ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

STEPN(ステップン)のUSDTの入金方法を分かりやすく解説

STEPN(ステップン)は歩くことでトークンを稼げるM2E(Move to Earn)の先駆けです。

そしてUSDTはドルに連動した比較的値動きの安定したトークンです。

そのため、とりあえずUSDTを確保しておいて、機を見てSTEPN(ステップン)へ入金できないだろうかとお考えの人もいるのではないでしょうか。

そこで今回はSTEPN(ステップン)のUSDTの入金方法について分かりやすく解説していきます。

STEPN(ステップン)のUSDTの入金方法を分かりやすく解説

STEPN(ステップン)にUSDTの入金方法はない

残念ながら、STEPN(ステップン)へ直接USDTを送ることのできる入金方法はありません。

よく勘違いされるのですが、STEPN(ステップン)へ送付できるステーブルコインはUSDTではなくUSDCです。

それでもUSDTを原資にしたいというのであれば、外部で他のトークンに変換してから送るほかありません。

しかし、USDTは国内の仮想通貨交換業者では取り扱いがなく、入手するためには海外業者を利用しなければなりません。

そしてその海外業者であれば普通はUSDCを扱っています。

とすれば、わざわざ初手でUSDTを購入する意味がまったくありません。

もし誤ってUSDTを購入してしまったのであれば、すぐにSTEPN(ステップン)の入金方法が対応する他のトークンへ変えてしまいましょう。

なお、その場合はUSDCではなくSOLやBNB、ETHがおすすめです。

これらはSTEPN(ステップン)のマーケットで使われるトークンだからです。

仮にUSDCを送ったとしても、マーケットで買い物する際にはUSDCをSOLやBNBに変える必要があります。

あとからSTEPN(ステップン)のWallet(ウォレット)内でも変換できるものの、手数料がやや割高です。

どうせあとで変換するのであれば、海外業者の時点で対応するトークンに変えてしまいましょう。

なお、STEPN(ステップン)の入金方法がSOLやBNB、ETHのいずれが対応しているかは、自分のSTEPN(ステップン)が所属するレルム次第で決まります。

レルムとはゲームでいうところの所属サーバーのようなものです。 そしてそれぞれマーケットの取り引きに使われるトークンが異なります。

USDT・USDCの混同だけではなく、ここも間違えないように注意しておきましょう。

STEPN(ステップン)にUSDTの入金方法がない理由

STEPN(ステップン)にUSDTの入金方法がない正確な理由は不明です。

推測にはなりますが、おそらくはUSDTの信頼性を問題視してのことかと思います。

USDTやUSDCの特徴は法定通貨(フィアット通貨)であるドルに連動していることです。

そして連動させるためには、発行元としては実際に換金される際の原資(準備金)が必要です。

しかし、USDTの発行元に関してはこの準備金の内訳の一部が不明であることが若干問題視されているのです。

そのため、STEPN(ステップン)もUSDTではなく、二番手であるUSDCを入金方法に採用しているのだと思われます。

ただ、このUSDCにしても、もしかしたら今後、入金方法からは削除される可能性もないではありません。

最近になって、大手仮想通貨交換業者であるBinance(バイナンス)がステーブルコインの取り扱いを廃止すると発表したからです。

あくまでも可能性の話しですが、より確実なSTEPN(ステップン)への入金方法はやはりSOLやBNBと考えておくべきでしょう。

STEPN(ステップン)のUSDT(USDC)の入金方法

STEPN(ステップン)へUSDTを送付する入金方法はありません。

ただ、そもそもUSDTとUSDCを勘違いしていたという人も少なくないはずです。

そこでここからはUSDCを前提にSTEPN(ステップン)への入金方法を解説しておきます。

といっても、なにも難しいところはありません。

STEPN(ステップン)のWallet(ウォレット)でUSDCを選択すると、そこで入金アドレスを確認できます。

あとは任意の業者からそちらの入金アドレスへ向けて送金するだけです。

ごく一般的な仮想通貨の入金方法とまったく同じです。

もしSOLやBNB、GST、GMTなどを入金する場合も同じやり方です。

もっとも、GSTやGMTを扱っている業者は多くありません。

やはり基本的にはSTEPN(ステップン)のWallet(ウォレット)にはSOLやBNBの入金方法を利用することになるかと思います。

ちなみに、万が一USDTを誤ってUSDCのアドレスに送るとそれは失われてしまいます。

間違ってもUSDTをUSDCと勘違いして送らないように注意しておきましょう。

STEPN(ステップン)のUSDT(USDC)の入金方法の存在理由

個人的には、わざわざUSDCの入金方法を使ってSTEPN(ステップン)へ入金する理由はよく分かりません。

やはり事前にSOLやBNBに変えてから入金すべきと思います。

一方で、仮にSTEPN(ステップン)から出金するのであれば、いったんUSDCに変えておくのも分かります。

USDTやUSDCのようなステーブルコインの特徴は一般的な仮想通貨にくらべて値動きが安定していることです。

そこでSTEPN(ステップン)で稼いだGSTをいったんUSDCに変えておき、機を見て出金するというわけです。

これがGSTのままだとするとSTEPN(ステップン)関連のネガティブなニュースで暴落することもありえますが、USDCにしておけば影響も軽微で済むはずです。

STEPN(ステップン)にUSDCの入金方法があるのは、こうした出金方法とセットで実装されているにすぎないのではないでしょうか。

なお、USDTやUSDCのようなステーブルコインもまたドル変動の影響は免れません。

そう考えると、Binance(バイナンス)がステーブルコインを廃止するのも昨今の急激なドル高を考慮してのことなのかもしれません。

STEPN(ステップン)にUSDTの入金方法が増える可能性

STEPN(ステップン)がUSDTの入金方法を実装する可能性はまずないと思われます。

すでにUSDCの入金方法がある以上、そこにUSDTを追加する必要性も感じられません。

また、Binance(バイナンス)のステーブルコイン廃止を見るに、USDCの廃止さえありえます。

基本的にSTEPN(ステップン)ではUSDTは使えないものと考えておくべきでしょう。

STEPN(ステップン)のUSDTの入金方法を分かりやすく解説 まとめ

STEPN(ステップン)にUSDTの入金方法はありません。

STEPN(ステップン)の入金方法に用意されているステーブルコインはUSDTではなくUSDCです。

また、あえてUSDCを直接STEPN(ステップン)へ入金するメリットもあると思えません。 基本的にはSOLやBNB、ETHに変えてから入金することをおすすめします。

またその際には自分が所属するレルムを間違えないように注意しておきましょう。