ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

STEPN(ステップン)のWeb3.0を分かりやすく解説

STEPN(ステップン)は歩くことでトークンを稼げるM2E(Move to Earn)の先駆けです。

そして、STEPN(ステップン)はまたWeb3.0の先進事例としても注目を集めています。

しかし、実際のところWeb3.0とはどういったものなのでしょうか。

また、STEPN(ステップン)のどこがWeb3.0といえるのでしょうか。

そこで今回はSTEPN(ステップン)がWeb3.0いえる要素について分かりやすく解説していきます。

STEPN(ステップン)のWeb3.0を分かりやすく解説

STEPN(ステップン)はWeb3.0なのか

STEPN(ステップン)は紛れもないWeb3.0のひとつです。

しかし、そもそもWeb3.0とはいったいなんなのでしょうか。

3.0というからには2.0や1.0もあるはずです。

実際のところは定義も曖昧で諸説あるようですが、一般的には以下のように言われています。

・web1.0・・・インターネット黎明期のサービス(単純な検索エンジン、ウェブサイトなど)

・Web2.0・・・クラウドをベースにした現在の主要なサービス(SNS、ブログなど)

・Web3.0・・・ブロックチェーンをベースにした次世代のサービス

また、Web1.0は「読むだけ」、Web2.0は読むだけではなく発信もできるサービス、そこに加えてWeb3.0は「所有できる」サービスとも言われます。

あるいは、ガバナンストークンと呼ばれるトークンでサービスの運営に直接関われることもWeb3.0の特徴と言われています。

ここから詳しく解説しますが、STEPN(ステップン)にはSOLやBNCといったブロックチェーンごとのレルムが存在します。

また、歩いてトークンを稼ぐためにはNFTスニーカーの所有が必須です。

そしてGMTと呼ばれるガバナンストークンもSTEPN(ステップン)の重要な要素になっています。

ここからもすでにSTEPN(ステップン)が紛れもないWeb3.0であることが分かるのではないでしょうか。

ではここからはそれぞれの要素についてもう少し詳しく見ていきましょう。

STEPN(ステップン)がWeb3.0である理由【レルム】

STEPN(ステップン)にはレルムと呼ばれる考え方があります。

レルムとは、領土や領域といったような意味合いです。

簡単にいうと、MMOゲームでいうところのサーバー分けのようなものです。

そして、STEPN(ステップン)には現在、SOL、BNB、APEの3つのレルムが存在し、それぞれ基盤となるブロックチェーンが異なります。

この時点で、Web3.0要素のひとつであるブロックチェーンベースの部分を満たしています。

ちなみに、ブロックチェーンとは、取引履歴を細かく「ブロック」に分けて記録して、それぞれ関連性を持たせる(チェーンで繋ぐ)ことで信頼性を担保する技術です。

どこかで改ざんがあれば他の記録との整合性が崩れるため、中央集権的な管理がなくとも自律的に信頼性を担保できることが大きな特徴です。

そのため、Web3.0ではAmazonやGoogleといった超大企業の影響を脱した自由な運営が可能です。

実際、STEPN(ステップン)の運営にもこれらが関わっている影はまったくありません。

STEPN(ステップン)がWeb3.0である理由【NFTスニーカー】

STEPN(ステップン)でトークンを稼ぐためには専用のNFTスニーカーが必須です。

このスニーカーは同じものはひとつとしてなく、すべてのスニーカーに固有の番号が振られています。

これはつまり、ユーザーは唯一無二のNFTスニーカーを所有できることを意味します。

そして所有したスニーカーは一般的な資産同様に自由に使用・売却・譲渡可能です。

このデジタル資産の「所有」こそがWeb3.0の重要な要素のひとつです。

実際、STEPN(ステップン)のマーケットプレイスでは固有番号を持ったスニーカーを自由に売買可能です。

それくらいならばWeb2.0でも可能なのではと思われるかもしれません。

しかし、デジタルデータは技術的にはいくらでも複製可能です。

その点、ブロックチェーン技術で「本物」を「本物」であると証明できるところがWeb3.0の優れたところです。

Web3.0でよく使われるNFTという単語の正式名称は「Non Fungible Token」。

代替不可能なトークンという意味です。

STEPN(ステップン)もそうですが、NFTという単語が出てくればそのサービスはまず間違いなくWeb3.0といえます。

STEPN(ステップン)がWeb3.0である理由【GMT】

STEPN(ステップン)にはGSTとGMTの2種類の基軸となるトークンがあります。

そして、GMTの存在がWeb3.0の要素のひとつといえます。

これからルールは変わりますが、基本的にSTEPN(ステップン)で歩いて稼げるトークンはGSTです。

GSTは他のトークンと交換して最終的に現金化することもできますが、若干GMTとは性質が異なります。

GSTについては発行上限数などもなく、基本的にはゲーム内通貨のようなものです。

一方で、GMTは一般的な暗号資産同様に発行上限数が決まっています。

また、GMTはSTEPN(ステップン)の運営に関われる権利ともなります。

株式でいうところの株主になれるようなイメージです。

もっとも、ガバナンストークンとWeb3.0の関係はいまひとつはっきりしないように思えます。

GMT保有者がSTEPN(ステップン)の運営にどう関われるのかもまだ不透明です。

STEPN(ステップン)はWeb3.0の試金石

STEPN(ステップン)はWeb3.0の試金石とも言われています。

いまはSTEPN(ステップン)のようなサービスが相次いでスタートしていますが、その将来性はまったく分かりません。

STEPN(ステップン)もまた画期的なサービスの宿命か、頻繁なアップデートを繰り返しているところです。

Web3.0はまだ言葉が独り歩きしているようなところもあるような印象です。

実際のサービスとして持続可能なのかどうか、STEPN(ステップン)はひとつの重要な先行事例となるのではと思います。

なお、STEPN(ステップン)はそのビジネスモデルからポンジスキームだとも言われがちです。

ほかのWeb3.0についても、多くは同様です。

ただ、個人的にはSTEPN(ステップン)については、その計画やスタンスを見るに単なるポンジスキームとは一線を画しているように見えます。

STEPN(ステップン)のWeb3.0を分かりやすく解説 まとめ

STEPN(ステップン)はWeb3.0のひとつです。

レルム、NFTスニーカー、ガバナンストークンなどWeb3.0の要素が満載です。

ただ、Web3.0のサービスはまさに群雄割拠といった様相。

STEPN(ステップン)が運営を継続できるかどうか決定的なことは分かりません。

とはいえ、運営のやる気はかなりのもの。 とくに悲観するほど厳しい状況ではないように思えます。