ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

STEPN(ステップン)のレルム(realm)を分かりやすく解説

STEPN(ステップン)は歩くことでトークンを稼げるM2E(Move to Earn)の先駆けです。

ゲームとしては極めてシンプルですが、しかし一方で関連するルールは極めて多種多少と言わざるを得ません。

レルム(realm)もそのひとつで、とくにこれから始めようという人が迷いがちな部分でもあります。

そこで今回はSTEPN(ステップン)のレルム(realm)について分かりやすく解説していきます。

STEPN(ステップン)のレルム(realm)を分かりやすく解説

STEPN(ステップン)のレルム(realm)とは

簡単にいえば、STEPN(ステップン)のレルム(realm)とはゲームサーバーです。

同じSTEPN(ステップン)というゲームを多数のプレイヤーが異なるサーバーですることになります。

同じアカウントで複数のレルム(realm)を使うことはできますが、それぞれのレルム(realm)でウォレットは共有されません。

基本的にはレルム(realm)ごとに経済的なやり取りは独立しています。

現在、STEPN(ステップン)にはSOL、BNB、APEの3つのレルム(realm)が存在しており、いずれのレルム(realm)でもプレイ可能です。

このSOLやBNBという単語に聞き覚えのある人も多いかと思いますが、これはすなわちSTEPN(ステップン)のトークンがベースにしているブロックチェーンを意味します。

SOLはソラナ、BNBはバイナンスチェーンです。

APEはイーサリアムチェーンですが、名称ルールが異なります。

APEレルム(realm)はSTEPN(ステップン)がBAYC(Bored Ape Yachat Club)というアーティストとコラボしていることが由来です。

厳密にはコラボレーションまではしていませんが、いずれにせよSTEPN(ステップン)がBAYCの名を全面に出したかったということでしょう。

STEPN(ステップン)のレルム(realm)の特徴【SOL】

SOLはSTEPN(ステップン)最初期のレルム(realm)です。

ベースになるトークンはそのままSOLです。 SOLはSTEPN(ステップン)が急激に盛り上がりを見せて、そこから暴落していった歴史そのものを表すレルム(realm)といえます。

とくにレルム(realm)について断りのない場合、暗にSOLを意味することが珍しくありませんし、ここでも基本的にはSOLを前提に解説しています。

他のレルム(realm)に比較すると先行して暴落している一方で、比較的安定していることが特徴といえるかと思います。

おそらく投機的なプレイヤーは他のレルム(realm)へ移動していることから、純粋にゲームを楽しみたいという人向きのレルム(realm)と言ってよいのではないでしょうか。

なお、STEPN(ステップン)はひとりにつきひとつのレルム(realm)しか使えないわけではありません。

同一アカウントで複数レルム(realm)を切り替えて使うことも可能です。

どうしても決めかねるという人でも、とりあえずひとつアカウントを作っておいてよいかと思います。

STEPN(ステップン)のレルム(realm)の特徴【BNB】

BNBはSTEPN(ステップン)が始めた2つ目のレルム(realm)です。

初めての追加レルム(realm)ということで人気が出ましたが、スタートして2ヶ月ほどでSOL同様の暴落を経験しています。

現在のマーケットはSOLとはそこまで大きな違いはありません。

ただ、バイナンスチェーンということは大きな特徴のひとつです。

日本ではいまひとつの知名度ですが、Binanceは仮想通貨交換業者としては世界的な超大手。

また、実はSTEPN(ステップン)の大口出資者でもあります。

だらかといって直接の影響は見て取れませんが、主にBinanceを使っている人はSTEPN(ステップン)のレルム(realm)にBNBを選ぶのも良いかと思います。

STEPN(ステップン)のレルム(realm)の特徴【APE】

APEはSTEPN(ステップン)の第3レルム(realm)です。

他のレルム(realm)の暴落を経てスタートしたことから大きな期待を持たれていたようですが、蓋を開けてみればそれほどの盛り上がりは見せませんでした。

個人的には、日本ではBAYCもそこまで有名ではないですし特に意外でもない結果のように思います。

とはいえ、まったく盛り上がらなかったわけではなく、普通に高値圏から始まっています。

その熱気もまだ冷めやらず、他のレルム(realm)にくらべると初期投資も高額になりがちです。

しかし、マーケットは過去のSOLやBNBと同じように動いています。

今からSTEPN(ステップン)を始めるには少々おすすめできないレルム(realm)と言わざるを得ないでしょう。

ただ、イーサリアムチェーンはNFTサービスでは非常に使いやすいものといえます。

STEPN(ステップン)にしても、APEはMetamask(メタマスク)と呼ばれるNFT対応の汎用ウォレットが対応できるレルム(realm)のひとつです。

今後、STEPN(ステップン)以外のNFTサービスも利用するつもりであればあえてAPEで始めるの悪くないかもしれません。

STEPN(ステップン)のレルム(realm)は今後も増える予定

STEPN(ステップン)は今後も新しいレルム(realm)を展開することを明らかにしています。

詳細はまだ不明ですが、一部ではLINEの手掛けるトークンを絡めたレルム(realm)がスタートするのではと噂されています。

事実、STEPN(ステップン)はLINEグループとの提携を進行中です。

とすれば、LINEの発行するトークンであるLINKチェーンでのレルム(realm)が始まる可能性も低くはないでしょう。

ちなみに、STEPN(ステップン)のレルム(realm)はSOL、BNB、APEがそれぞれ通称でS国、B国、A国(or E国)と呼ばれます。

LINEの絡むレルム(realm)がスタートすればそこにL国が追加されるわけです。

そしてL国が始まればSTEPN(ステップン)の日本版ローカライズも一気に進むものと思われます。

まだまだ噂の段階に過ぎませんが、ここは期待感を持って続報を待ちましょう。

STEPN(ステップン)のレルム(realm)を分かりやすく解説 まとめ

STEPN(ステップン)のレルム(realm)とは、ゲームでいうところのサーバー分けのようなものです。

同じゲームであってもレルム(realm)が違えば情報は共有されず、基本的には別の土俵で遊ぶことになります。

STEPN(ステップン)公式はレルム(realm)ごとにある程度の特徴を出すとはしていますが、APEをのぞけば今のところゲーム性にそこまでの違いはありません。

ただし、ベースとなるブロックチェーンには決定的な違いがあります。

レルム(realm)を選ぶときはそこに注目して判断しましょう。