ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

STEPN(ステップン)のレンタル機能を分かりやすく解説

STEPN(ステップン)は歩くことでトークンを稼げるM2E(Move to Earn)の先駆けです。

しかし、多少の初期費用がかかることから、興味があっても中々手を出せないという人も少なくありませんでした。

そんな人にうってつけのシステムがレンタル機能です。

そこで今回はSTEPN(ステップン)のレンタル機能について分かりやすく解説していきます。

STEPN(ステップン)のレンタル機能を分かりやすく解説

STEPN(ステップン)のレンタル機能とは

STEPN(ステップン)のレンタル機能とは、スニーカーを貸し出すことで利益を得られるシステムです。

借り手としては持ち出し費用はなく、歩いて得られたトークンの一部を貸し手へ支払うことになります。

貸し手は持て余しているスニーカーの有効利用ができ、借り手は初期費用なくSTEPN(ステップン)を始められる、まさにWin-Winのシステムといえます。

ただし、レンタル機能はまだ実装されておらず、分からないことも少なくありません。

そこでここからは、現在判明しているSTEPN(ステップン)のレンタル機能を中心に解説していきます。

STEPN(ステップン)のレンタル機能はいつから?

まず、STEPN(ステップン)のレンタル機能の実装予定ですが、これは年末頃になるそうです。

もともとレンタル機能は3月頃の実装を予定していたものの、7月に延期。

そしてさらに延期が決定しました。 明確な時期は分かりませんが、今のところは年末頃になると言われています。

これはレンタル機能がSTEPN(ステップン)のゲームシステムに大きな影響を与えることが理由と思われます。

レンタル機能が実装されることで、新規ユーザーはスニーカーを購入することなくSTEPN(ステップン)を始められます。

しかし、これはSTEPN(ステップン)としてはスニーカーの需要が減ることを意味します。

また、レンタル機能でスニーカーを利用する人の多くは、おそらく獲得したGSTを現金化するのも早いと思われます。

このように、スニーカーやトークンの需給に大きな変化を及ぼすことからSTEPN(ステップン)の運営はレンタル機能の実装に慎重な姿勢をとっているのだと考えられます。

STEPN(ステップン)のレンタル機能の利益配分

STEPN(ステップン)のレンタル機能で稼いだトークンは貸し手と借り手のあいだで分配されます。

ここはほぼ確実です。 しかし、この配分の正確なところは不明です。

ただ、一説には貸し手7、借り手3で分配されると言われています。

貸し手は別途スニーカーの修理コストも負担する必要があるため、実収益はもう少し少なくなるはずです。

現状のSTEPN(ステップン)のGSTのレートは5円くらい。

仮に1日20GST稼いだとしても日本円換算で100円ほどです。

この状態だと、貸し手・借り手ともにレンタル機能を使った利益は雀の涙と言わざるを得ません。

率直にいって、今の状態が続けばレンタル機能だけで大きく稼ぐのは難しいかもしれません。

STEPN(ステップン)のレンタル機能と信用度

STEPN(ステップン)のレンタル機能実装にともない、ユーザーアカウントに信用度のステータスが追加されます。

信用度は5段階評価で、2以上になることではじめてレンタル機能を利用できるようになります。

といっても、STEPN(ステップン)に関する簡単なクイズをクリアすれば最低限の2までは上昇できます。

そして、問題なくレンタル機能を利用するたび、さらに0.1ずつ増加していきます。

なぜこのようなステータスがあるのかといえば、せっかくスニーカーをレンタルしても、借り手がろくにGSTを稼げなければ貸し手側としては損をしてしまうからです。

実生活においても貸し借りに信用は大切です。

STEPN(ステップン)のレンタル機能にこういったシステムがあるのも道理といえるでしょう。

STEPN(ステップン)のレンタル機能の期間

STEPN(ステップン)のレンタル機能の期間は原則的に24時間です。 1日スニーカーを利用したら返却することになります。 ただ、信用度いかんでは最大7日間まで延長も可能とのことです。

STEPN(ステップン)のレンタル機能のエナジー

STEPN(ステップン)は保有するスニーカーの数量でエナジー上限が決まります。

エナジーとは、スマホゲームでいうところスタミナで、要するに1日あたりにSTEPN(ステップン)を利用できる時間が決まる要素です。

ただ、レンタル機能を使った場合のエナジーの扱いは不明です。

とはいえ、STEPN(ステップン)のレンタル機能はマーケットでやり取りされることが決まっていますので、そこからある程度推測できます。

現状のSTEPN(ステップン)では、マーケットに出品したスニーカーは一時的にエナジー源の対象から外されます。

そう考えると、レンタルに出したスニーカーもまたエナジー算定から一時的に外されるのではと思います。

もしそうであれば、逆にレンタル機能を使ってスニーカーを借りてエナジーを一時的に増やすような戦略もできるようになるかもしれません。

STEPN(ステップン)のレンタル機能の活用法

STEPN(ステップン)のレンタル機能はこれから参入しようという人にとっては初期費用を抑えられる嬉しいシステムです。

そうしたトライアルとしての使い方がまずは考えられます。

ただ、個人的には、すでにSTEPN(ステップン)に慣れ親しんだ人にとっても有効な使い方ができるのではと予想しています。

現状、分かる範囲でいえばレンタル機能を使って歩いた場合でもミステリーボックスはドロップするとのこと。

ミステリーボックスとはRPGゲームでいうところの宝箱のようなもので、最近のSTEPN(ステップン)ではミステリーボックスの重要度も徐々に増してきています。

このミステリーボックスのドロップ率や内容は利用するスニーカーのLuckステータスに依存します。

そして、おそらくレンタル機能で獲得したミステリーボックスは借り手に帰属すると思われます。

しかし、Luck特化のスニーカーを誰でも個別に用意できるともかぎりません。

そこでレンタル機能を利用して、ミステリーボックスを獲得したいときだけLuck特化のスニーカーを借りて歩くような使い方ができるのではないでしょうか。

多分に推測は含みますが、これからSTEPN(ステップン)を始めるという人以外にもレンタル機能の実装は要注目かと思います。

STEPN(ステップン)のレンタル機能を分かりやすく解説 まとめ

STEPN(ステップン)のレンタル機能とは、スニーカーを貸し出してGSTを獲得できるシステムです。

借り手の立場でいえば、わずかなレンタル料でSTEPN(ステップン)を使えるというメリットがあります。

ただ、ある程度内容が判明しつつあるものの、現状のSTEPN(ステップン)にレンタル機能はまだ実装されていません。

一応、今のところは年末頃に実装されると言われています。

詳しい内容は時期が近くなってから再度確認するようにしましょう。