ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

Sweatcoin(スウェットコイン)のチャレンジを分かりやすく解説

Sweatcoin(スウェットコイン)は歩くことでトークンを稼げるMove to Earnの老舗のひとつです。

そんなSweatcoin(スウェットコイン)には定期・不定期に開催されるチャレンジと呼ばれるイベントが存在します。

これはよく分からないからと放置しているとそれだけで損です。

そこで今回はSweatcoin(スウェットコイン)のチャレンジについて分かりやすく解説していきます。

Sweatcoin(スウェットコイン)のチャレンジを分かりやすく解説

Sweatcoin(スウェットコイン)のチャレンジとは

Sweatcoin(スウェットコイン)のチャレンジとは、定期的に開催される参加型イベントです。

チャレンジイベント開催時に目標が示され、期限内にクリアできれば報酬を貰えます。

チャレンジは自動参加ではなく、自主的に参加の意思表示をする必要があります。

これはSweatcoin(スウェットコイン)のアプリ内からタップするだけで参加可能です。

とくに費用もかかりませんし目標失敗時のペナルティもありません。

一切損をすることはないので積極的に参加しましょう。

Sweatcoin(スウェットコイン)のチャレンジはイベントごとに内容も報酬も変わってきます。

そこでここからはいくつかのチャレンジの内容を一例として紹介していきます。

Sweatcoin(スウェットコイン)のチャレンジ【歩数チャレンジ】

歩数チャレンジはSweatcoin(スウェットコイン)のチャレンジの中ではごく一般的なものです。

たとえば、10月には「October 250K step challenge」なるチャレンジが開催されています。

これは名前のとおり、10月中に25万歩を目指すチャレンジです。

目標をクリアすると参加者全員に25SWCの報酬があります。

さらに、ランダムで1名の参加者にはBOSE製のスマートスピーカーが当たるとのことです。

ちなみに、9月の歩数チャレンジの景品はAirBnbのギフトカードでした。

ただし、チャレンジは参加中のユーザーのスコアがある程度リアルタイムに更新されます。

また、Sweatcoin(スウェットコイン)にはフレンドシステムもあるので、フレンドの進捗も確認可能です。

チャレンジを通して、ちょっとした競争や協力のようなこともできるのは少し面白いシステムといえるのではないでしょうか。

おそらくは遅からず称号システムのようなものも実装されるでしょう。

ただし、Sweatcoin(スウェットコイン)をグーグルアカウントやアップルIDで使っている人は、デフォルトで実名になっている可能性があります。

はじめて参加する際にはアカウント名の設定は確認しておきましょう。

Sweatcoin(スウェットコイン)のチャレンジ【コミュニティチャレンジ】

Sweatcoin(スウェットコイン)のコミュニティチャレンジは複数の参加者で目標クリアを目指すイベントです。

たとえば「10Billion setps for Breast Cancer Awareness Month」は参加者全員で100億歩を目指すチャレンジイベントです。

MMOゲームでいうところレイドのようなものです。

なお、これについては「Breast Cancer Awareness Month」というように「乳がん啓発月間」にちなんだイベントです。

クリアするとユーザーが報酬を貰えるのではなく、一定額がSweatcoin(スウェットコイン)経由で関連機関に寄付されます。

また、先月は世界食料危機に対応するコミュニティチャレンジが開催されていました。

もっとも、残念ながら参加者数を見るといずれも歩数チャレンジにくらべて明らかに少なめです。

社会貢献に興味のある人はぜひともSweatcoin(スウェットコイン)のコミュニティチャレンジを通じて参加しましょう。

Sweatcoin(スウェットコイン)のチャレンジ【デイリーリワード】

純粋なチャレンジイベントではありませんが、Sweatcoin(スウェットコイン)には似たようなイベントも実施しています。

それはデイリーリワードボーナスです。 デイリーリワードはSweatcoin(スウェットコイン)で広告を視聴することで毎日3回貰える報酬です。

いわゆるログインボーナスのようなものです。

そして、それを期間内に一定回数貰うことで、豪華賞品の抽選に応募できるイベントが不定期開催されています。

チャレンジイベントとは違い参加の意思表示も不要です。

低確率ではありますが、参加しないだけ損です。

デイリーリワードチャレンジがあるときは欠かさずSweatcoin(スウェットコイン)を起動してリワードを貰っておきましょう。

ちなみに、スマホをミュートにしていても一部の広告はデフォルトで音が出ます。

すぐにミュートできますが、人混みの中で広告を視聴するときは注意しておきましょう。

Sweatcoin(スウェットコイン)のチャレンジの注意点

Sweatcoin(スウェットコイン)のチャレンジの報酬はSweatcoin(SWC)です。

一般的な仮想通貨としてやり取りできるのはSWEATであってSWCではないので勘違いしないように注意しておきましょう。

SWCはSweatcoin(スウェットコイン)というゲーム内の通貨のようなものであって、外部とのやり取りはできません。

まったく無価値ではありませんが、SWEATほどの汎用性はありません。

ギフトカードなどとも交換できるものの、在庫切れが目立ちます。

一方、SWEATについては外部へ送金すれば自由に換金できますが、その代わりにリワードやチャレンジでは獲得できず歩数でしか稼げません。

そのレートも1,000歩=1SWEATから始まり、徐々に厳しくなっています。

具体的には1年後には1,000歩=0.33SWEATにまで低下する予定です。

いま実際に確認したところ1SWEAT=1,279歩にまで変動しています。

チャレンジは歩数を稼げるのでSWEAT獲得にも貢献しますが、報酬でSWEATは貰えません。

また、無料プランのSweatcoin(スウェットコイン)では1日あたりの獲得上限もあります。

Sweatcoin(スウェットコイン)で稼ぎたいという人は有料プランへの移行も検討してみましょう。

Sweatcoin(スウェットコイン)のチャレンジを分かりやすく解説 まとめ

Sweatcoin(スウェットコイン)のチャレンジとは、期間内に目標をクリアすると報酬が貰えるイベントです。

基本的には個人で挑戦する歩数チャレンジと、不特定多数で臨むコミュニティチャレンジの2種類が同時に開催されます。

また、Sweatcoin(スウェットコイン)はデイリーリワードを絡めたログインチャレンジのようなものも不定期で催されます。

前者のチャレンジは参加の意思表示こそ必要ですが、いずれも参加費などは不要です。 気軽にチャレンジしていきましょう。