ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

STEPN(ステップン)の使い方を分かりやすく解説

STEPN(ステップン)は歩くことでトークンを稼げるM2E(Move to Earn)の先駆けです。

しかし、たいへん画期的なゲームである一方で、それだけに使い方が難しいのではと思われている人も多いのではないでしょうか。

たしかに、実際、ある部分では若干面倒があるのは否定できません。

そこで今回はSTEPN(ステップン)の使い方について全体的に分かりやすく解説していきます。

STEPN(ステップン)の使い方を分かりやすく解説

STEPN(ステップン)の使い方の基本

ごく簡単にいってしまえば、STEPN(ステップン)の使い方はスタートボタンを押して歩くだけです。

あとは移動時間と利用するスニーカーに応じてトークンを獲得できます。

ただし、実際にはその利用するスニーカーにはさまざまな種類がありますし、また、トークンの稼ぎ方も一様ではありません。

宝箱のようなアイテムから獲得したり、スニーカーやアイテムを売ったりしてトークンを稼ぐことも可能です。

また、STEPN(ステップン)は頻繁なアップデートを繰り返しており、それに応じて使い方も大きく変わってきています。

歩いて稼ぐという基本の使い方が変わることはないでしょうが、ゲームのルール自体は常に変化していると考えておきましょう。

そこでここではあまり変化のない、入金や出金といったごく基本となるSTEPN(ステップン)の使い方を中心に解説していきます。

STEPN(ステップン)の使い方【入金方法】

どういった使い方をするにせよ、STEPN(ステップン)でトークンを稼ぐためには専用のNFTスニーカーの購入が必須です。

そして、スニーカーは基本的にSTEPN(ステップン)のマーケットでしか購入できません。

その取り引きに日本円は利用できず、SOLやBNBのようなトークンを入金する必要があります。

これらは日本の仮想通貨交換業者ではほとんど取り扱いがなく、STEPN(ステップン)へ入金するためには普通は海外業者を経由します。

簡単にいえば以下のような使い方をすることになります。

1.国内業者へ日本円を入金

2.日本円でビットコインなどを購入して海外業者へ送金

3.海外業者でSOLなどを購入してSTEPN(ステップン)へ送金

4.STEPN(ステップン)でスニーカーを購入

したがって、STEPN(ステップン)を使ってトークンを稼ぐためにはたいてい「国内の仮想通貨交換業者」「海外業者」の2種類の業者の口座が必要になります。

それぞれの業者の使い方は省略しますが、自分の使いやすい、かつSTEPN(ステップン)へスムーズに送金できる業者を利用しましょう。

一例として、国内業者はbitFlyer(ビットフライヤー)が大手のためおすすめですし、海外業者はBybit(バイビット)やBinance(バイナンス)がSTEPN(ステップン)への送金用途に人気です。

ただ、海外業者はどうしても不安定なところもあります。

個人的には、できれば複数の業者を使えるように併用しておくことをおすすめします。

STEPN(ステップン)の使い方【トークンの稼ぎ方】

STEPN(ステップン)でトークンを稼ぐ方法の基本はアプリをスタートして歩くだけです。

ただし、1日あたりにSTEPN(ステップン)を使ってトークンを稼げる時間には上限があります。

これはエナジーと呼ばれ、基本的には保有するスニーカーの数で決まります。 1足では10分しか歩けません。

健康増進目的の使い方をするとしても10分では普通1Kmも歩けません。

もちろん考え方次第ですが、個人的にはSTEPN(ステップン)をする人には3足以上、できれば9足の運用がおすすめです。

幸いにして、かどうかは微妙ですが現在のSTEPN(ステップン)のスニーカーはかなり安く調達できます。

多少無理をしてでも、初めから3足以上を前提とした使い方を強くおすすめしたいところです。

STEPN(ステップン)の使い方【出金方法】

STEPN(ステップン)からの出金は原則的に入金の逆をやればOKです。

ただ、STEPN(ステップン)のアカウントにはSpendingとWalletの2種類があり、まずはWalletへの資金移動が必須です。

歩いて稼いだGSTはまずSpendingに保管されますので、それをWalletへ移動させましょう。

あとはSTEPN(ステップン)→海外業者→国内業者→銀行口座という流れで出金可能です。

入金の段階で業者の使い方に慣れていれば、出金にそこまで手こずることはないかと思います。

なお、一応STEPN(ステップン)は日本へのローカライズも進行中ですが、法的な問題から日本円への出金が簡略されることはないかと思います。

こればかりは仕方がないと考えて早めに慣れておきましょう。

STEPN(ステップン)の使い方の注意点

STEPN(ステップン)は移動することでトークンを稼げるアプリです。

そこで、一部には自転車などの道具を用いてトークンを稼ごうという人もいるようです。

ただ、当然ながらこうした使い方はSTEPN(ステップン)の想定するものではありません。

そうした行為はSTEPN(ステップン)ではMoon Walkと呼ばれ、トークン獲得の判定から除外されます。

一方でSTEPN(ステップン)を利用した時間としてはしっかりと算定されてエナジーは消費します。

それでただちにアカウントが凍結されるようなことはないものの、エナジーの消費損です。

STEPN(ステップン)はそこまで厳しいルールを定めていませんが、歩く/走る以外の使い方はやめておきましょう。

参考までに、STEPN(ステップン)のホワイトペーパーにはチートとみなされる使い方の一例が列挙されています。

たとえば、これによればスマホの2台持ちであっても同時にSTEPN(ステップン)を起動させなければOKですが、同時起動はNGです。

STEPN(ステップン)の使い方は定期的なアップデートを

歩いて稼ぐというSTEPN(ステップン)の基本の使い方はおそらく変わることはありません。

しかし、STEPN(ステップン)は頻繁なアップデートでゲームのルールがかなり大きく変化しています。

MINT(ミント)スクロールの追加、HPシステムの実装、レインボースニーカーの登場、GMTアーニングなどなど。

これらはここまでのアップデートで実装されてきた追加要素の数々です。

そして、これらを無視して従来のSTEPN(ステップン)同様の使い方をしていると明らかに損をしてしまうものも少なくありません。

これからSTEPN(ステップン)を始めようという人も、アップデートのたびに自分の知識のアップデートも怠らないようにしましょう。

STEPN(ステップン)の使い方を分かりやすく解説 まとめ

STEPN(ステップン)の基本の使い方はスタートボタンをタップして歩くだけです。

ただ、入出金は若干面倒と言わざるを得ません。

また、アップデートのたびに大きく変わるゲームのルールに付いていくことも重要です。

いったんSTEPN(ステップン)の使い方に慣れたと思っても、定期的にホワイトペーパーなどで使い方が変わっていないかは確認するようにしましょう。