ゼロからはじめる暗号資産

仮想通貨(暗号資産)に関する情報を発信しています

STEPN(ステップン)のパラメーターを分かりやすく解説

STEPN(ステップン)は歩くことでトークンを稼げるM2E(Move to Earn)の先駆けです。

しかし、単に歩くといっても実際のGST獲得効率はスニーカーのパラメーターによって変わってきます。

したがって、なるべく効率よくGSTを稼ぐためにはパラメーターの配分が重要です。

そこで今回はSTEPN(ステップン)のパラメーターについて分かりやすく解説していきます。

STEPN(ステップン)のパラメーターを分かりやすく解説

STEPN(ステップン)のパラメーターの概要

STEPN(ステップン)のスニーカーには以下のような4つのパラメーターがあります。

・Efficiency(効率性)

・Luck(幸運)

・Comfort(快適さ)

・Resilience(回復力)

簡単にいえば、EfficiencyはGSTを稼ぐ能力。 Luckはミステリーボックスの獲得能力。

ComfortはGMTを稼ぐ能力。

Resilienceはスニーカーの修理にかかわるパラメーターです。

ただ、STEPN(ステップン)の基本は「歩いて稼ぐ」。

したがって、最優先すべきパラメーターはGST獲得効率に直結するEfficiencyです。

その他のパラメーターは自分のSTEPN(ステップン)の使い方に応じて重視していきましょう。

それではここからは各パラメーターについてひとつずつもう少し詳しく見ていきましょう。

STEPN(ステップン)のパラメーター【Efficiency】

STEPN(ステップン)のEfficiencyはGSTの獲得効率に影響するパラメーターです。

同じ時間STEPN(ステップン)を使ったとしてもEfficiencyの値次第でGSTの獲得量が変わってきます。

具体的な獲得量はSTEPN.Guideと呼ばれる、有志の作成したシミュレーションツールで求められます。

あるいは、ざっくりとした目安ならば自前での概算も可能です。

STEPN(ステップン)のホワイトペーパーによればGSTの獲得量は以下の計算式で決まっています。

隠れたパラメーターも含まれていますが、おおむねEfficiencyの平方根が1エナジー消費あたりの獲得GSTの目安です。

たとえばEfficiency100ならば1エナジーあたり10GST、Efficiency25ならば5GSTくらいを獲得できます。

実際に、個人的にSTEPN(ステップン)を使って検証しても大きくは外れていません。

ツールを使わずパラメーターから獲得GSTの目処をつけたいときはEfficiencyの平方根と考えておきましょう。

STEPN(ステップン)のパラメーター【Luck】

STEPN(ステップン)のLuckはミステリーボックスの獲得にかかわるパラメーターです。

ミステリーボックスとは、ゲームでいうところの宝箱のようなもので、STEPN(ステップン)を使っているとまれにドロップします。

STEPN(ステップン)のミステリーボックスから獲得できるものはGST、ジェム、ミントスクロールなどです。

Luckのパラメーターが高いほどミステリーボックスの獲得率が上がり、また内容も豪華になりやすくなります。

どの程度変わってくるのかも有志が検証していますが、ミステリーボックスについてはLuckだけではなくSTEPN(ステップン)の使い方にも影響を受けます。

具体的には1セッションあたりのエナジー消費量が多いほどミステリーボックスも獲得しやすくなっています。

要するに、STEPN(ステップン)を使うときは一気にエナジーを消費したほうがミステリーボックスも落ちやすいということです。

もっとも、ミステリーボックスの開封にはGSTが必要です。

したがって、Luckのパラメーターが高いスニーカーだけでは赤字になりがちです。

こうしたことからも、やはりSTEPN(ステップン)ではEfficiencyがもっとも優先すべきパラメーターといえます。

STEPN(ステップン)のパラメーター【Comfort】

ComfortはGMTの獲得効率に影響するパラメーターです。

GMTとは、STEPN(ステップン)で獲得できるもうひとつのトークンです。

ただ、GMTは最大レベルまで育ったスニーカー、もしくはレインボーシリーズのスニーカーでしか獲得できません。

最近のSTEPN(ステップン)ではGMTの用途も増えてきてはいるものの、GSTほどではありません。

また、Wallet(ウォレット)内でGSTとの交換も可能です。

今のところComfortはそこまで優先すべきパラメーターとはいえないかと思います。

ただし、無視できるほどではありません。

少し前、STEPN(ステップン)にはHP(ヘルスポイント)システムが実装されました。

HPはスニーカーを使うほど減少していき、減少幅に応じて以下のようなペナルティが生じます。

・100%未満・・・マーケット出品不可

・20%未満・・・エナジー算定から除外

・0%・・・スニーカー利用不可

そしてComfortのパラメーターが高いとHPの減少が遅くなります。

どうしても長持ちさせたいスニーカーがある場合は、Comfortも若干上げておくとよいかもしれません。

STEPN(ステップン)のパラメーター【Resilience】

Resilienceはスニーカーの修理にかかわるパラメーターです。

STEPN(ステップン)のスニーカーは使うごとに耐久値(Durability)が減少します。

そしてDurabilityが減少すると以下のペナルティがあります。

・50%以下・・・Efficiency効率が90%まで減少

・20%以下・・・Efficiency効率が10%まで減少

しかし、Resilienceのパラメーターが高いほどDurabilityの減少率が下がります。

したがって、なるべくResilienceもある程度上げておくほうが修理コストを安くおさえられます。

なお、Resilienceのパラメーターはスニーカーの修理コストも低減できると言われてきましたが、現在のSTEPN(ステップン)のホワイトペーパーからその記述は削除されています。

検証はしていませんが、今は単に「修理頻度が下がる=長期的な修理コストが安く済む」とだけ考えておけばよさそうです。

STEPN(ステップン)のパラメーターを上げる方法

STEPN(ステップン)のスニーカーのパラメーターは基本的にはレベルアップで上昇させます。

そのほか、ジェムの装備でも上昇可能です。

また、レベルアップで上昇させたパラメーターはコストを支払えばあとから振り直すこともできるようになりました。

STEPN(ステップン)のパラメーターを分かりやすく解説 まとめ

STEPN(ステップン)のスニーカーには「Efficiency」「Luck」「Comfort」「Resilience」のパラメーターが存在します。

最重要のパラメーターはGST獲得効率に直結するEfficiency。

次点はResilienceです。 それ以外はご自分のSTEPN(ステップン)の使い方に応じて重視していきましょう。