ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

STEPN(ステップン)のUSDTの出金方法を分かりやすく解説

STEPN(ステップン)は歩くことでトークンを稼げるM2E(Move to Earn)の先駆けです。

そしてUSDTはドルに連動するステーブルコインと呼ばれるトークンの一種です。

そんなステーブルコインの特徴は比較的値動きが安定していることです。

そのため、まずはUSDTで利益を確保しておいて時期を見てSTEPN(ステップン)から出金したいという人もいるのではないでしょうか。

そこで今回はSTEPN(ステップン)のUSDTの出金方法について分かりやすく解説していきます。

STEPN(ステップン)のUSDTの出金方法を分かりやすく解説

STEPN(ステップン)にUSDTの出金方法はない

残念ながら、STEPN(ステップン)にUSDCの出金方法はありません。

とはいえ、もともとSTEPN(ステップン)にはUSDTを入金する手段もなければ、それ以外の獲得方法も存在しません。

入手不可能な以上は、出金方法がないことで困ることはありえません。

おそらくですが、USDTの出金方法を調べている人はUSDCと勘違いしているのではないでしょうか。

USDCに関してはSTEPN(ステップン)は入金も出金もいずれも可能だからです。

あるいは、STEPN(ステップン)で稼いだGSTをなんらかの方法でUSDTとして使いたいという人もいるかもしれません。

これについてはSTEPN(ステップン)だけでは対処のしようもありません。

まずは別のトークンとして出金して、外部の業者でそれをUSDTへ変換しましょう。

いずれにせよ、STEPN(ステップン)ではUSDTは一切対応していません。

STEPN(ステップン)の対応するステーブルコインはUSDCのみと考えておきましょう。

STEPN(ステップン)のUSDTに代わる出金方法

すでに触れてしまいましたが、STEPN(ステップン)の対応するステーブルコインはUSDTではなくUSDCです。 このUSDCであれば普通の出金方法で出金できます。

STEPN(ステップン)のWallet(ウォレット)にはそのままUSDCのアカウントがありますので、そちらから出金先のアドレスを指定して出金するだけです。

これはごくごく一般的な仮想通貨の出金方法とまったく同じです。

ただし、出金するためには送金先がそのトークンを扱っている必要があります。

そして大半の国内業者はUSDCもUSDTも扱っていません。

また、GSTやGMTも同様です。

そのため、STEPN(ステップン)で獲得したGSTを最終的に日本円にするためには、普通「STEPN(ステップン)→海外業者→国内業者→銀行口座」といったステップを踏むことになります。

他の出金方法もないではありませんが、やや安定していません。

基本的にSTEPN(ステップン)の利益を現金化するためには若干面倒な出金方法をとる必要があると考えておきましょう。

なお余談ですが、現在STEPN(ステップン)はLINEグループとの提携して日本版ローカライズを進行中とのことです。

これによって将来的にGSTやGMTも国内業者で扱いやすくなるのではと期待しています。

まだまだ不透明な部分は多いですが、ここは期待しつつ続報を待ちましょう。

STEPN(ステップン)にUSDTの出金方法がない理由

STEPN(ステップン)にUSDTの出金方法がない正確な理由は分かりません。

ただ、おそらくはUSDTの信頼性が若干足りないからと思われます。

先ほども触れたように、STEPN(ステップン)はUSDTを扱っていない一方でUSDCは問題なく入出金できます。

これはUSDCのほうが信頼性が高いからと考えられます。

USDTもUSDCもドルに連動するトークンですが、発行元としてはそれを裏付けるためにある程度の換金用の準備金を用意していなければなりません。

しかし、USDTについてはその準備金の内訳の一部が不明で信頼性に若干の問題ありとする見方をされがちです。

そのため、STEPN(ステップン)もまたUSDTではなくUSDCを採用しているのだと思われます。

ただし、将来的にSTEPN(ステップン)がUSDCの出金方法も利用できなくなる可能性もゼロではありません。

先日、大手仮想通貨交換業者のBinance(バイナンス)が自社発行ステーブルコインに注力するためUSDCやUSDTの取扱廃止を発表したからです。

そして実はBinance(バイナンス)はSTEPN(ステップン)の大口出資者です。

そう考えると、STEPN(ステップン)がBinance(バイナンス)に忖度してUSDCの扱いをやめる可能性もなくはありません。

あくまでも「ゼロではない」程度の可能性の話しですが、頭の片隅には置いておきましょう。

STEPN(ステップン)のUSDT以外の出金方法

USDTを除けば、STEPN(ステップン)で利用できる出金方法は「SOL/BNB/ETH」「GST」「GMT」です。

この中でおすすめの出金方法はSOLなどです。 GSTやGMTに関してはそもそも対応する業者がかぎられているからです。

残念ながらSOLやBNBなどの対応も多くはありませんが、GST・GMTよりは遥かにマシです。

また、いずれにせよSTEPN(ステップン)を始めるにあたっては必ずいずれかのトークンを入金できる業者を使っているはずです。

出金の際にはその逆をすればよいだけですから、これら以上に簡単な出金方法はないでしょう。

ただ、かといってUSDCを使う意味がまったくないというわけでもありません。

USDTやUSDCのようなステーブルコインはドルに連動するおかげで値動きが比較的安定しています。

そこで、STEPN(ステップン)で稼いだGSTをいったんUSDCに変えておけば、レート変動の影響をある程度ヘッジできるというわけです。

もちろん完全に無風とはいきませんが、GSTやSOLのままにしておくよりは安全です。

もっとも、GSTはSTEPN(ステップン)においてスニーカーの修理やミステリーボックスの開封など多様な用途に使われます。

決して腐ることはないので、個人的にはそのままにしておくのも悪くはないと思います。

なお、補足ですがSTEPN(ステップン)にはレルムと呼ばれる考え方があり、「SOL/BNB/ETH」のどれを使えるかは自分の所属するレルム次第です。

USDT・USDCの混同もそうですが、初心者の人は間違ったトークンを入金しないように注意しておきましょう。

STEPN(ステップン)のUSDTの出金方法を分かりやすく解説 まとめ

STEPN(ステップン)にUSDTの出金方法はありません。

STEPN(ステップン)で扱っているステーブルコインはUSDTではなくUSDCです。

ステーブルコインを入出金したいときはUSDCを使いましょう。

もっとも、仮にUSDTの出金方法があったとしても基本的にSTEPN(ステップン)ではステーブルコイン以外の入出金がおすすめです。

まずは普通にSOLやBNBを用いた出金方法の利用を前提としておきましょう。