ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

Sweatcoin(スウェットコイン)は安全?怪しい?を分かりやすく解説

Sweatcoin(スウェットコイン)はM2E(Move to Earn)の老舗のひとつ。

そんなSweatcoin(スウェットコイン)に興味があるものの、歩くだけで稼げるというのは怪しいと感じる人もいるのではないでしょうか。

また、個人情報が抜き取られるような心配がないのか安全面でも不安を感じるという人もいるかもしれません。

そこで今回はSweatcoin(スウェットコイン)は安全なのか、怪しいところはないのかについて分かりやすく解説していきます。

Sweatcoin(スウェットコイン)は安全?怪しい?を分かりやすく解説

Sweatcoin(スウェットコイン)は安全で怪しいところはない

Sweatcoin(スウェットコイン)は特に怪しいところもない安全なアプリです。

利用することで大損することもなければ、なにか個人情報を抜き取られるような心配もありません。

とはいえ、もう少し具体的な部分が分からないと判断できないという人も多いかと思います。

そこでここからは以下のような切り口でSweatcoin(スウェットコイン)が安全なのか、怪しいところがないのかを解説していきます。

・初期投資の必要性

・ビジネスモデル

・セキュリティ

・将来性

なお、Sweatcoin(スウェットコイン)はSTEPN(ステップン)とも比較されがちですが、かなり様相が違います。

同じ「歩くことでトークンを稼げるM2E」という部分こそ共通しているものの、ルールが大幅に異なります。

どちらも怪しいサービスではありませんが、同じようなものと考えるのはおすすめしません。

Sweatcoin(スウェットコイン)は安全?怪しい?【初期投資】

Sweatcoin(スウェットコイン)が安全と言いきれるのは初期投資不要であることが大きな理由のひとつです。

Sweatcoin(スウェットコイン)はアプリをスマホへインストールすればすぐに始められます。

STEPN(ステップン)の場合、NFTスニーカーと呼ばれるアイテムを別途購入する必要がありますが、Sweatcoin(スウェットコイン)にそのような初期投資は不要です。

怪しいサービスの場合は高額な初期投資を必要としながら、その後まったく音沙汰がない、稼げないといった心配もあろうかと思います。

しかし、そもそも初期投資不要のSweatcoin(スウェットコイン)であれば仮にそのような事態になろうとも実害ゼロです。

経済的な面で見れば、これ以上に安全なことはないでしょう。

一応、有料会員プランもありますが、もちろん必須ではありません。

少しでも怪しいと感じる人はとりあえず無料プランから始めてみましょう。

Sweatcoin(スウェットコイン)は安全?怪しい?【ビジネスモデル】

Sweatcoin(スウェットコイン)を始めるにあたって初期投資不要というのはユーザーとしては嬉しいかぎりです。

しかし一方で、Sweatcoin(スウェットコイン)の運営はどのように収益を確保しているのでしょうか。

これは広告収入です。

Sweatcoin(スウェットコイン)をするために必ず広告を視聴する必要がある訳ではないものの、広告を見ることでゲームを有利に進められます。

スマホゲームでもよくあるビジネスモデルです。

ただし、表示される広告すべてが安全とはかぎりません。

Sweatcoin(スウェットコイン)にかぎりませんが、ネット広告には詐欺まがいの安全ではないものも少なくありません。

基本的に広告の内容はあまり真に受けないようにしておくことをおすすめします。

Sweatcoin(スウェットコイン)は安全?怪しい?【セキュリティ】

Sweatcoin(スウェットコイン)のアプリとしてのセキュリティも十分に安全と思われます。

そもそもSweatcoin(スウェットコイン)の運営は2015年ころに起業しています。

すでにそれなりの運営歴を持っていることから安全面にも十分な蓄積があるはずです。

また、これまでに情報セキュリティの部分で大きな問題を起こしたとも聞いたことがありません。

ただし、Sweatcoin(スウェットコイン)の扱うトークンは9月に上場したばかり。

また、それにあわせてアプリをウォレット形式に刷新する予定です。

したがって、これから安全面で怪しいところが出てくる可能性は否定できません。

とりあえずこれまでは大丈夫でしたが、今後は少しでも怪しいところが見られればセキュリティは厳にしておくようにしましょう。

Sweatcoin(スウェットコイン)は安全?怪しい?【将来性】

Sweatcoin(スウェットコイン)の将来性は分かりません。

特に怪しいところもない安全なサービスだとしても、人気が出るかどうかはまた別です。

セキュリティの安全面も先に触れたようにリスクゼロではありません。

一応、Sweatcoin(スウェットコイン)は上場にあたって、さまざまな企業から出資を受けるに至りました。

しかし、それで将来が約束された、と言えるほど大手の出資を受けられたかというと微妙なところです。

総じて、盤石な経営とまでは考えないほうがよいかもしれません。

とはいえ、基本的にSweatcoin(スウェットコイン)の将来性は暗くありません。

経営に怪しいところは出てきていないか、たまに気にしておくくらいで十分かと思います。

Sweatcoin(スウェットコイン)は安全?怪しい?【周辺】

Sweatcoin(スウェットコイン)自身は特に怪しいところもない安全なサービスです。

ただ、それを取り巻く環境がこれから荒れる可能性はあるかもしれません。

たとえば、トークンを稼ぐ目的でSweatcoin(スウェットコイン)を始めた人に対しては、遅からず「もっと稼ぐ方法」があると持ちかける輩が出てくるかと思います。

もちろんそういった怪しい人の甘言はたいてい罠です。

なにかしらの手口で高額な商品や情報商材を買わせる口実です。

正直なところSweatcoin(スウェットコイン)で大きく稼ぐのは難しいような印象ですが、安全面でいえばこれほど確実なサービスもそうありません。

また、Sweatcoin(スウェットコイン)はあくまでもフィットネスアプリの一種といったポジションです。

安全に使いたい人はあまり欲は出さず、トークンは健康増進の副次的なリターンくらいに考えておきましょう。

Sweatcoin(スウェットコイン)は安全?怪しい?を分かりやすく解説 まとめ

Sweatcoin(スウェットコイン)は特に怪しいところもない安全なサービスです。

初期投資も不要ですし、Sweatcoin(スウェットコイン)自身の収益も広告によって得られています。

ユーザーがなにかの拍子で大損するような心配はありません。

一方で、最近上場したばかりという背景を考えるとセキュリティ面での安全には多少の注意は必要かもしれません。

Sweatcoin(スウェットコイン)は今後アプリを刷新する予定です。

特にそちらの使い方には若干の注意を払っておきましょう。