ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

Sweatcoin(スウェットコイン)の1コインがいくらか・何円かを分かりやすく解説

Sweatcoin(スウェットコイン)は歩くことでトークンを貰えるMove to Earnの老舗のひとつです。

しかし、トークンを稼げるといっても具体的に1コインいくらになるのか、何円程度の価値があるのかはやはり気になるところかと思います。

そこで今回はSweatcoin(スウェットコイン)の1コインがいくらか、何円程度かを分かりやすく解説していきます。

Sweatcoin(スウェットコイン)の1コインがいくらか・何円かを分かりやすく解説

Sweatcoin(スウェットコイン)の1コインがいくらか・何円かは相場次第

Sweatcoin(スウェットコイン)の1コインがいくらか、何円かはそのときの相場次第です。

仮想通貨は為替と同じようにそのときの需給でレートが大きく変わります。

しかも為替以上に変化が激しく、1コインがいくらかを一定の値で想定するのが難しいと言わざるを得ません。

一例として、Sweatcoin(スウェットコイン)の上場直後、最盛期は12円ほどでしたが、それも長続きせず、今は2.9円ほどです。

Sweatcoin(スウェットコイン)自体が上場して間もないため、1コイン何円くらいで落ち着くのかの予想も簡単ではありません。

あくまでも個人的な予想ですが、おそらくは1コイン2.5円くらいでしばらくは推移するのではないでしょうか。

ただし、単に1コインといってもそれはアプリ内で確認できる残高ではありません。

Sweatcoin(スウェットコイン)に関連するトークンにはSweatcoin(SWC)とSWEATの2種類があり、それぞれまったく性質が異なるからです。

そこでここからはSweatcoin(スウェットコイン)の1コインがいくらか、何円ほどの価値があるのかをそれぞれのトークンに分けて解説していきます。

Sweatcoin(スウェットコイン)の1コインはいくら?何円?【SWC】

SWCについてはいくらになるか、何円ほどかという以前の問題です。

Sweatcoin(スウェットコイン)のSWCの1コインは法定通貨としての価値がほとんどありません。

というのも、SWCは外部へ送金できないため事実上、換金できないからです。 要するにゲーム内通貨のようなものです。

それでもあえて1コインいくらくらいの価値があるかといえば、おそらくSWEATと同程度です。

SWC自体は決して無価値というわけではなく、アプリ内のマーケットで各種商品と交換できます。

その中のギフトカードなどの交換レートから逆算すれば1コインに何円くらいの価値があるか推測できます。

すると、たいていはSWEATと等価くらいになっています。

もっとも、それらギフトカードは在庫切れが多く交換できないことも珍しくありません。

そして、それ以外の景品は特定の商品を「○○%OFF」で買い物できる権利ばかりです。

そう考えると、Sweatcoin(スウェットコイン)のSWCの1コインは実質的にSWEAT以下の価値しかないといえるかと思います。

総じて、Sweatcoin(スウェットコイン)のSWCの1コインはいくらになるか・何円の価値があるかどうか以前の問題です。

基本的にはあまり価値がないと考えておくべきでしょう。

Sweatcoin(スウェットコイン)の1コインはいくら?何円?【SWEAT】

Sweatcoin(スウェットコイン)のSWEATが1コインいくらくらいになるかは比較的簡単に確認できます。

SWEATが上場している取引所のチャートを見ればそのときのレートが分かります。

多くはUSD表記なので、そこへ為替レートを加味すれば日本円で何円かも求められます。

それによれば、現在のSweatcoin(スウェットコイン)のSWEATの1コインはおよそ2.9円ほどです。

とはいえ、単価が低くとも量を稼げれば問題ないとお考えの人もいるかもしれません。

しかし、それも現在のSweatcoin(スウェットコイン)では難しいと言わざるを得ません。

いまのSweatcoin(スウェットコイン)は無料プランでは1日あたり5SWEAT、有料プランでも6SWEATが獲得上限です。

したがって、いくら歩いたとしても無料プランでは5SWEAT×2.9円=14.5円、有料プランでも6SWEAT×2.9円=17.4円くらいの稼ぎにしかなりません。

さらにいえば、実際には5%の手数料が差し引かれるのでより一層厳しい数字になります。

1コインの単価も渋いですが、なによりデイリーキャップが今のSweatcoin(スウェットコイン)で稼ぐための大きなハードルです。

ここは今後なんらかの変更が欲しいところです。

Sweatcoin(スウェットコイン)は1コインがいくらか・何円かを気にせず気長に

総じて、いまのSweatcoin(スウェットコイン)の1コインの単価を考えると大きく稼ぐのは難しいと言わざるを得ません。

おそらく、いくらになるか、何円の価値があるかを具体的に考えていると長続きしないのではと思います。

Sweatcoin(スウェットコイン)は経済的利益が乏しくとも歩いて健康になるという確実なリターンがあります。

その結果として、いつかSWEATが値上がりすれば、それまで貯めていたトークンが報われます。

1コインいくらになるか、何円になったかを日々気にするよりは、当面はコツコツと歩いて残高を増やすのに専念することをおすすめします。

Sweatcoin(スウェットコイン)の1コインはいくら・何円が適正か

Sweatcoin(スウェットコイン)の1コインがいくらくらい、何円くらいが適正価格かは誰にも分かりません。

需給でつねにレートが変わるのは交換可能な通貨の宿命です。

ただ、Sweatcoin(スウェットコイン)は上場直後から徐々にSWEATの獲得難度を上げて供給を絞るような計画をしています。

具体的には、1年後には1コインの獲得に3,000歩くらい必要になるような計画になっています。

そうした背景を考えると、これ以上は急激に下がらないのではと期待できます。

これはあくまでも個人的な見解ですが、下がっても1コイン=2円くらいで落ち着くのではないでしょうか。

Sweatcoin(スウェットコイン)の1コインがいくらか・何円かを分かりやすく解説 まとめ

Sweatcoin(スウェットコイン)の1コインがいくらか、何円になるかは相場次第です。

また、Sweatcoin(スウェットコイン)で稼げるトークンはSWCとSWEATの2本立てですが、SWCについては法定通貨としての価値はほとんどありません。

一方で、SWEATについては今のレートだとおよそ1コイン=2.9円ほどです。 いずれにせよ、そこまで高い価値はありません。

これからSweatcoin(スウェットコイン)を始めようという人はいくらになるか・何円になるかばかり気にせず、ついでにトークンも貰えるフィットネストラッカーくらいに考えておきましょう。