放しに万人におすすめできるほど優れたアプリでもありません。 向き不向きはあろうかと思います。

そこで今回はSweatcoin(スウェットコイン)のデメリット・メリットについて分かりやすく解説していきます。

Sweatcoin(スウェットコイン)のデメリット・メリットを分かりやすく解説

Sweatcoin(スウェットコイン)のデメリット・メリット

Sweatcoin(スウェットコイン)のデメリット・メリットは以下のとおりです。

【デメリット】

・変革期にある

・情報収集しづらい

・大きくは稼げない

【メリット】

・気軽に始められる

・リスクがない

もちろん感じ方次第でしょうが、個人的には上記の部分が目立ったメリット・デメリットに感じました。

これからSweatcoin(スウェットコイン)を始めようかという人はこうした部分をしっかりと承知したうえで臨みましょう。

ではここからはこれらのデメリット・メリットについて少し詳しく解説していきます。

Sweatcoin(スウェットコイン)のデメリット【変革期にある】

まずは悪いところから、デメリットについて見ていきましょう。

Sweatcoin(スウェットコイン)自体の歴史は比較的古いものの、取引所にトークンが上場したのは最近のこと。

それゆえ、Sweatcoin(スウェットコイン)はルールの変化が激しく、先行きも不透明です。

たとえば、極端な話し突如としてサービスを終える可能性もゼロではないと思われます。

もちろんゼロではない程度であって具体的な心配は不要ですが、安定感がないというのはやはりデメリットと言わざるを得ないでしょう。

もっとも、Move to Earn自体が先進的なジャンルのため、こうしたデメリットはなにもSweatcoin(スウェットコイン)だけではありません。

Sweatcoin(スウェットコイン)と並んで比較されるSTEPN(ステップン)なども頻繁なアップデートを重ねており、変化に付いていくのもやっとです。

また、変革期にあるということは見方を変えれば将来化ける可能性があるというメリットとも言いかえられます。

これについてはそこまで致命的なデメリットとはいえないかもしれません。

Sweatcoin(スウェットコイン)のデメリット【情報収集しづらい】

Sweatcoin(スウェットコイン)は情報収集しづらいことが明らかなデメリットです。

これからSweatcoin(スウェットコイン)を始めようという人がサービスの内容を調べても、おそらく曖昧な情報しか得られないことが多いはずです。

公式ウェブサイトを見ても「歩いて稼げる」程度のことしか分かりません。

どの程度稼げるのか、何が必要なのか、違反行為はといった具体的な情報はほとんど得られません。

また、第三者が発信するSweatcoin(スウェットコイン)に関する情報も似たようなものです。

こうした情報収集の難しさは致命的なデメリットと言わざるを得ないでしょう。

ただ、これは無理もないことで、実際に利用していてもSweatcoin(スウェットコイン)のルールは分からないことが少なくありません。

ホワイトペーパーやライトペーパーを呼んでも具体的なことがない項目も珍しくありません。

まさに手探りといった様相です。

情報収集のしづらさは見方を変えてもメリットといえる部分は皆無です。

これは今後の運営にはぜひとも改善してもらいたいところです。

Sweatcoin(スウェットコイン)のデメリット【大きくは稼げない】

Sweatcoin(スウェットコイン)はそこまで稼げないこともデメリットです。

いまSweatcoin(スウェットコイン)で稼げるトークンの日本円換算の価値は約4円。

やり方次第で増減こそしますが、1日あたりに稼げるトークンの量を考えると稼げて数十円~数百円程度です。

経済的利益を目当てにSweatcoin(スウェットコイン)を検討している人にとってはこれは大きなデメリットなのは間違いないでしょう。

もちろん、仮想通貨はマーケットの変動次第で価値が大きく変わる側面があります。

しかし、Sweatcoin(スウェットコイン)に関しては今後の開発ロードマップを見るに、かなり厳しい需給調整を意識しているようです。

おそらくですが、バブルのような状況になる可能性は低いかと思います。

これは安定しているという意味ではメリットかもしれませんが、大きく稼げない状況が続くというのは一部の人にとってはやはりデメリットです。

基本的にSweatcoin(スウェットコイン)は短期間で大きく稼ぐことを主目的にするものではないと考えておいたほうがよいかもしれません。

Sweatcoin(スウェットコイン)のメリット【気軽に始められる】

Sweatcoin(スウェットコイン)のメリットは気軽に始められることです。

Sweatcoin(スウェットコイン)を始めるにあたって基本的に詳細な個人情報は必要ありません。

グーグルアカウントやアップルIDと紐づければ簡単に始められます。

思いついたらすぐにスタートできるというのは決して小さくないメリットといってよいでしょう。

Sweatcoin(スウェットコイン)のメリット【リスクがない】

Sweatcoin(スウェットコイン)はほとんどリスクなしに始められることも大きなメリットです。

Sweatcoin(スウェットコイン)を始めるにあたって初期投資は不要です。

ただアプリをインストールして歩きはじめればそれだけでトークンを稼げます。

したがって、万が一にもSweatcoin(スウェットコイン)がサービス終了したとて失うものは何もありません。

たしかに獲得したトークンは無価値になるというデメリットはありますが、歩いたことで健康になった事実は変わりません。

極端な話し、それだけでもSweatcoin(スウェットコイン)をするメリットとしては十分といえるのではないでしょうか。

事実、初期投資がかからないSweatcoin(スウェットコイン)はオマケでトークンを貰えるフィットネストラッカーのようなものです。

そう考えれば、ある意味ではメリットしかないフィットネストラッカーといっても言い過ぎではないでしょう。

Sweatcoin(スウェットコイン)のデメリット・メリットを分かりやすく解説 まとめ

Sweatcoin(スウェットコイン)のデメリットは「変革期のため安定していない」「情報収集が困難」「さほど稼げない」といったところです。

一方、「気軽に始められる」「リスクがない」という大きなメリットもあります。

Sweatcoin(スウェットコイン)を稼ぐ目的で考えるとデメリットは無視できません。

しかし、画期的なフィットネストラッカーと考えるとメリットしかありません。

とはいえ、いずれにせよSweatcoin(スウェットコイン)はなんの初期投資もリスクもなく始められます。

興味のある人はとりあえず使ってみてはいかがでしょうか。